amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

美容

オーガニック化粧品って?安全?皮膚トラブルは起きないの?

オーガニックって聞くだけで良さそうって思いますよね。

「自然」「体に良い」「無添加」って言うイメージが湧いてきませんか。

なので肌にも良さそうって何となく憧れてしまいます。

でもよく調べてみるとオーガニック化粧品=安全と言うことでは
ないようです。

それは何故でしょうか?

スポンサーリンク

オーガニック化粧品って?

オーガニックは農薬や化学肥料を使わない有機栽培のことです。

では、オーガニックコスメは?

日本では「オーガニックコスメ」と表示するための規定は全くありません。

無農薬で栽培された植物エキスをほんの少し使っているだけで、
オーガニックと宣伝している化粧品も沢山あります。

日本でオーガニック認定をする機関は農林水産省(有機JAS認定)ですが、
それは食品に対しての認定だけで、オーガニックコスメに対する認証機関がないのです。

オーガニックコスメかどうか、それをうたい文句にするかどうかは
各ブランドやメーカーの判断に任せられているのです。

ヨーロッパにはオーガニックコスメ認定団体があり、一定の基準を設けています。

■ECOCERT(エコサート)

ECOCERT(エコサート)は、1991年にフランスで設立した、
ヨーロッパを中心として世界各国で認証実績のある、世界最大規模の有機認証機関です。
オーガニック化粧品の制度が確立されていない日本国内でも、
製品に自信を持つ多くの企業やブランドがエコサート認証を求めているようです。

■COSMEBIO(コスメビオ)

COSMEBIO(コスメビオ)は、2002年にフランスで設立された
エコロジカル・オーガニック化粧品の協会で、エコサートの基準を満たした
オーガニック化粧品にコスメビオのロゴをつけることが許されています。

欧米においてコスメビオ協会のロゴマークは、「本格的なオーガニック化粧品」
を意味しており、「オーガニックコスメのスタンダード」とも考えられています。

■BDIH(ビーディーアイエイチ)

2000年に設立された、ドイツの公的機関であるBDIH(ドイツ化粧品医薬品商工会企業連盟)
を母体とした自然化粧品の認定団体です。
化粧品・医薬品に対して、自然原料、環境保護、動物実験などの観点から
厳しい基準が設けられています。

■SOIL ASSOCIATION(ソイル・アソシエーション)

SOIL ASSOCIATION(ソイル・アソシエーション)は、1946年にイギリスで設立された、
有機農産物の検査・認証機関です。
「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という
基本理念を持ち、イギリスのオーガニック製品の約80%がソイル・アソシエーション
の認定を受けているといわれています。

ですが日本では海外のオーガニックコスメ団体の認定を取っているものもありますが、
やりたいようにできるので無法地帯になってる傾向もあります。

オーガニック化粧品のコンセプトは各メーカーで様々です。

少なくとも、有機栽培された植物のエキスがひとつでも配合されていれば
「オーガニック化粧品」として売り出されてる場合もあるのです。

又混同しやすいものに「無添加化粧品」や「自然派化粧品」と言うのもありますね。

【無添加化粧品】

化粧品の全成分表示が義務化される前に表示が義務づけられていた
『旧表示指定成分』が添加されていない化粧品
(旧表示指定成分の「すべて」が無添加であるかは化粧品によって異なります。)

アレルギーの「茶のしずくセッケン」問題が起きましたが、
小麦蛋白は当時なら、配合してあると、表示する義務はないので、無添加です。

今は、化粧品は、入っているものは量の配合量の多いものから順番に、
全部書かなければなりません。

書いてるものは全部添加しているということです。

昔は、103品目が入ってないと無添加と言ったんです。
そして、この、「無添加」というネーミングだけが生き残って、
「無添加=自然で安全」というただのイメージが出来上がりました。

今も、この103品目を入れてないから、無添加という意味でしょうけど、
「茶のしずく」でも予想されるように、103だけが危ないとか、
アレルギーが起きるとかそういうことではないと言うことです。

【自然派化粧品】

自然由来のものを主な成分として配合している化粧品
(自然由来の成分が「主」なものかは化粧品によって異なります。)


スポンサーリンク

敏感肌にはおススメしないオーガニック化粧品

皮膚科のお医者さんがアトピーなどの敏感肌の方に、
「オーガニック化粧品を使いなさい。」と勧めることはありません。

それは、オーガニックコスメによる皮膚のかぶれ、アレルギーなどを起こす患者を
診てきているからだそうです。

皮膚トラブルを起こす原因の大半は「植物エキス」にあります。

オーガニック化粧品は、オーガニックをを宣伝するために、
多くの種類の植物エキスや溶媒を配合していますが、
それが逆に皮膚トラブルの原因になることが多いことがあるのです。

「十何種類の天然植物エキスを配合し、シミがなくなる!」
「腐らない植物エキスの力で、防腐剤がいらないので安全」
「植物幹細胞エキス配合!肌を再生する!」などと、宣伝文言が謳われていますが
すべて薬機法違反の広告で、それに偽りです。

「化粧品原料としての植物エキス」に期待するほどの美容効果は
なさそうです。

反対に、アレルギーなどの皮膚トラブルの原因になる可能性の方が
あるようですね。

食品として安全でも肌に塗る化粧品としては安全と言うことには
ならないのです。

オーガニック認定されていても、契約農家から仕入れた植物であっても、
どんなに新鮮なままであっても関係なく皮膚トラブルは起こります。

気を付けたいのはアレルギーはほとんどの成分で起きるということです。
何しろ人それぞれだから。

オーガニック化粧品や自然派化粧品を購入する際には、
自分の「オーガニック」や「自然派」の基準にその化粧品が当てはまるかどうかを
消費者側がきちんと確認する必要があります。

公式サイトでは薬事法違反で宣伝できない内容なんかも、
ステマサイト(ステルスマーケティング)にはどんどん載せられています。

化粧品の広告が嘘ばかりでステマだらけということを知っている人も多いです。
それでも、皮膚トラブルで悩んでいたりすると、
広告に騙されて購入してしまったという方も大勢います。

わらをもすがる思いの患者を騙すのは、本当に悪質です。

芸能人が使っているように見せて、実際には広告費を貰い
宣伝しているだけなのです。

騙されないで!

例え認証が得られている化粧品だからといっても、過度な安心感を持たないで、
化粧品選びも自身の肌質に合うかをしっかりと見極めることが大切です。

まとめ

オーガニックや無添加や自然派と言う言葉に弱い私達。

その言葉が入ってるだけで安全と思いがちですが、
化粧品は肌に直接つけるものなので気を付けたいですね。

オーガニック成分の中には人によってはアレルギーなどを引き起こす成分も
含まれる可能性があります。

頭からオーガニック=安全と考えずにいかに自分の肌に合うかどうかを
確かめたいですね。

スポンサーリンク

-美容
-, , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シアバタークリームの作り方?アロマで香り付けもその使用期限は?

シアバターはとってもいいって分かってるけど 特に冬場は固まって、急いでるときはイライラしてしまうことも。 そんな時手作りのシアバタークリームがあればとっても便利。 シアバターとは 効果効能は?未精製と …

紫外線どれが怖いの?防ぐための日焼け止めSPFとPAって?

真夏の昼間に1時間紫外線を浴びると、 表皮細胞1個あたり約100万個もの傷ができてしまうのをご存知ですか? 紫外線は3つに分けられますが一体どれが良くないのでしょう。 また紫外線を防ぐ日焼け止めSPF …

ニキビのメカニズムを知って治療と予防をしましょ!

ニキビは青春のシンボルって言われますが、痕が残ることもありますし 出来ないに越したことはありませんよね。 まずはニキビを知って、ニキビのない肌を目指しましょう! スポンサーリンク 関連

飲む日焼け止めの効果はある?使い方は?

服用することで日焼け止め効果が期待できると言うものですが 果たしてどうなんでしょうか? 肌に塗る日焼け止めは、何度も塗り直したり、ベタベタしてしまったり、 とても面倒くさいものです。 かといってサボる …

シアバターとは 効果効能は?未精製と精製済みのものとの違いは?

近年になって高い注目を集めるようになってきたシアバターは 皆さんもご存知かと思います。 優れた効果を持つシアバターのご紹介です。 スポンサーリンク 関連