amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

夜中、寝ている時の「こむら返り」の原因は?普段足がつるのとは違うの?対処法は?

寝ている時に「こむら返り」で足がつるのは
普段足がつるのとは違った原因があるようです。

原因は何か、又なってしまったとき少しでもあの激痛を
和らげ、治す対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

夜中、寝ている時の「こむら返り」の原因は?

こちらもどうぞ

睡眠中に突然「こむら返り」が起きた!
誰もが一度は経験したことがあると思います。

夜中、寝ている時に「こむら返り」で足がつるのは、
普段運動をしている人もしていない人も関係なく
起こります。

寝ている時に「こむら返り」が起きるのは、
急激な運動をした時に筋肉を使い過ぎて起きるのとは
又違った原因があると考えられています。

その原因は、

①発汗や冷えによる血流の低下だと言われています。

特に睡眠中は血行不良になりやすいため、「こむら返り」足がつるリスクが高まる
と言われています。

夏場に冷房をつけっぱなしで寝たり布団をかけずに寝たりすると、
筋肉が冷えて血行不良になり、筋肉が収縮しやすくなって
足がつりやすくなります。

私も夏になると「こむら返り」が起きやすくなります。

そんな時足が冷たくなっているのに気が付きます。

自分の意志とは関係なく勝手に足のふくらはぎの筋肉が収縮する
「こむら返り」は厄介ですね。

②筋肉量が減ったため、睡眠中に「こむら返り」が起きやすくなるそうです。

全身の筋肉量は何もしないでいると加齢によって減っていきます。

すると運動能力が落ちるというだけでなく、
下半身の血流も低下することからビタミン・ミネラルなどの栄養分が
回りづらくなってきます。

すると、それほど運動をしていない生活でも筋肉に疲労が生じ、
睡眠中に「こむら返り」を起こすリスクはより一層高まります。

寝ている間に「こむら返り」を起こしやすい方は、
筋力が低下してないか考えてみましょう。

③病気が潜んでいてそれが原因で起きることもあります。

よく睡眠中に「こむら返り」が起きる場合は、そこに病気が潜んでいることも
あり得るのです。

スポンサーリンク

足がつることだけでなく手足がしびれたり、むくみが生じたり、
歩行障害が起きたりしている場合には糖尿病や腎疾患、椎間板ヘルニア、
脳梗塞、脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症などによって「こむら返り」が
起きてることがあるので気を付けましょう。

頻繁な「こむら返り」には病気がかくれている場合がありますが、
中でも閉塞性動脈硬化症という病気には注意が必要です。

閉塞性動脈硬化症は手や足の血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり、
血管が詰まってりして、血液の流れが悪くなり、手先や足先へ栄養や酸素を
十分に送り届けることができなくなる病気です。

酷いケースでは足を切断しなければならないこともあります。

よく「こむら返り」が起きるけど原因が分からないという方は、
両足を上に挙げると、血液が流れにくくなっている足は、上げると蒼白になり、
下げてしばらくすると赤みが増すので
足の色の変化を確かめてみてはいかがでしょうか。

足が「こむら返り」でつった時の対処法は?

足がつったらどうしたらいいのでしょう。

足がつった時は、筋肉を伸ばして温める方法で
対処してみてくださいね。

筋肉がつるのは筋肉が異常に縮まることなので、それをゆっくり、じっくり
伸ばすのがいいそうです。

つった足のつま先をゆっくり手前に引きます。
足の裏側の筋肉が伸びます。
手が届かない時はタオルを使ってくださいね。

又ゆっくりそのままの姿勢で足を壁に近づけ足先が壁につくので
足裏全体を壁につき壁を押すようにします。

急に動かすと筋肉を痛める恐れがあるのでじわじわ行ってください。

寝てる間は体温が下がるため血流が悪くなってるので患部は温めるようにして
決して冷やさないでくださいね。

まとめ

あまり頻繁に足が攣るなら、病気の疑いもあります。

そんな時は、できるだけ早く病院へ行くことをおススメします。

残念ながら足がつってしまったときには、
慌てないでこの対処法を行ってみてください。ぜひ覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク

-健康
-

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モートン病って?モートン病の症状は?モートン病を予防するには

モートン病ってご存知ですか? あまり聞いたことがないって方が多いんじゃないでしょうか? でも意外にこの病気の方が多いと知りました。 実は私もモートン病で悩んでいる一人なんです。 私は最近モートン病を知 …

低体温は何故良くないのでしょうか?体温を上げるメリット? 低体温の原因と低体温を上げるには!

今、36度以下という「低体温」の人が増えているとか。 あなたの平熱は何度? 実は私も低体温です。 お医者さんでも何度測り直しても36℃に達しません。 ですから37℃あればもうふらふらです。 昔は「私低 …

ブルーベリーの栄養は?嬉しい効能・効果4つ!

夏から秋になると紫の可愛いブルーベリーを目にし始めます。 冷凍でいつでも手に入りますが、やはり生のものは美味しく 新鮮です。 ブルーベリーは目にいいと言われますが、最近は様々な研究が進み、 ブルーベリ …

閃輝暗点 病院はどこに行けばいいの?薬は何を飲めばいいの?

閃輝暗点が起こる原因は、頭の脳の物を見る中枢といわれる部分の血管が収縮し、 一時的に血の流れが変化するためと考えられています。 こちらにも閃輝暗点について書いています 兎に角眼の病気ではなく 失明はし …

お酒を飲んだ後赤くなる人は骨折しやすいってホントかな?

お酒に強い人、お酒に弱い人、お酒を飲んだら赤くなる人、 全然顔色の変わらない人、中には段々青ざめてくる人なんかもいて お酒に対しての反応は様々です。 お酒を飲んで赤くなる人は赤くならない人に比べて 骨 …