amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

今更聞けない お彼岸って?何をするの?

何気なくお彼岸って言葉を使い、過ごしてる中で、子供に「お彼岸ってなぁに?」
「何するの?」って質問されたとききちんと説明できない・・・

でも今更聞けないし・・・てことで調べました!

スポンサーリンク

お彼岸ってなぁに?

〝彼岸〟という言葉は仏教用語からできたもので、古代インドの言葉である
サンスクリット語の異称である梵語
〝波羅密多(はらみた)〟の訳、到彼岸だと言われています。

日本は、元々神道から始まり正月など神道に関する行事を行う一方で、
仏教を説いたお釈迦様の教えも受け入れてきました。

そして、お彼岸は〝日願〟に通じ、太陽の神を信仰する神道と
結びつきやすかったという説もあります。

また、春の種まきや秋の収穫とも結びつき、自然に対する感謝や祈りが
ご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、
お彼岸は大切な行事となっていきました。

仏教では、ご先祖さまのいる世界<極楽>を
「彼岸」、いま私たちが生きているこの世界を
「此岸(しがん)」といい、「彼岸」は、西にあり、
「此岸」は、東にあるされています。

3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、
真西に沈むので彼岸と此岸がもっとも通じやすい日になると考えられ、
この時期に先祖供養をするようになりました。

「春分の日」と「秋分の日は」国民の祝日になっていますが、
「春分の日」は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として、
「秋分の日」は、「祖先をうやまい、亡くなった方々を偲ぶ」日として、
定められています。

お彼岸の期間は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後
3日間を合わせた7日間です。

ですから「春分の日」と「秋分の日」は、お彼岸の中日になります。

それぞれの初日を「彼岸の入り」、終りの日を「彼岸明け」と言います。

お彼岸ってなにをするの?

お彼岸では、お盆(ぼん)の時のような特に決まった行事や
飾(かざ)りつけをすることはありませんが、一般的にはお彼岸の期間に、
家族みんなでお墓参りに行き、ご先祖を供養します。

お墓は家族全員で参りましょう。。両親がご先祖様を祀る姿は
後の世代に受け継がれてゆくに違いありません。

お彼岸の期間の7日間は、中日がご先祖さまに感謝する日、
その前後6日間は、6つの行い

1.「布施」分け与える
2.「持戒」規律を守る、
3.「忍辱」怒りをすてる、
4.「精進」努力する、
5.「禅定」心を安定させる、
6.「智慧」智慧をあらわす

を1日に1つずつ行うと良いとされていました。

この期間に修業をすると彼岸に行くことができる
大切な期間とされていて、この6つの修業を『六波羅蜜』と言います。

ご先祖さまへの感謝の気持ちをもって、普段の生活の中で、
正しい行いをするように心がける日々ということなんでしょうね。

★お墓まいりに行ったら

【持参するもの】

※お墓参りに行くときには予め用意しておきましょう。

●お線香
●ろうそく
●マッチ (ライター)
●お花
●お供物 (お菓子や果物、故人の好きだったもの等)

【お掃除】

スポンサーリンク

●墓石は水をかけて洗い流します。
●水鉢や花立、香立てはゴミがつまりやすので丁寧に洗います。
●墓石の彫刻部分は、歯ブラシで細かい汚れを落とします。
●洗い流したら、タオル等で水気を拭きとります。

【お供え】

●お菓子や果物は直接置かず、二つ折りした半紙の上に置きます。
●水鉢にきれいな水を入れます。
●花立てに供花の長さを整え、お供えします。

その後、ご先祖さま手を合わせ、生まれてきたことを感謝し、
最近の出来事などをたくさんお話しするようにしてみましょう。

お家に仏壇がある場合は、仏壇や仏具を
きれいにそうじし、お供え物をします。

★彼岸ににお供えする物は?

彼岸ににお供えする物は果物やお菓子、精進料理などがあります。

仏教ででは精進料理は、野菜を中心とした料理になります。

あと彼岸の伝統菓子である牡丹餅とおはぎですが、
牡丹餅は春の彼岸、お萩は秋の彼岸に供えます。

★ぼたもちとおはぎってどう違うのでしょうか?

「ぼたもち」と「おはぎ」は、基本的には同じ食べ物ですが、
食べる季節が違うため、呼びわけるようになったのです。

春のお彼岸の頃には「牡丹」の花が咲き、秋のお彼岸の頃には「萩」の花が
咲くために呼び名が違うのです。

又「牡丹」の花は、大きな花ですから「牡丹餅」は
大きめに、

「萩」は小さな花なので「お萩」は小ぶりに作られるよう
になりました。

成る程って感心しますね。

餅は、モチ米とうるち米で作られていて、あんこやきな粉、
ゴマなどをまぶしてあります。

牡丹餅とおはぎに使われている小豆は、
悪いものを追いはらう効果があるとされてきました。

春は、種をまき、食物の成長を願う季節、
秋は、食物の収穫の季節です。

この時期にあずきを使った食べ物を食べたり、ご先祖さまに感謝することは、
自然への感謝や祈りとも深くむすびついているのです。

まとめ

昔の人々が季節の花を意識して
食べ物の呼びかたを決めたりやかたちを変えたりして
自然を暮らしと結び付けご先祖さまの供養を行って来たって
素敵ですね。

こうした先祖の供養を行う風習は変わらずに続けていきたいものですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱田神宮 初詣 アクセスと混雑状況

三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」をご神体として祀り、 伊勢神宮に次ぐ由緒ある神社で 19万㎡東京ドーム約4個分の広さっていうんですから驚きです。 境内には本宮や別宮に、8つの摂社と1 …

七五三にタブーってあるの!七五三のタブー5つ 

七五三のタブーは厳密に言うとありません。 でも守った方がいいというマナーはあります。 子供にとっても記念すべき行事なので 親としてもきちんとマナーを守って楽しい七五三をお祝いしたいですね。 スポンサー …

年越しソバって大みそかに食べる意味はあるの?お蕎麦の効能と食べるタイミング

今迄毎年大みそかになったら何の疑問もなく年越しそばを食べていましたが、 ふとどうして毎年年越しそばって食べるんだろうって思ったんです。 又年越しそばって皆さんいつ食べますか? 何となく除夜の寝を聞きな …

七五三の段取りどうする? 三つのパターンで完璧

七五三、近年はもう大忙しってところのようです。 着物もドレスも着せたい、写真撮影、そして神社への参拝、家族の食事会と 盛りだくさんのスケジュール。 あれもこれもと思うのは親心ですが、主役は子供なので …

八十八夜とは?茶摘みがイメージなのは何故?縁起が良い事って?

八十八夜と言えばもうすぐ夏だなっていう思いになります。 野や山も若葉で生き生きとしますね。 でも八十八夜って何だろうとハタと思ってしまいました。 スポンサーリンク 関連