amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

レジャー 旅行・観光

潮干狩り三重県

三重県での潮干狩りは御殿場海岸、伊勢湾香良洲海岸、高松海岸の情報を
お伝えします。

スポンサーリンク

御殿場海岸

夏になると御殿場海岸は海水浴場となりメジャーなレジャースポットで
多くの人で賑わいます。

入浜の費用は無料で、潮干狩りの季節はよく貝が採れることで知られているため
県外からも沢山の人達が訪れます。

遠浅で貝が大きく、数も多く採れ、春にはアオヤギ(バカガイ)が採れます。

必ず干潮時間を調べておき、干潮の60分~90分前から掘り始めましょう。

大潮の日を選んで行けば、潮がよく引くのでチャンス大です。

かなり沖まで歩いていけます。

ジョレンは禁止されているので使えません。

夏はクロックスの穴あきサンダルが快適ですし、春は長靴がいいですね。


●時期⇒4月中旬~8月下旬
●料金⇒入浜料無料。浜茶屋利用は有料
●その他⇒トイレ、駐車場(有料、無料)

●アクセス⇒近鉄名古屋線「津駅」よりバス20分、バス停「御殿場口」下車徒歩5分
      伊勢道津ICから8km、20分

●問い合わせ⇒津市観光協会 TEL:059-246-9020

★潮見表

伊勢湾香良洲(からす)海岸

伊勢湾周辺には手軽に潮干狩りが楽しめる場所が点在しています。

どこもたくさん採れるのが嬉しいですね。

伊勢の海県立自然公園の南端に広がる白砂青松の美しい浜辺は
遠浅で海岸線が2kmにわたって続いています。

春から夏にかけては潮干狩り、夏には海水浴など大勢の家族連れが訪れます。

海岸線が続いているため安全な場所が多く、小さな子供たちにとっても
魅力的な場所です。

近くに浜風公園がありそこにはキャンプ場もあって、
駐車場もトイレもあり、その上潮が大きく引き、たくさんの貝が採れるので
人気があって当たり前ですね。

キャンプと潮干狩りをともに楽しむ家族も一杯です。

●時期⇒例年3月~8月頃
●料金⇒無料 休憩所は有料
●アクセス⇒JR紀勢線・近鉄名古屋線「津駅」より「香良洲町公行」
      バス40分終点下車。
      伊勢道「久居IC」から10km、25分

●問い合わせ⇒香良洲町観光協会 TEL:059-292-3323

★潮見表


スポンサーリンク

高松海岸

三重県の川越町にある高松海岸。

高松海岸は、周辺がコンビナートで囲まれていて、こんな所に自然の海岸が
広がっているとは思えないような感じです。

なので結構穴場になっています。

無料で楽しめるるのでそこそこは人気があるようです。

例年マテ貝やバカガイが採れることでも知られていて、
マテ貝にはドレッシング容器のような
先のとがった容器に塩を一杯に入れて持って行くことをおススメします。

表面の砂をさっとキレイにすくうとマテ貝の穴が現れます。

そこへ塩をシュッとひと吹きするとピョコっとマテ貝が飛び出してくるので
すかさず手で捕まえ、一気に引っ張り出します。

大潮の日の干潮時間を調べておき、干潮の60分から90分まえから掘り始めれば
潮がどんどん引いていき、大潮以外の日より沖まで行くことができます。

掘れる時間も長くそれだけたくさん採れ楽しめます。

ただトイレもないので緑地公園まで行くしかないかもですね。
こども連れにはちょっと厳しいかもしれません。

●時期⇒3月~6月頃
●料金⇒無料
●その他⇒トイレ、駐車場も少ないので駐車禁止じゃないところへの
     路駐でしょうか。

●アクセス⇒近鉄名古屋線「富洲原駅」より徒歩30分。
      伊勢湾岸自動車道「みえ川越IC」から5分

●問い合わせ⇒TEL:0594-25-0611

★潮見表

まとめ

三重県では其の他中ノ川河口、白子河口、白子海岸、楠海岸
堀切川河口、志登茂川河口、安濃川河口等おススメの場所が沢山あります。

どこも手軽に出かけられるのでぜひお出かけくださいね。

スポンサーリンク

-レジャー, 旅行・観光
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サクランボ狩り美味しいサクランボを採るコツ

6月3週の日曜日は「さくらんぼの日」です。 サクランボはあの小さな可愛い粒の中にたくさんの栄養素が詰まっています。 自らの手で摂って新鮮なサクランボを頂くって素敵ですね。 普段はさくらんぼをお腹いっぱ …

潮干狩り千葉県

伊勢神宮へ赤ちゃんを連れて初詣は?参拝にベビーカーでも大丈夫?

私達日本人の心のふるさとともいえる伊勢神宮、 伊勢神宮には一度はお参りしたいところですね。 スポンサーリンク 関連

潮干狩りアサリの正しい持ち帰り方と砂抜きと保存

知ってるつもりで、意外と知らないのがアサリの正しい持ち帰り方と 砂の抜き方そして保存ではないでしょうか。 アサリは採った後の処理の仕方で、味が大きく変わってきます。 アサリを美味しく食べるには、生きた …

梅まつり奈良の賀名生梅林と月ヶ瀬梅渓アクセスとお宿も

四季を愛でる日本人の喜びであるお花見。 その先駆けとしてひとあし早い春の訪れを感じられる、梅の名所 奈良で人気の梅まつり・梅の名所は沢山ありますがおススメは 「賀名生梅林」「月ヶ瀬梅渓」でしょうか! …