amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

浴衣着付け 今年こそマスターしましょ!

今年は浴衣デビューしませんか?

じゃあ着付け教室いかなきゃあ・・・なんて大丈夫です。

浴衣の着付けは、初めは大変と思うかもしれませんが、コツを覚えれば
簡単です。

着物を着るキホンにもなるのでマスターしていればカッコいいですね。

浴衣は前もって練習しておきましょう。

慣れれば簡単に着られるようになりますよ。

スポンサーリンク
  

まずは浴衣の部分の名前を覚えましょう

聞きなれない名前ですが、浴衣の着付けの為には覚えてくださいね。
図を見れば納得です。

浴衣の着付けのために必要な基本セット

「ゆかたの基本セット」を購入するといいと思います。
3,000円くらいから売っています。

和装用下着、腰紐2本、コーリンベルト
(両方にはさむためのクリップがついたゴムのひも)、
伊達締めが入っていれば大丈夫です。

●下着

今はおしゃれ着として着る浴衣ですから、下着は着ましょう。
汗が染みないためにも。

着物用の下着もありますが、普段着ているキャミソールやスリップでも十分。
下着が浴衣の打ち合わせから見えなければ大丈夫です。

ブラはしないかスポーツブラで。
胸の大きい人はなるべくおさえるような感じにしましょう。

着付け準備

1. 前日には浴衣を出し、ハンガーにかけ、点検しましょう。
  シワがあるときはアイロンをかけておきましょう。
  浴衣に必要な物もチェックしておきましょう。

2. 髪は自分でまとめる場合は浴衣を着る前に結っておきましょう。
  全身が映る鏡があるといいですね。

着付け

1.
用意しておいた腰紐、伊達締め、帯を椅子に掛けて置きましょう。
腰ひもは半分に折っておくと便利です。
使う時にいちいちしゃがまなくていいので楽です。

コーリングベルトはあらかじめ長さを肩幅より少し長めに
調節しておいてください。
下着は着ておいて下さいね。

鏡の前で着付けます。

2.
ゆかたに袖を通し、肩からまっすぐ落ちるように整えます。
足は開きすぎてはいけませんが、肩幅より少し狭いぐらいに
開いて立ちましょう。

着た時に動きやすいです。

3.
ゆかたの衿先の20cmぐらい上を持って、一度前でそろえ、
背縫いが背中の中心に来るように調節します。
そのまま裾をくるぶしくらいの高さになるまで上に持ち上げます。

4.
裾の高さが決まります。

5.
そのまま右手の方を背中の中心がずれないように左脇へ持っていきます。

端を10cmぐらい上にあげるようにして重ねます。
背中まで回りそうになったら端を少し前に折り返して調節をして下さいね。

6.
今度は左手側を前に持っていきます。このとき裾端を5cmほど上げながら、
たるまないようにぴったり合わせます。
右手で腰骨の辺で押さえ、裾の位置を固定します。

7.
右手でそのまま維持しながら左手で半分に折って椅子にかけてあった
腰ひもの真ん中辺りを持ちます。

8.
腕で浴衣をそのままの位置で保ちながら左手を左方向へずらします。

9.紐を後ろで交差させて前に持ってきます。ここでぎゅっときつく締めます。
これがゆるいと着崩れの原因になるので気をつけて。

10.
体の前で紐を重ね、下側の紐で前に当てた2本の紐を上から下へ2回くぐらせて、
しばります。
やりにくかったら蝶結びの一方を引き抜き、片方だけが輪になった片結び
にしてもかまいません。

11.
しばった形です。

スポンサーリンク

12.
余った紐の端は、ほどけないようにそれぞれの逆の方向にひっぱり
脇で腰の紐にはさみます。

13.
一度おはしょりを前も後ろも腰ひもから上に全部持ち上げます。

14.
後ろのおはしょりを整えます。
身八つ口から手を入れて、バンバンとしわを伸ばしながら
なるべく腰と平行になるように整えます。
(背縫い線が中心にあるか注意)

15.
前のとも衿の端と、後ろの背縫いのところを持って、衣紋の抜き
具合をを決めます。
こぶし一つぐらいがいいですね。

16.
前をざっとあわせます。
衿合わせがのどのくぼみあたりにくるようにすれば綺麗です。

衿が前に被ってきてしまった場合にも、背縫いを下に引いて、
修正しましょう。

17.
長さを調節しておいたコーリンベルトの端を左の身八つ口から入れて、
下前のあわせ衿の先、2cmぐらい上に挟みます。

18.
コーリンベルトをつけたところ。

19.
左側の身八つ口からコーリンベルトの端を出して、体の後ろを通して右側水平にまわし、
上前のあわせ衿の端に挟みます。

20.
ベルトの下に手をいれ、余分なしわを両脇に持っていき、全体を整えます。

21.
おはしょりがきれいに整ったら伊達締めをします。
伊達締めはマジックテープのとひも付き伊達締めがあり、
これはひもがついたタイプです。
腰紐と同じく右で押さえて

22.
幅の広い部分を前にぴったりとあてます。

23.
端についている紐を後ろで交差して前で結びます。
今度はそれほどきつく締めなくても大丈夫です。

24.
腰紐と同じように結びます。余った紐は脇にいれて着付けのできあがり。

後は帯を締めるだけです。

まとめ

言葉で表すと大変そうですが、実際着てみると意外に簡単です。

着付けを自分のものにして、今年は他と少し差を付けましょう。

次は帯の結び方をマスターです!

スポンサーリンク

-暮らし
-

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暖房費節約の極意 3つ

夏の間は暖房のことなど考えたくもなったにも拘らず 少し涼しくなってくると暖房のことが頭を過ぎるようになってきました。 日本では冷房は精々7月8月で暖房は11月から3月くらいまで使い、 期間は暖房の方が …

大掃除に役立つ裏ワザ

忙しい年の瀬、でもやっぱりやっておきたい大掃除。 大掃除をしてさっぱりと新年を迎えたいというのは誰しも 思うところですね。 でも年末は何かとやることが多くて時間が足りない。 そんな時に大掃除が何倍もは …

のし(熨斗)とのし紙(熨斗紙)の違い、大いにあるんです!

お中元など贈り物をする時、お店で「のしはどうなさいますか? お付けしますか?」 って聞かれたことありませんか? 「のし紙」と「のし」を混同してるようですね。 あなたものし(熨斗)と熨斗紙は同じだと思っ …

これから強くなる紫外線のメリットとデメリット、その対策は?

GWを目の前にして色々な計画に心弾んでる方も多いのではないかしら。 アウトドアには最適のシーズンです。 でも同時に、紫外線が気になり始めます。 紫外線はこれからどんどん強くなり7月~8月にピークを迎え …

ひな人形や五月人形の処分 供養や寄付の仕方って

ひな人形は小さい頃には飾っていましたが中学になったころから 飾る事も無く箱に入ったまま物置の奥深く仕舞われたままでした。 もう処分したらいいのにって思った事もありましたが 自分が親になり処分できない気 …