amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

レジャー 旅行・観光

潮干狩り道具や服装とお助けグッズは?

初めて、又は久しぶりの潮干狩りで何を持っていいのか悩んじゃうのが
道具と服装じゃないでしょうか。

当日になって「あれを持て来ればよかった、これも必要だった」
何てことにならにように、道具や服装をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

潮干狩り道具

・熊手

潮干狩りと言えば熊手ですね。

三本爪や四本爪の一般的なものから最新型まで種類は色々です。

子供には危険が少ない砂場遊び用やプラスチック製のものが
おススメです。

・クーラー

暑くなってくる時期の必需品がクーラーです。

クーラーを使えば生きたままアサリを持ち帰えることが出来ます。

鮮度を保ったまま持ち帰ることが目的なので、小型の簡単なもので
OKです。

但し、氷や保冷を忘れないようにしましょう。

凍らせたペットボトルでも大丈夫です。

・ペットボトル

アサリの塩抜きには現地の海水を持って帰るのℋがベストです。

そこで用意したいのが海水を持って帰るための空のペットボト。

アサリをヒタヒタに出来るくらいの量(2L~4L)を持ち帰りましょう。

・入れ物

潮干狩り場によっては専用の網が配布されることもありますが
バケツ等でもOKです。

網もバケツもない場合は、コンビニなどのポリ袋で
代用しましょう。

水抜きの穴を開けると使いやすいです。

潮干狩り道具服装

・帽子

春の日差しは紫外線が多く、初夏ともなれば日差しは強烈です。

帽子は必ず被るようにしましょう。

麦わら帽子のような360度ひさしが付いた帽子が理想です。

ない場合はキャプを被ったらタオルで襟足を覆い隠して保護しましょう。

これだけで疲労感が全然違います。

・ジャケット

春先の場合はまだまだ風が冷たく、吹きさらしの風は体力の消耗に
繫がります。

暖かい日でも必ず上に羽織るものを持参しましょう。

又春先は天気が変わりやすく急に雨に見舞われたりすることもあるので、
ウィンドブレイカーやレインウエアを持参することを
お忘れなくね。

・長袖

海辺の気持ちよさからついつい半そでやタンクトップなど肌の露出が
多いスタイルになりがちですが、紫外線による皮膚のダメージと、
日焼けによる体力の消耗を避けるために長袖を着用するように
しましょう。暑くなったら袖をまくればいいので。

・足元

長靴は一度水が入ってしまうと結構気持ちが悪いので、
出来るだけ丈の長いものを選びたいですね。

ビーサンなどでも悪くはありませんが、おススメはウォーターシューズと
靴下です。

これならザブザブと気軽に水には入れるばかりでなく
貝の破片で思わぬ怪我をすることもありません。

又履いたまま車を運転できるのも嬉しいですね。

脱げないものを選びましょう。
簡単に脱げてしまうと安全性が低くなってしまいます。

子供にも最適です。

履き古したスニーカー等でもOKです。

・パンツ

干潟にしゃがんで行う潮干狩りでは、濡れても汚れても気にならない
服装がベスト。

初夏の暑くなる時期には、そのまま水に入れるハーフパンツや
海水パンツが楽ちんです。

特に子供は気が付くと全身ずぶ濡れになったりするので
上下の着替えは必需品です。


スポンサーリンク

あると便利なお助けグッズ

・折りたたみイス

ちょっとした折りたたみイスがあると、足腰に負担をかけず
楽々潮干狩りを楽しめます。

・ゴム手袋

寒い時期は水も冷たく手先まで冷えるので結構つらいですね。

その点、ゴム手袋は水に濡れず手を傷つけることもなく
おススメです。

暖かい時期は軍手でもOKです。

・日焼け止め

顔や腕など日焼けしやすい部分には日焼け止めを塗っておきましょう。

あるとないとでは疲れ方も大違いです。

・バンソウコウ

子供だけでなく、大人も小さな怪我をすることがよくあります。

あると便利と言うより必需品の一つです。

・敷物

忘れると何かと不便なのが敷物です。

着替え時や昼食時などに思った以上に活躍します。

・偏光グラス

太陽の光が海面にキラキラ反射していると
水の中が見えにくいだけでなく、目にも負担がかかります。

あるととても便利です。

アサリの目も見つけやすいですよ。

・新聞紙

汚れた長靴や道具をくるんだり、時には敷物代わりにも。

まとめ

如何ですか。

潮干狩り場に行ってからあれこれ持ってくればよかった
なんてならないように、事前にしっかりチェックして
準備万端しっかり潮干狩りを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

-レジャー, 旅行・観光
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夙川公園の桜おススメスポットは?お弁当は何処で?

スポンサーリンク 六甲の山すそから流れる夙川は 上流から下流まで河川全体が公園として整備されています。 特に、昭和24年に当時の西宮市長・辰馬卯一郎氏の提唱で、 JRのガードから阪急苦楽園口のガードに …

梨狩りに行こう~!

スポンサーリンク こちらで紹介したように 梨には嬉しい効果がたくさんあります。 そんな梨の味覚狩りに行きませんか! 美味しい梨狩りが出来るところのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

伊勢神宮へ赤ちゃんを連れて初詣は?参拝にベビーカーでも大丈夫?

私達日本人の心のふるさとともいえる伊勢神宮、 伊勢神宮には一度はお参りしたいところですね。 スポンサーリンク 関連

醍醐寺の桜 見どころ

京都には桜の名所が数多くありますが、必ず一度は見ておきたい場所は 平成6年12月に世界文化遺産に登録された醍醐寺の桜ではないでしょうか。 スポンサーリンク 関連

淀川河川公園背割堤地区の桜 日程やアクセス駐車場は? さくらマルシェって

スポンサーリンク 京都市の南側・八幡市には、京都でも有数の桜の名所、 淀川河川公園背割堤地区があります。 木津川と宇治川に挟まれた背割堤(せわりてい)には 約250本ものソメイヨシノが咲き誇り、 桜の …