amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

暑さ対策は緑のカーテンで、実益も兼ねて!

緑のカーテンは、グリーンカーテンとも呼ばれ、ゴーヤーやアサガオなどの
つる性植物をネットに絡ませて、カーテンやシェード風に仕立て、
見た目が涼しげなだけではなく、植物が間近にあることで、
自宅にいながら緑の森の中のいるような癒された気分を味わえます。

実際、さまざまなメリットがあり、暑い夏を乗り切るための、
欠かせないガーデニングアイテムとなりました。

スポンサーリンク
  

緑のカーテン作りの4つのメリット

1.日差しを遮る

適期にタネをまいたり苗を植えると、あたかもジャックと豆の木のように
グングンツルが伸び、葉が茂り、真夏にはテラスやベランダを覆う葉っぱのシェードに。

この時期この様子を観察するのは驚きと喜びです。

夏の強い直射日光をカットし、外部からの視線も葉がやわらかに遮ってくれるので、
普通のカーテン同様、目隠しの役割も果たします。
緑が目に優しく癒されます。

2.周囲の気温を下げ、体感温度も下げる

植物は、根から吸い上げた水を葉から蒸散させて、自分の温度が上がらないように
しています。

そのため、蒸散作用がないすだれなどに比べて放射熱がぐっと少なく、
周囲の気温はわずかに下がります。

また、蒸散によって気温が下がった葉の間を通り抜けてくる風も、
私たちに涼感をもたらしてくれます。

3.新鮮な酸素で爽やかな気分

植物は日中、日光を浴びて光合成を行い、二酸化炭素を吸収して、
代わりに酸素を排出します。
ですから緑のカーテンを通過した空気は、
新鮮な酸素をたっぷり運んでくれるのです。

4.省エネ、節電にも

日ざしを遮り、気温を下げ、さらにカーテンの間を通って心地よい風が吹き込むと、
実際の気温より涼しく感じます。

電源もエネルギーも使わない、まさにこれからの時代にふさわしい自然のエアコンです。

そのため、エアコンをあまり使わずに済むことも多く、節電になるのも嬉しいですね。

暑さに負けない! 緑のカーテンにおすすめの植物そして実益も兼ねた植物も!

1.ゴーヤー

春まき一年草
熱帯性の植物で、古くから沖縄などで栽培されてきました。
さわやかな苦みをもつ実は、炒めものやあえものなどで食用にされます。

2.ノアサガオ

つる性多年草
沖縄などの海岸に自生するノアサガオの選抜種です。
暑さ、乾燥に強く、つるは10m以上伸びます。
花は短日性で、秋が見ごろです。

3.アサガオ

春まき一年草
古くから親しまれている育てやすい植物。
日本アサガオが午前中でしぼんでしまうのに対し、
西洋アサガオは夕方まで花が咲きます。

4.ヨルガオ

つる性多年草
アサガオが朝から夕方に咲くのに対し、ヨルガオは夕方から開花します。
かんぴょうの材料であるユウガオの名前で、
流通することもあります。

5.ツンベルギア

つる性多年草
熱帯アフリカ原産で、暑さや乾燥に強い植物。
主にアラタ種がカーテン用に出回ります。
花色は白、黄、オレンジ色などがあります。

6.スネールフラワー

つる性多年草
スネールとは英語でカタツムリのこと。
ねじれた蕾の形がカタツムリに似ることからついた名前です。
開花期が長いのも利点です。

7.トケイソウ

つる性多年草
時計の文字盤のような個性的な花の形が特徴。
花を楽しむ種類のほか、パッションフルーツのように
果物として利用される種類があります。

8.パッションフルーツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つる性多年草
トケイソウの仲間で、近年緑のカーテンとしても人気が高まっています。
果実は丸いボール形で、甘酸っぱい香りが広がります。

スポンサーリンク

9.マンデビラ

つる性熱帯花木
丈夫で育てやすく、春から秋にかけて長期間開花し、夏でもよく咲きます。
品種改良が進み、色も白やピンク、赤などがあります。

10.フウセンカズラ

SONY DSC

春まき一年草
夏に緑がかった白色の小さな花を咲かせ、その後、
紙風船のようにふくらんだ袋状の果実をつけます。
実が熟すとハート模様の丸いタネができます。

11.テイカカズラ

つる性花木
甘い香りを放ち、常緑のつる性木本植物で、本州から九州の林などに自生します。
10mほどの高さまで這い上がることを利用してカーテンにできます。

12.オキナワスズメウリ

春まき一年草
熱帯原産
沖縄地方では自生が見られます。小さな実は緑色から茶色、赤などに変わります。
ただし、観賞用で食べられません。

13.オカワカメ

つる性多年草
熱帯アメリカ原産。
ゆでるとワカメに似た食感で、幅広い料理に使えます。
カロテン、カルシウム、マグネシウムなどが豊富です。

14.ヘチマ

インド原産。大きく育った実でタワシをつくったり、繊維をとったりするほか、
沖縄では若い実を炒めものなどで食用にします。

夏休みの自由研究にもいいかもしれませんね。

15.ツルムラサキ

熱帯アジア原産。草丈20cmごろに摘心し、わき芽を伸ばします。
緑茎種と赤茎種があり、カーテンには見ばえのよい後者がおすすめ。

栄養価が高く葉と茎を食用にします。

16.アサリナ

春まき一年草
可愛いベル型の花が咲き、生育旺盛で、巻きひげのようになって
支柱などに巻きつきながら、2~5mくらいまで伸びます。
本来は多年草で暖地では冬越しすることもあります。

17.キュウリ

お馴染みのきゅうりです。果実の長さが17cmくらいを目安に収穫します。

18.ササゲ

熱帯地域から導入し改良したもので、暑さや乾燥にとても強く、つくりやすい品種です。
莢は濃緑色で50cm前後にもなり、房なりに垂れ下がるようすは、流れ落ちる滝のようです。
タネまき後80日前後で収穫出来ます。

ササゲは若い緑色のサヤに入っている状態のときは、
お浸し、和え物や天ぷら、煮物、炒め物などに使え、
完熟したマメは赤飯や煮豆としていただけます。

19.ミニメロン(ころたん)

家庭でも手軽に栽培できるネットメロンです。
果重300~500g、糖度は約15度でさわやかな味です。
きれいなネットが入る黄金皮と、鮮やかな緑色の果肉が特徴です。

この中で食用として楽しめるのは

ゴーヤ、パッションフルーツ、オオワカメ、、ツルムラサキ、
ヘチマ、キュウリ、ササゲ、ミニメロン(ころたん)等です。

収穫するのも楽しみの一つですね。

まとめ

緑のカーテンいいですね~
目の前に緑があったらホントに癒されますね。

暑さ対策としてのメリットがありその上
収穫出来たら一層嬉しくなってしまいます。

今年は頑張って緑のカーテンを作っちゃいましょう。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住まいの梅雨対策 カビやニオイの発生を抑えて快適に

梅雨の時期一番気になるのはカビとニオイではありませんか? カビにとって大好きな環境の日本の梅雨。 最近の住まいは気密性が高い為お風呂場に生えるようなカビが 住まいのどこにでも生えるようになりました。 …

切り花がすぐ萎れるのはなぜ?切り花を長持ちさせるには?

これからの季節、クリスマスやお正月に切り花を飾る機会が 増えますね。 そんな切り花を少しでも長く持たせるにはどうすればいいのでしょうか? スポンサーリンク 関連

喪中の人は神社・仏閣へのお参りしてはいけないってホント?

多くの本には喪中の人は神社・仏閣へのお参りは良くないと書かれています。 果たしてこれはホントなのでしょうか? 私も義母が昨年亡くなりましたが、今年のお正月は何処にも 御参りはしませんでした。 その時は …

冷蔵庫の大掃除 必要な道具は?大掃除の順番は?ニオイ対策は?

クリスマスやお正月にはたくさんの食品を用意してしまっておくのに 冷蔵庫が大活躍ですね。 冷蔵庫に入れておくと大丈夫だと思って冷蔵庫の中を綺麗に清潔にしておかないと いつの間にか雑菌が繁殖してしまいます …

大掃除 外せない網戸は?サッシのレール掃除も一緒に!

網戸を外せたら思いっきり洗えて楽だしスッキリ、キレイになるのに って思ってませんか? マンションなどの場合外せても洗う場所がないって場合もあるかと思います。 外せない網戸はどうやったらスッキリ、キレイ …