amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

蕁麻疹その仕組みと原因 予防や対処法は?

蕁麻疹は、全体が平べったく膨らんだり、赤い輪のような形になることがあり
必ず跡かたなく消えてしまうのが特徴です。

蕁麻疹、痒くて痒くて掻き始めたら全身まで広がったなんてことも。

スポンサーリンク

蕁麻疹その仕組み

蕁麻疹が起きる仕組みは大きくアレルギー性のものと、
非アレルギー性のものに分けることができます。

アレルギー性の蕁麻疹の場合は、疑いのある食品や、その食品のエキスなどを使って
皮膚検査、または血液検査により割合い簡単に原因が分かります。

アレルギー性ではない蕁麻疹の場合は
皮膚や血液を用いた検査では原因を明らかにすることができません。

蕁麻疹には、特定の食品や、寒冷・機械的刺激のような
特定のきっかけがあった時にだけ現れるタイプのものもありますが、
多くの蕁麻疹は何日にも亘って症状が現れます。

感染症や疲労などの原因で蕁麻疹が出る場合もありますが、
殆どの場合、その時その時の症状は思い当たることもなく現れてきます。

最初の症状が出始めてから1ヶ月以内のものを急性蕁麻疹
それ以上続くものを慢性蕁麻疹と呼びます。

酷い時は何年も続くこともあるそうです。

蕁麻疹は、皮膚の中の小さな血管が一時的に膨らみ、
血液の中の血漿と呼ばれる成分が周囲に滲み出て皮膚の一部が盛りあがった状態です。

皮膚の血管の周りには、マスト細胞と呼ばれる顆粒が
沢山詰まった細胞がちらばっていて、この細胞が何かの理由で顆粒を放出すると、
血管がその成分に反応して蕁麻疹が現れます。

顆粒の中の物質はヒスタミンと呼ばれるもので、皮膚の血管に働くと血管を広げ、
血漿成分を血管の外に漏れ出やすくします。

またヒスタミンは痒み神経を刺激し、そのため蕁麻疹は痒いのです。

蕁麻疹の原因

蕁麻疹の原因、誘因には色々あります。

急性蕁麻疹や何かの時にいつも現れる等の場合は原因が分かりやすいですが
1ヵ月以上毎日のように出る場合は、7割以上は原因が分からないそうです。

1ヵ月以上続く慢性蕁麻疹の場合は、
自分自身の血液の中に皮膚マスト細胞を活性化する蛋白質が
存在する例があることが明らかにされています。

多くは夕方から夜にかけて現れ、翌朝~翌日の午前中頃にはなくなり、
また夕方から出始めるのが繰り返されるんです。

自覚症状が皮膚だけの場合は、
何ヶ月~何年間もの間症状が続いた後、やがて治まっていくのが殆どだとか。

1.食べ物による

・サバやアジなどの青魚、
・エビやカニなどの甲殻類
・牛乳・チーズなどの乳製品
・豚肉等の肉類
・タケノコ
・穀類、(そば、小麦)
・卵
・アルコール
・食品添加物
・落花生等

いつもは何ともなくても体調が悪い時等に反応することもあります。

2.精神的なことによる

ストレスなど

心理学的な調査によれば、慢性蕁麻疹の人は自分では分からないストレスを
持っていることや、ストレスに対して発散できない傾向があることも報告されています。

毎日のように現れていた蕁麻疹が環境の変化が変わって
全く出なくなることもあります。

3.其の他

・犬猫などの動物
・金属との接触
・薬の副作用
・寒暖差
・太陽光
・汗など

スポンサーリンク

予防や対処法は?

私の場合は顔や頭の髪の毛の中までに出ていました。

何だか唇や瞼がぴくっと感じたら「あっヤバい!」

みるみる唇や瞼が腫れ始めお岩さんのような顔になるのです。

外にはこのままの顔で出ることも出来ずいつもマスクをしなければ
なりませんでした。

そんなことが半年以上続きました。

お医者さんに行ってお薬を頂いていつの間にかでなくなりました。

後になって気が付いたのです。

その頃食事が不規則でした。

と言うのも太ってもないのにダイエットしなくてはと考え
きちんとダイエットするならまだしも、全く食べなかったり、ドカ食いしたり
そんなことを繰り返していました。

で、ある時突然、蕁麻疹が出始めたのです。

そこから中々脱出できず、その時はその不規則な食べ方だとは
気付きませんでした。

毎日きちんと食べることの大切さ、食事の大切さに
気付きました。

それ以来無茶なことはしなくなり、蕁麻疹とも無縁になりました。

蕁麻疹が出ることで身体にとっての危険信号を
教えてくれたのだと思います。

1.ストレスや疲れをためない

ストレスという精神にとっての”毒”をずっとためこみ続けていれば、
いつかは、必ず、あふれ出てきます。

ストレスを発散したり受け流したり上手く自分なりのストレス解消法を
身に付けたいですね。

2.食事の改善

食事は一番大切です。

人の身体を作り上げているのは食べ物によってです。
今一度しっかり食べ物について見直しましょう。

蕁麻疹の症状が出ているときは動物性のタンパク質や油を避けるのはもちろん、
チョコレートや辛いもの、アルコールなどの刺激物は控えましょう。

3.十分な睡眠と生活習慣の見直し

じんましんが出たときには「何をしていた時に発症したのか」
「どのような状況だったのか」を自分でよく考えてることが必要だと思います。

原因不明のじんましんには、生活習慣を見直してみることで、
かゆみがなくなることもあるかもしれません。

又ストレス原因の場合、自分では気づかない過度のストレスに対する
身体からの信号と受け止め、精神のあり方や仕事の内容を
振り返る機会とするのも良いと思います。

まとめ

蕁麻疹の原因は人それぞれ違うと思います。

原因不明の蕁麻疹は身体からの信号と受け止め
生活を見直すいい機会かもしれませんね。

スポンサーリンク

-健康
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手足の冷えを改善するための食べ物って?レシピも!

手足の冷えで夜も中々寝られない、そんな冷え症を改善するおススメの 食べものとは・・・ 食べ物の中にも身体を冷やすものと温めるものがあります。 詳しくご紹介しますね。 スポンサーリンク 関連

紫外線アレルギー症状原因と対策

スポンサーリンク これから暖かくなるに従い紫外線が増えてききます。 そんな紫外線のアレルギーで悩んでる方が少なくありません。 この間まで平気だったのに 年齢や性別に関係なく紫外線アレルギーを発症する人 …

カマンベールチーズが認知症の予防になるってホント?

スポンサーリンク 高齢化に伴い認知症は本人は基よりその家族また取り巻く人々等 社会にもたらす影響は大変大きいな社会問題になっています。 認知症な患者さんは今後ますます増加すると言われています。 元気な …

夏バテ対策に摂りたい食べ物・食材とレシピ

暑い日が続くと、そうめんなど、冷たく喉越しのよい炭水化物だけの メニューになり、栄養不足になってしまいます。 不足しやすいタンパク質をはじめ、汗をたくさんかくと失われるビタミンや ミネラルを十分に摂り …

糖化って どんな影響があるの?糖化しないためには? 抗糖化トップ10

糖化とは、体の中にある糖がたんぱく質と結合し、 AGEs(終末糖化産物)という有害物質に変ってしまうこと。 老化の原因といわれる「酸化」と同じくらい、否それ以上に 今問題視されている作用です。 スポン …