amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

美容

紫外線どれが怖いの?防ぐための日焼け止めSPFとPAって?

真夏の昼間に1時間紫外線を浴びると、
表皮細胞1個あたり約100万個もの傷ができてしまうのをご存知ですか?

紫外線は3つに分けられますが一体どれが良くないのでしょう。

また紫外線を防ぐ日焼け止めSPFとPAって?

おさらいも含めて、基本的な疑問を調べてみました。

スポンサーリンク

紫外線どれが怖いの?

太陽の光線には、私たちの目に見える「可視光線」のほかに、
「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」などが含まれています。

紫外線は英語で「Ultraviolet rays」。

このUltra Violet(ウルトラ バイオレット)を略して「UV」と呼びます。

紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」
に分けられます。

A波(UVA)⇒窓ガラスや雲も通すので曇りの日でも室内でも油断できません。

   波長が長く肌の奥の真皮まで届き活性酸素を発生させます。
     その活性酸素が、DNAを傷つけたり、シワやたるみなどの原因となる
     コラーゲンやエラスチンを破壊します。
     肌の老化の元と言われています。美肌やアンチエイジングには
  
     紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいます。

B波(UVB)⇒肌表面に炎症を引き起こす紫外線です。
     肌表面に活性酸素を発生させメラニンを作り過ぎシミやソバカスの原因に。

     肌表面に火傷を起こしているようなもので肌を傷つけて皮膚がんを
     起こしたり目にも影響して白内障の原因にもなります。

     又紫外線は目からも入りシワやシミ、たるみの原因にもなります。

     最近では目が眩しいと感じただけで日焼けすることも分かっています。

     強い日差しにはサングラスで保護しましょう。

     波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や
     雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量なので
     日傘などを使って直射日光を遮ればある程度防ぐことが出来ます。

     

C波(UVC)⇒地球を覆うオゾン層によって遮られていましたが、
     オゾン層の破壊が言われる中 地球上に届くことが心配です。

   波長が短く、UVA、UVB、UVCの中で最もエネルギーが強いものです。
      人体に起こす影響が最も大きく
      皮膚がんの原因になりやすいと言われています。

スポンサーリンク

紫外線を防ぐための日焼け止め、SPFとPAって何なんでしょう。

PAは紫外線A波(UVA)を防ぐ数値で、+、++、+++、++++の4段階があります。

SPFと言うのは上記のB波(UVB)をブロックする量を表します。

◇PA

・PA+は、紫外線を浴びてから色素沈着を起こすまでの時間を2~4倍に
延ばすことができ、短時間の外出ならこれで十分です。

・PA++は色素沈着を起こすまでの時間を4~8倍に延ばすことができます。

・PA+++8倍以上に延ばすことができ、短時間のレジャーなどにも大丈夫です。

・PA++++は、炎天下でのレジャーやマリンスポーツをするときでも効果的です。

+の数で効果が違うので目的別に使用されるといいですね。
汗や服などで折角塗った日焼け止めが落ちてしまうため2~3時間ごとに
ムラなく丁寧に塗り直すことが大切です。

◇SPF

紫外線A波(UVA)を防ぐ数値になります。

効果の強さを表す数値とは違い、効果が持続する時間を表す値です。

SPF1ごとに15分~20分ほどの効果があるとされています。
SPF50では12時間~16時間くらい効果があるということになります。

普段の生活なら5時間~7時間余くらいの効果がある
SPF20~30の日焼け止めをこまめに塗り直せば
十分に紫外線をブロックすることができます。

まとめ

私たちはいつでもどこでも太陽や紫外線と関わりあって
生きていかなければなりません。

浴びすぎるのは厳禁ですが、紫外線は全く害ばかりではありません。

日焼け止めなどを駆使しながら上手に紫外線と付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

-美容
-, , , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

80歳になっても美肌でいるための習慣は?

スポンサーリンク 肌が美しいのは全女性の願いです。 歳を重ねても肌が美しい女性はきっと今迄何かこだわりを持ち 又努力してきた結果なんだと思います。 どんなこだわりがあったか気になる処です。 私たちもお …

秋の肌トラブルって?どうして乾燥するの?解消するには?

6~8月の暑さから少しホッとできる季節になると今までそれほど 感じなかった肌のトラブルが気になり始めます。 酷くならないように今からケアしておきましょう。 スポンサーリンク 関連

飲む日焼け止めの効果はある?使い方は?

服用することで日焼け止め効果が期待できると言うものですが 果たしてどうなんでしょうか? 肌に塗る日焼け止めは、何度も塗り直したり、ベタベタしてしまったり、 とても面倒くさいものです。 かといってサボる …

もう干しブドウ酢作りました?効果はホント?

子供の時ってレーズンそう干しブドウ嫌いじゃなかったですか? 私はとっても嫌いでした。 でも大人にってレーズンパンをトーストして食べた時からです、 大好きななってしまったんです。 今ではサーティーワンの …

成人式に痩せて美しく見えるポイント3つ

スポンサーリンク 成人式は懐かしい人達に会えるイベントでもありますね。 だから余計少しでも素敵な自分になっていたいと思いますよね。 今からだとクリスマスやお正月などイベントも多く 食べ物への誘惑も多い …