amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

十五夜(中秋の名月)にお団子やススキをお供えするのは何故?

お月見は、ほぼ毎月見ることが出来ますが、十五夜(中秋の名月)は
いつものお月見とは異なります。

十五夜(中秋の名月)は、月を愛で、収穫を祝う行事だからです。

スポンサーリンク

十五夜(中秋の名月)にお団子をお供えするのは

豊かな実りの象徴の神様である月に感謝し、月を観賞するのが
正しいお月見だとされています。

こちらもどうぞ

そのため、お団子や秋に収穫された作物、ススキ、お酒などを
月にお供えするのです。

当初、月にお供えしていたのはサトイモなどの畑作物の芋類と豆類でした。

その後、お米を使ったお団子も登場するようになり、形も月に似せて
作ったのです。

お供えしたお団子を食べることで健康になるとも考えらえていました。

十五夜なので15に因んで 一寸五分(約4.5センチ)の大きさの
おだんごを15個お供えします。

其の他毎月一度やってくる満月の数と同じ12個にするところや、15を簡単に
5個にする場合もあり、十三夜には、13個または3個になります。

ピラミッドのような山形にお団子を盛るのも、理由があって
一番上のお団子が月に通じると考えられていたからです。

お団子の形

関東と関西では形が違うようです。

関東のお団子

月に見立ててほんの少しつぶしたまん丸です。

関西のお見団子

芋名月の里芋に見立てて、細長く一方の先を尖らせた形に作られます。
その周りにあんこを付け、あんこが里芋料理の「衣かつぎ」の皮や、
月にかかった雲を表していると言われています。

其の他、地方によって違う形のところが多数あるようです。

スポンサーリンク

中国・四国地方:串団子タイプ。

団子をあんこでくるんであります。

他にもみたらしだったり、きなこをまぶしたりと、

いろんなバリエーションがある模様。

沖縄:沖縄県の十五夜の料理は、餅に赤豆をつけた「ふちゃぎ餅」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名古屋:外郎のように見えますね。

静岡県:おへそがあります。

十五夜(中秋の名月)にススキをお供えするのは

ススキは、作物や子孫の繁栄を見守ってくださる月の神様が
意志を伝えるため人間界に現れるときに依りつく「依り代」と
考えられています。

本来は「依り代」として稲穂をお供えしたいところですが、
稲刈り前にあたるため、稲穂に似たススキが選ばれたのです。

また、ススキは切り口が鋭いので、
魔除けになるとされていて、軒先にススキを吊るす風習もあります。

収穫した野菜やくだもの

十五夜を別名「芋名月」と呼ぶように、芋類の収穫を収穫を感謝する
行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えします。

さらに、旬の野菜や果物を供え、収穫に感謝をします。

とくに葡萄のようなツルものを供えると、
お月様とのつながりが強くなると言われています。

まとめ

平安時代から既にお月見はあったそうですが、
今もなお、受け継がれその時と同じ月を私達が見てるって
感慨も一入ですね。

今年のお月見は、原点に返って昔ながらのお団子とススキ
そして野菜や果物もお供えして感謝の気持ちをもって
月を愛でたいと思います。

スポンサーリンク

-歳時記
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おみくじ 凶 大凶の意味? おみくじは神社でもお寺でも売ってるの?おみくじの引き直しは?

初詣に行ったら皆さん必ずと言っていいくらいおみくじを引きますね。 運試しって言うか今年の運勢は?って思いながら、別に信じてるわけではなく あくまで占いの範疇を超えない気持ちで引きますが、 いざ引くと凶 …

ひな祭りのおもてなしメニュー何にしましょ?お土産は?

初節句のひな祭りにご両親やご主人の両親を招く方も お多いのではないでしょうか。 そんな時ひな祭りらしくて皆が喜んでくれそうなメニューは 何がいいか悩みますね。 スポンサーリンク 関連

今更訊きにくい七五三の疑問7っ

子供の成長はパパママにとって一番の関心ごと。 健やかな成長をお祝いする七五三は一大イベントです。 何となく分かっていても男の子と女の子とのお祝いする年齢や違い、 お参りの時期などきちっとは分からなこと …

今更聞けない お彼岸って?何をするの?

スポンサーリンク 何気なくお彼岸って言葉を使い、過ごしてる中で、子供に「お彼岸ってなぁに?」 「何するの?」って質問されたとききちんと説明できない・・・ でも今更聞けないし・・・てことで調べました! …

七五三の段取りどうする? 三つのパターンで完璧

七五三、近年はもう大忙しってところのようです。 着物もドレスも着せたい、写真撮影、そして神社への参拝、家族の食事会と 盛りだくさんのスケジュール。 あれもこれもと思うのは親心ですが、主役は子供なので …