amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

イベント

檜枝岐歌舞伎って?見どころは?開催場所 やアクセスは?

尾瀬の玄関口である福島県南会津郡檜枝岐(ひのえまた)村は、人口630人の
小さな村です。

そこには江戸時代から270年以上長く継承されてきた「檜枝岐歌舞伎」があります。

スポンサーリンク

桧枝岐歌舞伎って?

代々親から子へと、その技と精神を連綿と継承し、春と秋の祭りの中で、
神に捧げる“奉納歌舞伎”として、神と村人の両方を楽しませてきました。

その昔、江戸で歌舞伎を観劇した農民が、見よう見まねで村に伝えたのが
はじまりと言われています。

以来、今に至るまで、衣装作りから化粧など裏方も
すべて村人が行っています。

檜枝岐(ひのえまた)に歌舞伎(かぶき)が伝わったのはおよそ270年前と
いわれています。
村人が一生に一度、伊勢神宮へお参りに行った帰りに、
かならず江戸で歌舞伎を見るようになっていました。

その時に、特に興味を持った人たちが、村に伝えたのが始まりです。

それ以来、父から子、子から孫(まご)へと代々受けつがれてきました。
 
檜枝岐歌舞伎(ひのえまたかぶき)の大きな特徴は、
江戸時代の歌舞伎の形をよく残していることです。

見どころは

出演者から裏方に至るまで、全て村人によって行われている
“農村歌舞伎”ですが、その舞台美術や演技の見事さは、
完全に素人ばなれしていて
国も認めた、まさに伝統芸能であり、そこには格調が漂っているのです。

村人が必死に守ってきた檜枝岐歌舞伎は、昔のままの歌舞伎の姿を
鑑賞できることもあり、現在では観客の大半は村人ではなく
県外から来る観光客です。

現在の歌舞伎は時代とともに、役者の個性や解釈により
変化してきましたが、檜枝岐は、演技もセリフも
変えずに代々受けつがれています。

そこが凄いところですね。

今迄、完全に娯楽である現在の歌舞伎と違い、
神様に奉納する「奉納歌舞伎」として神と村人を楽しませてきました。

そのため上演は神社のそばで行われ、会場の雰囲気も非常に厳粛なものです。

鎮守神社の境内にある「檜枝岐の舞台」は、
国の重要有形民俗文化財に指定されています。

又「檜枝岐歌舞伎」それ自体は、福島県の重要無形民俗文化財に
指定されています。

スポンサーリンク

昔のそのままが伝えられている「檜枝岐歌舞伎」は
今やもう、日本が誇るべき大切な文化財となっています。

そこが素晴らしいところで一度は観たいものですね。

上演される舞台は鎮守神の境内に有り、
観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、
夕方より上演され、夕闇が深まる中での鑑賞は、大自然の神気に触れながら、
その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。

役者の方々は全て村の住民で、
その演技については素人離れしたものがあり迫力十分です。

感動してきっと鳥肌ものだと思います。

開催場所 やアクセスは?

【開催日程】】5月12日、8月18日、、9月第1土曜
【住所】〒967-0521  福島県 南会津郡檜枝岐村 字居平
          
桧枝岐歌舞伎ホームページ

【開催場所】桧枝岐村居平 鎮守神社「檜枝岐の舞台」

【アクセス】
・交通機関 会津鉄道「会津高原尾瀬口駅」→会津バス沼山峠行き80分、
     「檜枝岐ますや前」下車すぐ

・車 最寄りのインターチェンジ:東北自動車道「西那須野塩原」又は
  「白河」インターチェンジ

【駐車場】村立檜枝岐小学校の校庭が臨時駐車場として無料で開放

【料金 】5月12日、8月18日は無料、9月第1土曜は1000円(村中宿泊者は無料)

【お問い合わせ】尾瀬檜枝岐温泉観光協会  TEL. 0241-75-2432

まとめ

村人だけで営々と受け継いできた「檜枝岐歌舞伎」
こんな素晴らしいものが、あったなんて奇跡に近い気さえします。

年に3回しか行われず、なかなか機会に恵まれませんが、
一度は必ず観たい「檜枝岐歌舞伎」です。

スポンサーリンク

-イベント
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五山の送り火の前日、京都の洛北で「花背の松上げ」が行われます

松上げ(まつあげ)は京都~丹波~若狭(若狭街道)の洛北山間部に 伝わり、花背の松上げ以外は大体は8月24日の地蔵盆に行われる火祭りで、 「松上げ祭り」「松上げ神事」とも呼ばれ、地域によっては 上げ松と …

しながわ宿場まつり 2017年 開催場所、見どころ 子供連れスポットは?

江戸時代、日本橋と京都をつなぐ東海道には53の宿場がありましたが、 その最初の宿場が品川でした。 しながわ宿場まつりでは、江戸時代東海道53次の最初の宿場町として 栄えていた品川にタイムスリップしたよ …

夜の動物園でデートは如何?!NIGHT ZOO

夜間に営業時間を延ばし、動物たちの夜の姿を見学してももらうイベントが 今では多くの動物園で行われています。 炎天下を歩いて回るのが辛い人もこの時間なら大丈夫です。 ライトアップされた夜の動物園は幻想的 …

父の日プレゼント何にする?

母の日のプレゼントより父の日のプレゼント悩みませんか? 父の日がやってきますが、今年は何にしようかしらって悩んでる方に 私の体験をお話ししますね。 スポンサーリンク 関連

定禅寺ストリートジャズフェスティバルって?期日や会場は?楽しみ方は?アクセスは?

スポンサーリンク 「杜の都」仙台でこんな素敵なフェスティバルがあったなんてご存知でしたか? 今回はこのストリートジャズフェスティバルについてのご紹介です。 スポンサーリンク 関連