amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

大流行の兆しの 手足口病って?感染経路は?予防法や治療法は?

“子どもの三大夏風邪”と呼ばれている
「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」

現在、手足口病の患者数が昨年同時期の7倍にもなっているそうで
大流行の兆しがあるそうなんです。

患者の90%が5歳以下の乳幼児だそうで、小さなお子さんがいる
お母さんは心配ですね。

スポンサーリンク

手足口病って?

・夏に流行する夏風邪のひとつです。

・潜伏期間はウイルス感染から3~5日程度です。

・最初に出る症状は口の中の痛みで、口の内に白いポツポツが出来るのが、
外見的に分かる最初の症状です。

・手のひらや手の甲、足の裏、さらに手足の指の間にも白い水疱が生じ、
最終的には2~3mm程度の水疱性発疹となります。

・個人差はありますが、口内の発疹には痛みやかゆみが伴いますが、
手足の発疹は痛みやかゆみを感じないことが多いようです。

・おしりに出たり、ひざの裏に出たりする場合も多いです。

・発症から数週間後に爪が剥がれるケースも。

・手足口病の原因となるウィルスは分かっているだけでも10種類以上あり、
一度かかっても再び感染することがあります。

・ごくまれに重症化することもあるので、急な高熱や嘔吐、けいれん、
意識がもうろうとするなどの症状があれば、すぐにお医者さんに。

初期症状を知って、手足口病を早期に察知して酷くならないように
したいですね。

手足口病はどのような経路で感染するのでしょうか?

保育園など、幼児が集まる場所で集団感染しやすいのですが、
主な感染経路は3つあります。

飛沫感染、くしゃみや咳によって病原体が飛び、これが他の人の粘膜に付着することで
     感染してしまいます。
     風邪、インフルエンザなど有名なウイルス性疾患と 同じように、
     咳エチケット(マスクの着用、ない場合はティッシュで押さえるなど)を
     徹底すると、ある程度の予防をすることができます。

接触感染、皮膚、粘膜などの物理的な接触で感染するもので、
     直接的に接触するとうつるのは勿論ですが、
     誰かがウイルスのついた手で触れた手すりを触り、
     その手で目などの粘膜をこするというような間接的な接触でも
     感染するため、完全に防ぐことは中々難しいですね。

糞口感染 感染者の排泄物に含まれていたウイルスが、他の人の口に入ることで
     感染してしまうことです。
     
     トイレの後、手洗いが不充分なままで食べ物を扱うことや、
     オムツ交換などが感染経路になってしまいます。

スポンサーリンク

手足口病の予防法

手足口病は治ったと思っても、2~4週間の長期にわたって
便と一緒にウイルスが排泄されます。

そのため、患者から感染する可能性が高く、予防する必要があります。

・手洗い

手足口病を防ぐ方法は手洗いとうがいが一番です。
エンテロウイルスはアルコール消毒がきかないため、
石けんと流水での手洗いが大切です。

・ゴム手袋をする

感染した乳児のオムツ替えをするときにあればいいですね。

排泄物が感染経路にもなるのできちんと処理することが大事です。

オムツを交換した時は、手洗いをきちんと入念に行ってください。

手足口病は、症状が無くなった後でも便の中にウイルスが排泄され、
また、感染しても発病しないままウイルスが排泄している場合も
あるので、手洗いは、流水と石鹸で十分に行い、
タオルは個別にしてください。

・マスクをする

飛沫感染を防ぐため。

手足口病の治療法は?

手足口病に特効薬はありません。

治療はのどの痛みを抑えたり熱を下げたりする
対処療法で、あとは安静にして自然に治るのを待つだけです。

手足口病で気をつけたいのは脱水症状。
のどや口の中にできた水泡が破れて
口内炎になると、痛みのために食事ができなくなり、
赤ちゃんはおっぱいを飲まなくなることもあります。

母乳の場合は一度絞って冷蔵庫で冷やすなどしてみましょう。

それでも飲まない場合は脱水症状になりかねないので
病院へ行きましょう。

母乳以外飲めるならイオン飲料などで水分を取らせ、
部屋を涼しくしてゆっくり休めるようにしましょう。

食事はプリンやゼリー、アイス、おかゆ、豆腐など、
やわらかくてのどごしの良いものにしましょう。

オレンジジュースなど柑橘系の飲み物や、塩味、熱いものはしみるので
避けてください。

もし、どうしても水分が取れないときは病院へ。

脱水症状があれば点滴してもらう必要があります。

まとめ

保育園や学校に行ってるとどうしても集団感染してしまう怖さがありますね。

一番の予防は手洗いだとのことです。

日頃から可能な範囲で、手洗いなどの衛生管理について
子供たちに教えてあげることが一番のようです。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の溶連菌感染症 注意点 食事や入浴は?自然治癒は?登園や登校は?

子供のよくかかる病気の1つに溶連菌感染症がありますね。 これからの11月頃から4月頃までがピークのようです。 溶連菌感染症の症状や注意点などのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

インフルエンザ B型 1シーズンに2回もかかる?A型と同時に感染する?予防接種は?

インフルエンザB型については こちらで で紹介しています。参考にしてみてくださいね。 今回はA型とB型と同時に感染することはあるのか?1シーズンに2回も かかることはあるのか?と予防接種についてのご紹 …

ちょっと待って!その食べ合わせ大丈夫?

それ自体はとても栄養があって身体によい食べ物でも 他の食べ物と組み合わせることでそれらが持つ栄養素を阻害してしまう 場合があるのをご存知ですか? 良いと思って食べていても知らないでいると毒になってる場 …

インフルエンザ 免疫力アップ基本3つ

インフエンザにかからないためには手を洗うなどの予防対策がありますよね。 インフルエンザ予防 でも一番大切なのは自分の免疫力だと思います。 スポンサーリンク 関連

筋肉は健康に役に立つってホント?健康寿命を延ばすには筋肉が必要なの?

長生きをしても寝たきりでは仕方なくやはり健康で長生きが 皆の願いであるはずですね。 健康で寿命を全う出来るためには筋肉が大切だと分かってきました。 今日は筋肉のお話です。 スポンサーリンク 関連