amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

知っていて損はないお中元のマナー

知っていそうでいざとなると「う~んどうすればいいの・・・?どうしよう」
って考えることもしばしばありそうなお中元のこと。

今回はお中元のマナーについてこれってどうなの?って思うことを
紹介してみました。

スポンサーリンク
 

【贈ったら失礼になるものって?】

特に目上の方の贈ると失礼にあたる商品は

・靴下や下着など身に付けるもの

これは贈った相手の方に「踏みつける」や「みすぼらしい格好をしている」
といった意味を含むとされています。

・はさみや刃物

相手の方との縁を切るという意味に取られてしまいます。

・現金や金券

「お金に困っている人」という意味で取られます。

・ハンカチ

別れの時の涙を拭くものという意味合いから「別れ」を
連想させる商品と受け取られます。

・櫛

「苦」「死」を連想させる商品

自分がそんな気はなくても
そういう意味を含むと社会一般で言われているため、わざわざそういった
商品を贈るの止めたいですね。

 

【のし紙の表書きは?】

のし紙の表書きは時期によって変わります。

お中元の時期を過ぎても表書きを変えれば贈ることができます。

立秋(8月7日ごろ~8月22日ごろ)の前日までは「暑中御見舞」に、
立秋に入ったら「残暑御見舞」にして、
処暑(8月23日ごろ~9月7日ごろ)までには届けましょう。

目上の方に対しては、「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。

今年1回限りの中元の時期の贈り物の表書きは?

この場合は、お中元ではなく「御礼」としたほうが良いでしょう。

【のしは付けるの?】

のしとのし紙(熨斗紙)は違います。
のしはのし紙の右上に付ける飾りです。

水引きは紅白の蝶結びを使い、魚や肉などの生ものには、
正式にはのしをつけません。

のしとのし紙(熨斗紙)はこちらへ

【お中元とお歳暮どちらを優先すべき?】

お中元(上半期に対する感謝)とお歳暮(下半期に対する感謝)の
どちらか一方しか贈らない場合には、
1年間の感謝を込めてお歳暮を贈ったほうがいいでしょう。

【喪中の場合は?】

お中元はお祝いごとではなく日頃の感謝を伝えるものなので、
当方・先方のどちらかが喪中でも関係ありません。

ただし、四十九日が過ぎていない場合には、時期をずらして
「暑中御見舞」「暑中御伺い」にしたり、紅白の水引きを控えたりすると
心遣いも感じられ良いでしょう。

【自営業の場合、どの範囲まで配ったら良い?】

昨年まで送っていた取引先が、今年はまだ取引がない場合でも
だからと言って急に取りやめるのはどうでしょうか。

金額を抑えるなどして贈るのがいいかと思います。
ご縁が切れないためにも・・

【お返しはいつ?】

頂いたらすぐにお礼状を書くか、お礼の電話はしないといけません。

お返しは基本的にはしません。
お中元のやりとりをしていない人から届いたら、お礼状を書いて別の機会に
お返しをするといいとされています。

すぐにお返しをすると、待ってましたとばかりの感じがします。

スポンサーリンク

どうしてもすぐお返しをと思う場合は
一週間くらい経ってから送ったほうが、じっくり選んでくれた感があって、
より望ましい気がします。

【配送するときのマナーは?】

本来は持参するものですが、百貨店やお店から送ってもらうことが
多くなりました。
配送する場合、送りっぱなしは良くありません。
親しい間柄なら電話やメールでも構いませんが、
品物に挨拶状を同封するか、品物が届く前に挨拶状を郵送しておきましょう。

上記は常識として一般に言われているマナーのようですが、
品物が届く前に挨拶状は私は送りません。
何だか押しつけがましい気がするからです。

【持参するときのマナーは?】

持参する場合には、訪問前に先方の都合を伺うのがマナーです。
正式には風呂敷で包んで行きますが、
紙袋の場合にはそこから出して渡しましょう。

【お中元を贈った後次はどうすればいい?】

お中元というのは、基本的に毎年贈るものです。
お世話になっている人とのお付き合いを大切に続けていくために、
お中元を贈った方のリストをつくっておきましょう。

相手の名前、品物、値段を書いておくか、
レシートを取っておきます。
次の回はそれらを参考にすれば、
お歳暮や次のお中元の参考になり重宝します。

まとめ

お中元やお歳暮は日本の良い習慣だと思います。

ですが、近年は形だけにとらわれている気もします。
本来は感謝の気持ちを伝えるものであるはずです。

無駄なことだと分かっていながら勇気がない為
ズルズルと毎年惰性で送ってる方も大勢いらっしゃるのでは
ないかと思います。

大切な方へ心を込めて贈ったり心を込めて
お礼状を出したり、お中元の意味を再認識してみたいですね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桜 梅 桃 の違いは?簡単な見分け方

スポンサーリンク 今年の桜は例年に比べて少し遅れているようです。 桜 梅 桃 いずれも可愛くて美しい花を咲かせて私たちを楽しませてくれますが、 道を歩いていると咲いてる木を見つけて、「この花は何?」っ …

スマホバッテリー 長持ちさせる定説ウソ、ホント

スマホはガラケーに比べると高機能になりすぎたため すぐにバッテリーが切れてしまいます。 少しでもバッテリー自身を長持ちさせるために 巷では色々言われていますが、 ホントのこともあればウソのこともあるよ …

アサリを使った簡単で美味しいレシピ

潮干狩りで採ってきたアサリ、折角の新鮮なアサリのうまみを一層引き出す 激うまレシピのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

こちらが喪中の時のお歳暮はどうすればいいんでしょう?贈ってもいいの?マナーは?

こちらが喪中の時年賀状を出すのを失礼したり お正月の行事を差し控えたりする中で お歳暮はどうすればいいのか、贈るべきかやめるべきか悩まれる方も いらっしゃるかと思います。 こちらが喪中の時のお歳暮の対 …

大掃除に役立つ裏ワザ

忙しい年の瀬、でもやっぱりやっておきたい大掃除。 大掃除をしてさっぱりと新年を迎えたいというのは誰しも 思うところですね。 でも年末は何かとやることが多くて時間が足りない。 そんな時に大掃除が何倍もは …