amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

ラッシュガード 子供用はどんな使い方が出来るの?サイズ等どんなのを選べばいいの?

子供は大人より体温調節が未熟で皮膚も敏感です。
大人が着るラッシュガード、寧ろ子供に是非着せてあげたいものです。

この頃は子供用にも可愛いのやカッコいいのが揃っているようです。

どんなのを選びどんな使い方をすればいいのでしょう。

そんな疑問にお答えしますね。

スポンサーリンク

ラッシュガード どんな使い方をすればいいのでしょうか?

ラッシュガードは日焼け防止効果があるので
プールや水遊び、海に行くときの必須アイテム間違いありません。

水に入ってるときはまだまだ泳げない子供たちは浮き輪でぷかぷか
浮いてる状態なので上半身は水面から出てるので、直射日光が
肌に直に当たってる訳です。

肌へのダメージは凄いですよね。

日焼け止めを塗ってもすぐ取れてしまいますし
日焼け止め自体がまだまだ肌が敏感な子供たちにはダメージが
あるとも言われています。

海では砂や岩でけがをしたり、又よくわからないような
虫に刺される危険もあります。
大人より体温の高い子供は、虫に刺される危険性も大
そんな時にもラッシュガードを着用してると安心です。

スポンサーリンク

普通のパーカーでいいんじゃないって思われるかもしれませんが
UV効果は全然違いますし、遊びに夢中になってる子供に
脱がせたり着せたりするのは可哀想だし、親にとっても大変です。

そのまま水に入ってもいいので、子供も遊びを中断されることなく
楽しめます。

ラッシュガードは水辺以外にもバーベキューやキャンプ、山登り、スポーツ観戦等
アウトドアで大活躍しそうです。

どんなのを選べばいいのでしょうか?サイズはどうすれば?

サイズ選びは?

大人はぴったりしたサイズを選ぶべきだと思いますが
子供は普段からあまりぴったりした服を着ないので
ぴったりしたのを選ぶと嫌がりますし、
着脱が大変になるので(濡れたりしたら余計)それがきっかけで
ラッシュガードを着るのを嫌がったりする可能性もあるため
少し大きめサイズを選ぶのがいいかもしれません。

ジッパー付き

トイレの時にも便利なようにジッパーがあるものがいいようです。
柔らかい肌を挟まないよう、またジッパーが首に当たらないような
作りがおススメです。

子供用にはセットを買うのも選択肢の一つです。

セット内容を確認

水着を持っていなくて、ラッシュガード以外に揃えるものがある場合は、
パンツやキャップとセットになったものを購入すると便利です。

手元に水着やキャップがある場合は、
ラッシュガードだけを買う手もありです。
色々な水着と合わせてコーディネートを楽しむのも楽しいですね。

フード付きはどうでしょうか?

日焼け防止にはフード付きがいい気もしますが、そのまま
水に入って泳ぐ場合があるときは、フードが邪魔になって
首に巻き付いたりする場合があって危険なので使い道によっては
フードがない方がいいと思います。
取り外しが出来るラッシュガードもありますよ。

まとめ

ラッシュガードは大人は勿論子供にも着せたいアイテムですね。

子供は元気で活発なので普段遣いもおススメです。

カワイイ柄の長袖ラッシュガードもどんどん増えていますし、
キッズ用ラッシュガードはカラフルなカラーがおススメです。
目立つので遠目にもすぐ分かりますものね。

スポンサーリンク

-暮らし
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生ごみのニオイの原因は?簡単に改善する方法やグッズ

スポンサーリンク これからの季節生ごみのニオイが気になりだします。 皆さんはどうしてらっしゃいますか? ちょっとしたコツで嫌な臭いを改善出来たら良いと思いますよね。 スポンサーリンク 関連

相手が喪中の場合お歳暮はどうすれば?マナーってあるの?

毎年お歳暮を贈ってる方から「喪中はがき」が届いた場合 お歳暮は贈っていいものか迷ってしまいます。 お歳暮はお祝い事ではなく一年間の感謝の気持ちを込めて贈るものなので 相手の方が喪中でもお歳暮を贈っても …

暖房費節約の極意 3つ

夏の間は暖房のことなど考えたくもなったにも拘らず 少し涼しくなってくると暖房のことが頭を過ぎるようになってきました。 日本では冷房は精々7月8月で暖房は11月から3月くらいまで使い、 期間は暖房の方が …

お盆の8月16日 京都の五山の送り火の 豆知識 起源やご利益は?

送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知らているので 「大文字焼き」って呼ばれることが多く、 雑誌やテレビでも「大文字焼き」という慣習的な表現を使いますが、 地元の方は「五山の送り火」と …

暑さ対策 日本の知恵 よしず、簾(すだれ)で!

近年猛暑が続いています。 100年前と比べると2度も上昇してるそうです。 部屋に差し込む強い日差しが、室温をより上昇させ 部屋にいても熱中症にかかってしまう例も多く聞きます。 エアコンの普及でエアコン …