amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

お月見泥棒って・・・お月さまを泥棒する訳じゃないです。現在は?絵本や体験も!

ご存知ですか?

「お月見どろぼう」!

地方によるとは言え、こんな行事があるなんて
知りませんでした。

知った時は、即「まるでハロウィン」じゃないって思いました。

日本にもこんな習慣があったなんてちょっと驚きでした。

「和製ハロウィン」と言われる「お月見どろぼう」についての
お話です。

スポンサーリンク

「お月見どろぼう」って

十五夜の日に日本の各地で行われている伝統行事です。

子供達が、十五夜(中秋の名月)のためにお供え物を飾っている
家を回ってお供え物を取って歩くんです。

昔の人々は、子供は月からの使者であると考えていたそうです。

ですからこの日に限って道から片足踏み込んだ場所だけ
お芋をと取ってもいいと言われてたそうです。

「片足御免」という風習だそうで、取られた畑は豊作になったとか・・・

それはこじつけなんでしょうけれど、豊かではなかった時代に、
子供には、ストレスフリーの日をという配慮からなのかも知れません。

月からの使者としての子供が、お月見にお供えしてあるお団子やお芋などを
こっそり取っても良くて、お団子が無くなると、いいことが沢山あると言われて、
お月見どろぼうが風習として残っていったようです。

スポンサーリンク

「お月見どろぼう」現在は?

今では「お月見くださーい」、「お月見どろぼうでーす」などと
声をかけて、各家を回りお菓子をもらうようなやり方になって来て、
仮装はしませんが、ハロウィンにホントに似ていますね。

「日本版ハロウィン」「和製ハロウィン」と呼ばれることがよく分かります。

子供たちがお月様の使いだなんてとてもロマンチックですよね。

地域的には全国的のようですが、広範囲で行われている訳ではなく
農村部に多いようです。

最近では、お菓子を配ったり、あらかじめ玄関先に
お菓子を置いておく家が出始めて、
「ありがとう」を言わない子や
お菓子全部を持って行ってしまう子などが増えたり、

又治安的な不安から自粛するところも増えているとのこと・・・

何だか複雑な気持ちになってしまいます。

「ハロウィン」は日本の風習ではないものの今ではすっかり
全国的な行事として浸透してきましたが、

古くからの伝統行事である「お月見どろぼう」が
段々自粛される方向なのは何だか残念ですし、悲しい気がします。

「お月見どろぼう」絵本

この「お月見どろぼう」は絵本にもなっていて、小さな子供にも
よく理解できるように書かれています。

絵本にあるような、こんな優しい気持ちを育てるにも
「お月見どろぼう」が良い方向で残っていってくれるように願います。

「お月見どろぼう」体験!

又福島県いわき市遠野町では、お月見どろぼう体験を行っています。

対象者は小・中学生です。

問い合わせ先:遠野町地域づくり振興協議会事務局(いわき市遠野支所内)
       TEL 0246-89-2111
詳しくはこちら

地域ぐるみで子供たちに体験させ、伝統行事のことや感謝や作法を
学ばせるってとっても良い事だと思います。

まとめ

現代の日本では「お月見どろぼう」は
難しいのかもしれません。

ご近所との交流が乏しくなってきていますものね。
地域ぐるみで行うとか色々工夫して伝統行事を
守っていってもらいたいですね。

スポンサーリンク

-歳時記

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七五三にタブーってあるの!七五三のタブー5つ 

七五三のタブーは厳密に言うとありません。 でも守った方がいいというマナーはあります。 子供にとっても記念すべき行事なので 親としてもきちんとマナーを守って楽しい七五三をお祝いしたいですね。 スポンサー …

酉の市 浅草とは?かっこめ はっこめって?熊手粋な買い方?アクセスは?

ひな祭りは何故桃を飾るんでしょう。桃の節句と言われるのは?

ひな祭りは別名桃の節句と言われますが何故ひな祭りが桃の花で 桃の節句って言われるのでしょうね。 スポンサーリンク 関連

お盆の8月16日 京都の五山の送り火観賞スポットは?穴場は?

スポンサーリンク 京都四大行事の1つ、1年に一度の「五山の送り火」が夏の夜空に浮かびます。 送り火を見ながら先祖に思いを馳せ、静かに手を合わせたいものです。 五山の送り火の見物客は10万人越えと言われ …

「父の日」の由来と「母の日」との関係、本来のプレゼントは?

スポンサーリンク 「母の日」は5月の第2日曜日、「父の日」は6月の第3日曜日 というのはもうすっかり定着していますね。 「母の日」と「父の日」は何か関係があるのでしょうか? 「父の日」の設定にはやはり …