amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

端午の節句はなぜ5月5日で子供の日なの?鯉のぼりや5月人形を飾るのは何故?

「端午の節句」と言うと「5月5日」「こどもの日」ですね。
そもそも「端午の節句」ってどんな日か、
それがなぜ5月5日で子供の日なのか?
なぜ鯉のぼりをあげたり、
五月人形や鎧兜を飾るのでしょうか?

いざ答えるとなると「ふーん・・・」となってしまいます。
意外と知らないですよね。
今日はそんな疑問にお答えしますね。

スポンサーリンク

端午の節句はなぜ5月5日で子供の日なの?

「端午」の「端」は初めのことで、
「端午」というのは月の初めの午(うま)の日を意味します。
5月に限定されていたわけではありませんでした。

午月(うまづき)にあたる五月は凶の月とされ、
忌みつつしむべきとされていました。

月はじめの午の日である「端午」には、「菖蒲酒」を飲み、
「菖蒲湯」につかり、粽(ちまき)を食べれば、邪気が払われ、
疫病が除かれるといわれていました。

また、菖蒲を屋根にかけ、蓬(よもぎ)でつくった人形(ひとがた)を
門戸に飾るという習わしも中国から伝わり、
平安時代には端午の節会(せちえ)という宮中行事になりました。
『源氏物語』や『枕草子』にも載っているように、
菖蒲や蓬(よもぎ)を丸く編み五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を飾ったり、
貴族同士で薬玉を贈りあう習慣もありました。

「端午」が五月五日を指すようになったのは、
十二支の中で「午」は五月で、「午(ご)の日」が「五の日」に通じることや、
奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)」の日であることからでした。


月は旧暦

日本古来から神聖な行事である田植えは早乙女(若い清らかな女性のこと)が
行っていました。

もともと日本には、田植えを行う五月に「五月忌み」という
日本古来の行事をしていました。

昔は神聖な「行事」である田植えは早乙女(若い清らかな女性のこと)が行い、
行事の「五月忌み」の田植えをひかえて物忌み
(一定期間、不浄を避けて心身を清めること)をしていました。

やがてこれに「端午の節句」が結びつき、早乙女は菖蒲や蓬(よもぎ)で
屋根を葺いた小屋に前夜からこもっては菖蒲酒などで汚れを祓い、
神聖な存在になってから田植えを行いました。
ですからこの頃は女子が中心の行事でした。

今も、早乙女が田植えをするお祭りが全国に残っています。

鎌倉時代になり武士の力が強くなると、「菖蒲」が
「尚武」(武事・軍事を尊ぶこと)や「勝負」に通じ、「菖蒲」の葉の形が
剣に似ているため、兜に菖蒲を飾ったり流鏑馬(やぶさめ)をするようになり、
早乙女である女の子中心から男の子のおまつりに変わっていきました。

江戸幕府になり、
「端午の節句」が五節句のひとつに定められると、
男の子が強く逞しく成長して立身出世することを願う行事として定着していきました。

1948年に「国民の祝日に関する法律」で 5月5日が「こどもの日」に制定され

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

日となり、男女平等にお祝をするようになりました。

端午の節句はなぜ鯉のぼりを上げるの?

鯉のぼりの由来は

中国の故事「登竜門」は中国の黄河上流に竜門という激流が連なっている滝があり、
そこを登り切った鯉は霊力が宿って龍になるといわれ
龍は皇帝の象徴でもあり、とても縁起のいいものなのです。

鯉のぼりには、鯉が龍になったように人生の荒波を越えて立身出世する
願いが込められています。

なぜ鯉のぼりを揚げるようになったんでしょう?

もともと日本では、将軍に男の子が生まれると家紋のついた旗や
のぼりを立てて祝う風習がありました。

やがてこれが武家に広がり、男の子が生まれた印として
のぼりを立てるようになります。

その後、江戸庶民の間でも経済力のある人達も負けじと
のぼりを立て始めましたが、
中国で言い伝えられていた鯉の滝登りで立身出世のシンボルとなった
鯉をのぼりにするアイデアがうまれ、町人の間で鯉ののぼりが
揚げられるようになりました。

鯉のぼりは庶民の間から広まったんですね。

その頃はまだ元気に育つ子供が多くなかったので、
健やかな成長を祈る気持ちの表れだったのです。

子供を思う気持ちはいつでも同じですね。

スポンサーリンク

端午の節句は何故5月人形を飾るの?

五月人形の由来

鎧や兜は、様々な災いから身を守る意味があります。

江戸時代の庶民達が、
武家社会の風習をまねて家の前に棚を作り、
鎧・兜や槍やのぼりなどを飾ったのが段々広まっていきました。

この時神様が降りてくる目印になるように勇ましい人形の細工物を
兜の上に乗せました。

兜から人形が独立して飾られるようになったのが
始まりと言われています。

「五月人形」は、人形が人の厄を受けてくれるという身代り信仰のひとつで、
有名な武者を模したものを「武者人形」と呼び、
勇ましい男の子に育つよう願いが込められています。

【金太郎】 

実在の坂田金時の幼名で、その怪力童子ぶりが伝説となっています。
源頼光に見出されて家来となり、
「頼光四天王」のひとりとして活躍した武将です。

【牛若丸】 

源義経の幼名。7歳で京都の鞍馬寺に預けられ、
学問や武芸を磨きました。

【弁慶】

京都の五条大橋で牛若丸と出会い家来となる。
生涯知恵と怪力で大義経を支え活躍しました。

弁慶は豪傑の代名詞になっています。

【鍾馗(しょうき)】 

中国の皇帝の枕元にあらわれた幻の英雄。邪悪なものや疫病から守る魔除けの神。

武家社会の風習が庶民の間に広がるきっかけは
その「真似」がほとんどです。

端午の節句も類にもれずその通りで、
江戸時代の庶民達が、
武家社会の風習をまねて家の前に棚を作り、
鎧・兜(作り物)や槍、幟などを飾った事がはじまりです。

この時に、神様が降りてくる目印になるようにと
兜の頂の部分に、勇ましい人形の細工物を乗せたのです。

その後、兜から人形が独立して飾られるようになりました。

これが、五月人形の始まりといわれています。

神様の依代(よりしろ)としての人形細工と
当時の庶民の間に広まっていた人形(ひとがた)信仰があいまって、
端午の節句は、
町民達の間でも盛んに行われるようになり、定着していきました。

まとめ

最近は、キャラクターものの五月人形も見受けられますが
五月人形といえば、やっぱり「武者人形」の気がします。

「端午の節句」は男の子の節句として今も現存しますし
同じ日の5月5日「子供の日」は男女の区別なく
子供の健やかな成長と幸福を願う日として定着しています。

そう考えると日本て素敵だなって思います。

昔から子を思う親の気持ちは変わらないですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな祭りは何故桃を飾るんでしょう。桃の節句と言われるのは?

ひな祭りは別名桃の節句と言われますが何故ひな祭りが桃の花で 桃の節句って言われるのでしょうね。 スポンサーリンク 関連

お月見泥棒って・・・お月さまを泥棒する訳じゃないです。現在は?絵本や体験も!

ご存知ですか? 「お月見どろぼう」! 地方によるとは言え、こんな行事があるなんて 知りませんでした。 知った時は、即「まるでハロウィン」じゃないって思いました。 日本にもこんな習慣があったなんてちょっ …

十五夜(中秋の名月)って?十五夜にお供えするのはどうして?満月じゃないの?

中秋の名月は満月って思っていませんか? そもそも中秋の名月って何なんでしょう? 十五夜にお供えするのは何故なんでしょう? スポンサーリンク 関連

今更聞けない お彼岸って?何をするの?

スポンサーリンク 何気なくお彼岸って言葉を使い、過ごしてる中で、子供に「お彼岸ってなぁに?」 「何するの?」って質問されたとききちんと説明できない・・・ でも今更聞けないし・・・てことで調べました! …

恵方巻 恵方って?食べ方は?簡単で可愛く美味しい恵方巻の作り方も

2018年は2月3日土曜日が節分になります。 恵方角は、「南南東」。 恵方巻は今年の恵方を向いて巻きずしを一本丸かじり するのです。 今回はそんな恵方巻についてのご紹介です。 スポンサーリンク 関連