amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

十五夜(中秋の名月)って?十五夜にお供えするのはどうして?満月じゃないの?

中秋の名月は満月って思っていませんか?

そもそも中秋の名月って何なんでしょう?

十五夜にお供えするのは何故なんでしょう?

スポンサーリンク

「十五夜」中秋の名月って?

お月見でおなじみの十五夜というのは、中秋の名月の通称で、
旧暦8月15日の月のことをさします。

昔は1~3月を春、4~6月を夏、 7~9月を秋、 10~12月を冬としていました。

中秋とは秋の真ん中のことで、秋にあたる7月~9月の真ん中である
8月15日の十五夜にお月見をしていました。

その時期の頃は空が澄んでいて月が美しく見えるので、
平安貴族が中国から伝わった月見の宴をするようになったのです。

十五夜(中秋の名月)にお月様にお供えするのはどうして?

お月見の宴が庶民にも広がり、その時期
芋等の収穫とも重なっていたので、実りに感謝する行事になっていきました。

昔は自然に対して畏敬の念を持ち、自然や自然現象に八百万の神が宿るとされる
信仰があったので月も、神と崇め、月のパワーを信じて暮らしていました。

十五夜に月見だんご、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、
月に対して色々な作物の実りに感謝の気持ちを表すためで、
日本文化独特のもののようです。

「十五夜」中秋の名月は満月じゃないの?

現代では廃止されている月の満ち欠けを基準にした旧暦と、
太陽の動きを基準にしている新暦では、
中秋の名月「十五夜」は1か月ほどのズレが生じるのです。

なので、現代では、9月7日から10月8日の間に訪れる
満月(または満月に近い)の夜の日が
「十五夜」「中秋の名月」とされます。

スポンサーリンク

昔は中秋の名月は、8月15日と日にちが決まっていました。

定義は「秋分の日(9/23)以前の新月の日(朔日)から数えて
15日目」ということです。

それを元に中秋の名月を計算しています。

「秋分の日に最も近い満月くらいの日」が中秋の名月になり、
その日付は毎年異なります。

ですから中秋の名月が必ず満月になるとは限りません。

月の動きの周期は、新月から次の新月まで約29.5日で、
一ヶ月を表す30日よりもほんの少し短くなっています。

そのため、だいたい新月から15日目が満月になりますが、
普通大体1~2日の誤差が生まれます。

でも15日前後には必ず満月になるので、15日を十五夜と呼ぶようになりました。

そして毎月十五夜はやってきますが、
十五夜には「旧暦8月15日の夜」という意味があって
「十五夜」といえば「中秋の名月」のことで良いのです。

只、間違いやすいのは、天文学上の満月=十五夜ではない
ということで、必ずしも一致しないということです。

十五夜はむしろ、満月ではない場合のほうが多いのです。

2017年の中秋の名月は10月4日です。

「中秋の名月」が満月になるのはなんと、
2021年9月21日です。

まとめ

中秋の名月が満月ではないこと分かって頂けましたでしょうか。

今迄「中秋の名月」と言えば何となく満月と思っていましたが、
必ずしもそうではなかったんですね。

でもまん丸お月様に見えるし、澄み切った月はその名通り名月に違いないので
気にしなことにします。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな祭りにはなぜ菱餅なんでしょう

「父の日」の由来と「母の日」との関係、本来のプレゼントは?

スポンサーリンク 「母の日」は5月の第2日曜日、「父の日」は6月の第3日曜日 というのはもうすっかり定着していますね。 「母の日」と「父の日」は何か関係があるのでしょうか? 「父の日」の設定にはやはり …

今更訊きにくい七五三の疑問7っ

子供の成長はパパママにとって一番の関心ごと。 健やかな成長をお祝いする七五三は一大イベントです。 何となく分かっていても男の子と女の子とのお祝いする年齢や違い、 お参りの時期などきちっとは分からなこと …

八十八夜とは?茶摘みがイメージなのは何故?縁起が良い事って?

八十八夜と言えばもうすぐ夏だなっていう思いになります。 野や山も若葉で生き生きとしますね。 でも八十八夜って何だろうとハタと思ってしまいました。 スポンサーリンク 関連

初詣 いつまでに行けばいいの?どこに行く?

新年に初めてお寺や神社にお参りする初詣。 毎年出掛けられますか? 私は最近では毎年参拝しています。 でも行く日は様々、大みそかから出かけたり、元日は凄い人だからと 2日や3日に出掛けることも。 初詣っ …