amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

お盆の8月16日 京都の五山の送り火の 豆知識 起源やご利益は?

送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知らているので
「大文字焼き」って呼ばれることが多く、
雑誌やテレビでも「大文字焼き」という慣習的な表現を使いますが、
地元の方は「五山の送り火」ときちんと呼ぶことを好んでるそうです。

・東山如意ケ嶽の「大文字」、
・松ヶ崎の「妙法」、
【西側の「妙」は万灯籠山(松ヶ崎西山)東側の「法」は大黒天山(松ヶ崎東山)】
・西賀茂船山(にしがもふねやま)の「船形」、
・金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、
・嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、

送り火は8月16日雨であっても、上の順に20時から時差をつけて点火されます。
消火という作業は無く燃え切るまでの約30分間が点灯時間になります。

大文字は、10山だった!

江戸時代後期には、市原野に「い」、鳴滝に「一」、北嵯峨に「蛇」、観音寺村に「長刀」
西山に「竹の先に鈴」などの字形もあり合計10山ほど送り火がなされていたようですが、
明治に入るとなくなったようで、結局5山に定着したのは戦後のようです。

10山と言えば今の倍ですから、想像してもすごいスケールだったことでしょう。

起源は?

京都新聞によると

・大文字

3つの説が伝わってる。
(1)平安時代初期に、弘法大師(空海)が始めたとする説。

(2)室町時代中期、足利義政が始めたとする説。

(3)江戸時代初期に、近衛信尹(のぶただ)により始まったとする説。

・「妙」は

鎌倉時代末期、松ヶ崎の村で、日蓮宗の僧・日像が、西の山に向かって
「南無妙法蓮華経」の題目から「妙」の字を書き、
それを基に地元で山に点火を始めたのが起こりとされる。

・「法」は、

約350年前の江戸時代初期から行われた、とされる。
当時は地域の西側にしか送り火がなかったため、僧の日良が東の山に向かって新たに
「法」を書き、これにならって火をともしたのが始まりと伝えられる。

・舟形
西方寺の開祖、慈覚大師が847(承和14)年、唐留学の帰路で暴風雨にあったが、
南無阿弥陀仏を唱え、無事帰国できたことから、
その船を型どって送り火を始めたとも伝えられる。

・左大文字

1662(寛文2)年刊行の「案内者」に記述はないことから、大文字、妙法、船形の3山より
遅れて登場したと考えられる。
大の字に一画加えて「天」とした時代もあった。

・鳥居形

弘法大師が石仏千体を刻み、その開眼供養を営んだ時に点火されたとも伝えられる。
鳥居の形から、愛宕神社との関係も考えられている。


京都市北部の地域で現在も行われている山火事を恐れ、火伏(防火)にご利益がある
京都市右京区の愛宕神社を崇拝する愛宕信仰に端を発する「松上げ」と同じような
起源を持つと考えられています。

五山送り火 豆知識

「妙」と「法」が同時に点火される「松ヶ崎妙法送り火」は、
どうやって同時に点火されるのでしょうか?

松ヶ崎妙法保存会の役員が、2つの山の南側に位置する
京都簡易保険事務センター(京都市左京区松ヶ崎)の屋上から、
ライトをつけて「点火」のサインを送るのだそうです。

かつては合図を出すための火小屋があったそうです。

スポンサーリンク

※日本最古の盆踊り
松ヶ崎題目踊りと言い、8月15日 午後8時、16日 午後9時・涌泉寺(京都市左京区松ヶ崎)の
境内で送り火に合わせて行われます。

1306(徳治元)年、村の住民らが日蓮宗へ改宗したことを喜び、
地元の寺の僧・実眼によって始まりました。
境内では、太鼓に合わせ、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えながら老若男女が踊り、
京都・洛北地域に伝わる盆踊り「さし踊り」も披露されます。

消し炭の御利益

送り火の消し炭を半紙にくるんで水引でくくり、
戸口などに飾ると厄よけなどの御利益があるとされています。

京の郷土史家として有名な故田中緑紅さんの「京の送火」(1957年)には、
消し炭は、疫病よけ、中風のまじない、などと書かれています。

京都市文化財保護課の技師、村上忠喜さんも、戸口に飾ると泥棒よけになり、
おなかに乗せると腹痛に効き、削って飲むと虫下しになる-と洛中で言い伝えられているという。

江戸時代、松の消し炭は民間療法で胃腸薬として使われていたそうです。

大文字の送り火を盆の酒に映して飲むと、無病息災で過ごせると言われていて
舞妓さんが実際にしてる場面をテレビで放映していました。

護摩木の受け付け

参拝者は送り火用に願いなどを記した護摩木を奉納することができます。
護摩木は下記で受け付けています。

各山とも300円。「妙法」は受け付けていません。

・大文字
場 所 左京区の銀閣寺門前
日 時 8月15日 正午~19:00ごろ・16日 6:00~14:00ごろ

・船形
場 所 北区西賀茂の西方寺門前
日 時 8月上旬から 8:00~16:00・16日 7:00~10:00

・左大文字
場 所 北区の金閣寺門前
日 時 8月15日 9:00~15:00ごろ・16日 7:00~14:00

・鳥居形
場 所 右京区嵯峨鳥居本の化野念仏寺の駐車場
日 時 8月13-15日 10:00~16:00ごろ・16日 9:00~15:00

まとめ

宗教的な護符だった消し炭ですが、最近では、登山禁止になっている送り火の火床から、
まだ燃えている松を取る人が増え、保存会では対応にとても困っているそうです。

古くから伝わる伝統行事を大切にこれからも伝えていくために
きちんとマナーを守りたいものですね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お中元とお歳暮の意味は?どちらも贈るべき?失礼なくお中元やお歳暮を辞めるには?

最近ではお中元やお歳暮の習慣も昔ほどきちんと行われていないようです。 特に若い方はお中元やお歳暮と言う形でなくお誕生やクリスマスなどの イベントに合わせてプレゼントするという新習慣を行ってる方も 多い …

知っていて損はないお中元のマナー

スポンサーリンク 知っていそうでいざとなると「う~んどうすればいいの・・・?どうしよう」 って考えることもしばしばありそうなお中元のこと。 今回はお中元のマナーについてこれってどうなの?って思うことを …

浴衣を着て困ったときは?浴衣姿が素敵に見える仕草を身に付けましょう!

スポンサーリンク メイクや髪型、浴衣に合う持ち物は決まりましか? 浴衣を着て困ったことはとはありませんか? どんなに着飾っても一番大切なのは仕草かも知れません。 浴衣美人もこれで決まりです。 スポンサ …

傘のマナーOKは?NGは?マナーを身に付けて雨でも心地よく過ごしましょ

うっとうしい菜種梅雨や本格的な梅雨、傘の出番がが多くなるころ 傘のマナーも又気になり始めます。 目の前でいきなり傘を開かれたことはありませんか? 前を傘をさして友達同士道いっぱいに広がってゆっくり歩い …

暑さ対策は 風通しの良い部屋作りから!

スポンサーリンク 暑さ対策の一つとして、風通しの良い部屋作りが大切ですね。 風が通るだけで体感温度が下がる気がします。 夏を乗り切るために風通しの良い部屋作りを目指しましょう。 スポンサーリンク 関連