amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

お彼岸には 結婚式や、引越し、車の納車、契約など大きな行事 をしてはいけないって本当?

お彼岸にはお祝い事は勿論大きな買い物もダメ、契約や引っ越しもいけない
と考えてる方が多いようですが、ホントのところどうなんでしょうか?

自分が考えてはいなくても身内からお彼岸の時期のお祝い事を
控えるようにと言われることもあるようです。

実際のところどうなんでしょう。気になりますね。

スポンサーリンク

お彼岸の時期に入籍や結婚式などのお祝い事をするのはいけない?

お彼岸の時期に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来る
という考えが受け継がれ、現在では、お彼岸の時期には、
お墓参りなどをして故人や先祖を供養し、いつも家族を
見守って頂いていることへの感謝をするのが
一般的なお彼岸の常識になっています。

では、そんなお彼岸の時期に結婚式などのお祝い事はしてはいけないのでしょうか?

お彼岸にはお寺の法要に参加したりお墓参りをする時期ですが、
「喪中」のように“身を慎まなくてはいけない時期”では ありません。

仏教行事であるお盆やお彼岸などに重ならないようにと考えられる方も
確かにいますが、本来仏教では『忌日』という概念はないので、
お彼岸中だということを気にする必要はありません。

なので仏教的に考えるなら、お祝い、引越し、解体工事などをしても 
全然大丈夫なのです。

ただ、 お彼岸の期間は、日頃家族を見守ってくださるご先祖様を一番に 想い
感謝し供養しましょうということだと思います。

人生の大切な節目や新しい事のスタートは、これからの無事安全が
気になるところですが、
お彼岸に大切な節目のスタートを行えば、将来良くないことが起きる
というようなことは、仏教的にはあり得ないことです。

ですから、お彼岸に結婚式や入籍などを行っても何も問題は無いんです。

スポンサーリンク

ではなぜお彼岸にはイケナイと言われるのでしょう

お彼岸の時期にお墓参りやお寺の法要などに
参加する人もいたりするものなので、

結婚式などのイベントが重なってしまうと
招待されるほうもお墓参りやご先祖の供養と重なり
困ってしまう場合が多いため、お彼岸の時期を避け
結婚式やその他の行事を行うように心配りは大事なことだと思います。

例えば入籍だけなら、誰にも気遣いをさせることはないので、
自分達で日取りを決めて入籍するのは構いませんが
結婚式など人をお招きする場合には、
招待する方々への配慮を踏まえたうえで、
日取りを決めることも大切かと思われます。

予め皆さんがお彼岸によってそれぞれ計画があり、忙しいと
分かってる訳で、その日をわざわざ選ばなくてもいい気もします。

只9月と言えばブライダルにはとてもいい時期なので
お彼岸の時しか日が取れなかったという場合もあるでしょうから
それはそれで致し方ないのかもしれません。

せっかくのお祝い事なので、みなさんが気持ち良くお祝いできるように
配慮することは忘れたくないですが。

納車などは気になる場合は「安全祈願」をお願いすればいいと思います。

お宮参りもお彼岸にしてはいけないという決まりはありません。
只お宮参りは一般的に、男の子では生後31、32日目、
女の子では32、33日目がよいとされていますが、

こんな決まりも地方によって様々なようです。

ですので無理にお彼岸にこだわらずに、お天気やお母様・赤ちゃんの体調、
皆様の都合を考えて決めるのがいいと思います。

何事を行うのも相手がある場合は、お彼岸お彼岸じゃないにかかわらず
相手への配慮を忘れないようにしたいですね。

日頃ついつい怠りがちになってしまう仏様への供養を、
お彼岸の期間だけは、優先しましょうということで
色々言われるのだと思います。
ご先祖を敬うという気持ちをもってすればすべて解決するのだと思います。

まとめ

ついつい忘れてしまいがちな先祖への感謝。

日本人が今まで培ってきた先祖への感謝と敬意を忘れないためにも
お彼岸やお盆などの本筋や意義を正しく理解したいものですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分って?なぜ豆まきをするの?なぜ豆を炒るの?まき方もあるんです

2018年の節分は2月3日です。 節分には豆まきをしたり海苔巻きを食べたり・・・ 最近は各家庭では海苔巻きを食べる行事がメインになって来てる感じもしますが 節分の意味や何故豆まきをするってご存知ですか …

お守りの処分はどうすればいい?遠い場所のお守りの返納は?

お守り購入して、一年経ってさあ返納いかなくっちゃ と思っても中々行くことが出来ません。 捨てようにも捨てられないのがお守りです。 お守りとして購入していながら、用が済んだから捨てるっていう行為は 日本 …

節分と柊鰯は何故関係あるの?いつからいつまで飾るの?その後の対処方は?

今や節分と言えば豆まきと恵方巻ですが、柊鰯も 浮かんでくるのではないでしょうか。 節分って?こちらもどうぞ スポンサーリンク 関連

向かい干支って?とっても相性がいいって知ってる?

2018年は戌年ですね。 年末やお正月には干支がクローズアップされ関心が高まりますが、 普段はそれほど気にしませんね? 只その人の干支を尋ねて○○だからこういう性格のところがあるよね なんて話したりは …

ひな祭りにはなぜ菱餅なんでしょう