amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

何とかしたい夏の汗!汗の種類そして対策は?

夏の汗何とかしたいですね。

これからムシムシの梅雨や夏を迎え汗をかくことが多くなる一方
エアコンがきいたオフィスや家の中で一日中過ごし
汗には縁のない方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもやっぱり夏は汗と無縁ではありません。

何とか同じ汗でもいい汗をかきたいものです。

汗の種類とその対策についてお話します。

スポンサーリンク
  

汗の臭い

汗は皮膚にある汗腺から分泌されます。

汗は99%が水分です。後はミネラルと乳酸塩と尿素が含まれてます。

汗のにおいは体の中から出てくるので、
身体の汗を洗っても根本的には消えません。

汗腺には特定の部位に存在するアポクリン腺、
ほぼ全身に分布するエクリン腺そして皮脂腺の3つがあります。

このうちエクリン腺から出る汗は、汗の水分の蒸発によって体の熱を奪い、
体温を一定に保つという大事な働きをしています。
エクリン腺は1日約1リットル、
真夏やスポーツ時などでは3リットルもの汗が分泌されます。

アポクリン腺から出る汗は、精神の緊張などによるそうですが、
その働きはよくわかっていません。

汗には大切な働きがありますが、汗をかいたまま放置しておくと、
ニオイや、肌への刺激になったりもします。

サラサラ汗 ベタベタ汗の違いなぜ?

サラサラ汗になるのとベタベタ汗になるのは
汗腺が正常に働いているかどうかで決まるようです。

「ベタベタ汗」は、ミネラル分が汗として出てしまっていることが原因です。

汗腺は、血液に含まれている大切なミネラルを
体内にとどめる働きをしますが、

冷房が効いた部屋で長時間過ごしていると
その汗腺の働きが悪くなり、大切なミネラルも
汗と共に外に出てしまうのです。

ですから汗が乾くと、肌表面に残ったミネラルが原因で
汗がベタベタとしているように感じます。

汗は、体温調節のために欠かせない大切な役割。
やはりサラサラしたいい汗をかくようしにしたいものですね。

そのためには汗腺を鍛えることが必要ですね。
あまりエアコンの温度は下げすぎないよう注意
したいものですね。

汗の臭い対策


普段エアコンなどでアセをかかない生活を続けると
汗腺が衰えて、この衰えた汗腺から臭い汗が出るそうです。

普通は汗腺はミネラルとにおい成分を血管に再び戻して、
水分が主体の汗を出すので、無臭です。

汗腺の働きがが衰えると体臭の成分やミネラルを
戻さず水分と一緒に出してしまうので汗が臭ってしまう
と言う事にになるようです。


身体を洗うと清潔になって臭いもしないのではと思いますが、
体を洗いすぎると良い菌も一緒に洗ってしまい
雑菌を増やし却って臭くなるようですね。

石鹸をよく泡立て素手でやさしく洗うと良いそうです。


欧米人は日本人に比べて体臭が強いと言われますが
原因は食生活にあって、高脂質高たんぱく質の食事を
摂りすぎる結果のようです。

日本人は魚や大豆、野菜が主体の日本食の為体臭も少ないようですが、、
最近は食生活も段々変化してきているので、
見直してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク


腸内に善玉菌が多いと臭いが少なくなるので、
善玉菌が増えるように乳酸菌の入った飲食物を摂取すると
いいかもしれません。

腸内環境が良好であればニオイも発生しないと言います。
善玉菌が食べ物を分解すると
二酸化炭素など臭わないものになります。

悪玉菌が分解すると、インドール・スカトールや
硫化水素やアンモニア等の臭いが発生し
これらが腸から吸収されて口かれ出れば口臭の原因、
体から出れば体臭の原因になる可能性があると言われています。

汗と老廃物

運動をした後やサウナ、岩盤浴等
汗をかいた後は身体から老廃物が出て、
すっきりした感じになりますね。
でも、「汗をかくこと」が「老廃物の排出」になる訳ではありません。
汗で老廃物がまったく出ないというわけではありませんが、
老廃物の多くは尿や便から排出されます。

汗をかいた後に感じるすっきり感は、
体温が上がって代謝が良くなることでの爽快感であることのほうが
多いと思います。

でも代謝が良くなることは結果尿や便通も
良くなり老廃物も排出されるということなので、
運動による汗はとてもおススメです。

汗の肌への負担とその対策

汗をかくことで肌への負担はどうでしょうか?

汗を掻くのは身体や肌のためにいいことですが、
汗をかいた後の対処が大切です。

かいた汗をそのまま放っておくのは
肌にとって非常にダメージを与えてしまいです。

汗に含まれた塩分で肌に炎症やかゆみを起こしたり、
雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
また、汗をそのまま放っておくと、肌がアルカリ性にかたむき、
少しのことでダメージを受けてしまいます。

汗をかいた時には、タオルやハンカチでゴシゴシと顔を擦らずに
優しく押さえることが大事です。

特に汗がひどいときは、出来るなら一度顔を洗って
スッキリしましょう。

起きたら汗びっしょり…の対策

夏になると寝苦しい夜が続きます。
朝起きたら汗でびっしょりなんてことも・・・

こんな朝はシャワーを浴びてさっぱりしてから身支度をしたいですが、
シャワーを浴びたことで、逆に汗が噴き出してしまい
身支度が大変、という人もいるのではないでしょうか。

そんな寝起きのベタベタ解消に、ホットタオルがおすすめです。
首や鎖骨、わきの下、足の指の股など汗が気になる部分を拭くだけで
さっぱりします。

時間もかかりませんし、必要以上に体温を上げることもなく、
熱めのタオルで拭くことで血行を高めつつ、
拭いた後はすうっとして涼しい。
忙しい朝にぴったりです。

どうしても汗が引かない場合は、首の後ろを保冷剤などで
冷やすのも効果的です。

また、寝るときのエアコンのタイマーは、
低温でで1~2時間設定し、又タイマーを付け直すやり方より
少し高めに設定し、タイマーは明け方までのするのがおすすめ。

その方が電気代もかかりませんし。

まとめ

これからの季節、私たちにとって汗は切っても切れない関係ですね。

少しでも爽やかな汗を掻いて
ニオイからもシャットアウトできるよう
汗腺を鍛えないといけないようです。

筋肉や脳を鍛えるように汗腺も鍛えないと
サラサラ汗を手に入れられないんですね。

何事も怠惰ではダメっていうことかしら。

スポンサーリンク

-健康
-, , , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザ 子供の異常行動って? 特に起きやすいのは?対処法は?

子供のインフルエンザの症状で気になるのは、異常行動による危険ですよね。 過去にはタミフルを服用することで異常行動が起きるのでは、とされていましたが、 現在は、他のイナビル、リレンザなどの抗インフルエン …

赤ちゃんの日焼け止めは必要?安心して使える日焼け止めは?

これからどんどん紫外線が強くなっていく中、私達大人にとって 日焼け止めは必須アイテムです。 赤ちゃんはどうなんでしょうか? ママにとってとても気になるところですね。 スポンサーリンク 関連

筋肉は健康に役に立つってホント?健康寿命を延ばすには筋肉が必要なの?

長生きをしても寝たきりでは仕方なくやはり健康で長生きが 皆の願いであるはずですね。 健康で寿命を全う出来るためには筋肉が大切だと分かってきました。 今日は筋肉のお話です。 スポンサーリンク 関連

二日酔いになりにくい飲み方 飲む前と飲んでる時と飲んだ後の注意すること

二日酔いになりにくい飲み方って、ないのかしら……? お酒は楽しくそして翌日の目覚めはスッキリこうありたいものですね。 そのための飲み方のレクチャーです。 スポンサーリンク 関連

インフルエンザ B型 1シーズンに2回もかかる?A型と同時に感染する?予防接種は?

インフルエンザB型については こちらで で紹介しています。参考にしてみてくださいね。 今回はA型とB型と同時に感染することはあるのか?1シーズンに2回も かかることはあるのか?と予防接種についてのご紹 …