amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

のし(熨斗)とのし紙(熨斗紙)の違い、大いにあるんです!

お中元など贈り物をする時、お店で「のしはどうなさいますか?
お付けしますか?」
って聞かれたことありませんか?

「のし紙」と「のし」を混同してるようですね。

あなたものし(熨斗)と熨斗紙は同じだと思っていませんか?

同じものだと勘違いしてる方が多いので今回違い等を
きちんとご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

「のし」って?

「のし」って贈答品に付けるあの白い掛け紙だと思っていませんか?
「のし」と思ってるのは実は熨斗紙でのし(熨斗)は熨斗紙の右側についてる
小さな飾りのことです。

もっと正確に言うと小さな飾りは「のし飾り」でその中の
黄色い紙がホントの「のし」なんです。

「のし」(熨斗)は吉事に使われ、縁をのばす、命をのばす、慶びをのばす
という意味がある縁起物です。

「のしあわび」って何?

「のし」は正式には「のしあわび」といいます。

昔、貝のアワビをのして細く切りのし飾りの中に
差し込んで使った事から、こう呼ばれるようになりました。

古くから吉事には魚や鳥肉のような「生もの」が欠かせなかったため、
海産物を贈る習慣がありました。

また、伊勢神宮では2000年も前からあわびをお供えするようになり、
やがて日持ちのする「のしあわび」(熨斗鮑)が
奉納されるようになりました。

今でも伊勢神宮では本物の「のしあわび」(熨斗鮑)を奉納しています。

こうしたことから、神の供物である「のしあわび」を
吉事に贈るようになっていきます。

「のしあわび」の「のし」は“延ばす、延びる”ということで
古く中国で鮑は不老長寿の薬効があるとされていたことから、
寿命を延ばすおめでたいものの象徴とされ、
祝儀、お祝い事の贈り物などに添えて用いられました。

とても高価で貴重な「のしあわび」を簡単に贈ることはできません。
そこで、その代わりとして「のし飾り」が作られるようになりました。

スポンサーリンク

短冊のし

デパートなどではお中元やお歳暮に簡易包装化(省資源化)の一環として
短冊タイプののしを使う場合が良くありますね。

お中元やお歳暮のしとして短冊のしを使う場合の位置は、
正面の右上に貼るようにし、包装紙はこの上からします。

のし紙とは?

「のし飾り」が作られさらに簡略され
奉書に印刷されるようになったのです。これがのし紙です。

「熨斗紙」は正確には「のし」と「水引き」が付いた掛け紙のことです。

生ものを贈るときは「のし」はどうするの?

お中元やお歳暮に魚介セットなど生ものを贈るときは
熨斗自体が生ものの象徴なので意味が重なってしまいます。

熨斗のない水引だけの掛け紙を付けて贈りましょう。

まとめ

「のし」と「のし紙」の違いお分かりいただけたでしょうか。
皆さん今まであまり深く考えたことがなかったのではないでしょか。

私達が生活してる中で習慣化し何気に行ってることも
そこには大いに深い意味がある場合があるんですね。

スポンサーリンク

-暮らし
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供は何故「うんこ」という言葉が好きなんでしょう? お母さんはどう対処・指導すればいいんでしょう?

「うんこ漢字ドリル」や「うんこ演算」など子供が嫌がるドリルも 「うんこ」が付くだけで子供は嬉しそうにやる気満々に。 子供は「うんこ」という言葉をホントに嬉しそうに又ホントに面白そうに お友達と言い合い …

クリスママスイルミネーションを初めて自宅でやるには? 気になる電気代は?

スポンサーリンク 日が短くなり外は早くから暗くなり、寒さもましてくるとき イルミネーションを見るとホッコリして 気持ちも暖かくなってきますね。 自宅の庭をイルミネーションで飾る方が増えてきました。 ス …

浴衣を着て困ったときは?浴衣姿が素敵に見える仕草を身に付けましょう!

スポンサーリンク メイクや髪型、浴衣に合う持ち物は決まりましか? 浴衣を着て困ったことはとはありませんか? どんなに着飾っても一番大切なのは仕草かも知れません。 浴衣美人もこれで決まりです。 スポンサ …

これから強くなる紫外線のメリットとデメリット、その対策は?

GWを目の前にして色々な計画に心弾んでる方も多いのではないかしら。 アウトドアには最適のシーズンです。 でも同時に、紫外線が気になり始めます。 紫外線はこれからどんどん強くなり7月~8月にピークを迎え …

大掃除に役立つ裏ワザ

忙しい年の瀬、でもやっぱりやっておきたい大掃除。 大掃除をしてさっぱりと新年を迎えたいというのは誰しも 思うところですね。 でも年末は何かとやることが多くて時間が足りない。 そんな時に大掃除が何倍もは …