amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

イベント

万博記念公園桜まつり2018トイレや授乳室は?ライトアップやイベントの情報も

甲子園球場の約65倍の広さ、約260ヘクタールの広い敷地の万博記念公園の桜は
「桜の名所100選」にも選ばれ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ、シダレザクラなど
9品種、約5500本もが植えられていて、それぞれ種類によって点在していて
見事です。

今年も見事な桜が咲き「桜まつり」の開催が楽しみです。

スポンサーリンク

万博記念公園の桜まつり2018

毎年、桜まつりが3月25日~4月9日頃に開催されます。

ソメイヨシノが半数を占めていますが、沖縄地方でよく見られる紅赤色で
華やかな寒緋桜(カンヒザクラ)や、
4月と10月頃の年2回開花すると言われる十月桜(ジュウガツザクラ)など
珍しい桜も「桜まつり」の期間に観賞できます。

東大路一帯のソメイヨシノは見応え十分で、昨年は4月7日が満開でした。

この一帯には屋台も沢山出店して多くのお花見客で大変な賑わいですが、
広大な敷地なので、十分シートを広げてお弁当を食べることが出来
ますよ。

開催地:自然文化園(万博記念公園)
    〒565-0826 吹田市千里万博公園

料金: 大人 250円
小中生 70円

問い合せ:万博記念公園総合案内所
      06-6877-7387

万博記念公園の桜まつり2018トイレや授乳室は大丈夫でしょうか

乳児を連れたママや車椅子の方用のトイレや授乳室気になりますね。

★ベビーカー・車椅子の貸し出しが3カ所に用意されています。

・中央口
・自然文化園全ゲート
・日本庭園正門

★トイレ(車いす利用の方・赤ちゃんを連れてる方・補助犬同伴の方)に
対応のトイレは下記にあります。

★授乳室は5カ所用意されています。

●自然文化園の授乳室

・中央休憩所⇒入口を入って左側

・自然観察学習館⇒館内入口を入って正面

・遠見の丘トイレ⇒トイレに併設(女子トイレの横)

・日本庭園前ゲート⇒ゲート建物に併設(園内側から見て左側奥)

●日本庭園前ゲート

・日本庭園⇒正門を入って右奥(トイレの前)

乳児を連れたママや家族の方車いすの方も安心してお花見を楽しんでくださいね。

イベントは?

桜まつりの開催中イベントも沢山行われます。

花より団子!?全国うまいもん大集合!!

ガレージセール in 万博記念公園

全国大陶器市

昨年はこの陶器市でブドウ柄の大皿を購入しました。
お家で大活躍しています。

バーベキューコーナーがあります

万博公園にはバーベキューコーナーがあり、桜まつり期間中は夜間(18時から20時30分)も
利用可能となります。3ヶ月前の1日から予約可能です。

屋根がありますしコンロ、網、炭火も用意されているため、
食材と食器を持って行くだけでバーベキューを楽しむことができます。

お花見、夜桜見物とともにバーベキューを楽しみたい方におすすめです。

●手ぶらでバーベキュー(予約制、当日受付あり)

食材等すべて用意してもらえます。1人前1,680円。

場所: 東大路(EXPO’70パビリオン前)
問合せ:
株式会社神戸ゴマルゴ
TEL:072-623-6593

●常設バーベキューコーナー (完全予約制)

常設バーベキューコーナーは完全予約制です。

場所:バーベキューコーナー(サイクルボート横)
問合せ: 万博バーベキューコーナー
TEL:06-6875-5503

※こちらは食材の提供はないのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

ライトアップは?

「桜まつり」期間中、開園時間を21時まで延長し(入園は20時30分まで)、
太陽の広場から東大路へと続く「桜のライトアップ」も開催されます。

ライトアップは青、緑、赤の3種類の光源を使い色の変化を与え、
より幻想的な桜の美しさを演出します。

日中の華やかな桜、ライトに照らされた艶やかな夜桜、どちらも見応え十分!

美しいですね。
又東大路には屋台が並ぶので夜桜とお祭り気分も味わえます。

アクセス

アクセス:大阪モノレール
     「万博記念公園」駅で降りれば、目の前が万博です。

お花見でお酒を飲むチャンスもアリです。
公共交通がおススメです。

駐車場

万博公園を囲むように、

東駐車場
西第一駐車場
南第一駐車場
南台二駐車場
中央駐車場
日本庭園駐車場

合計6ヶ所、総収容数4378台分の有料駐車場があります。
乗用車は、平日800円、土日祝日は1200円です。

★駐車場

まとめ

お花見の為のお花見のような完璧なお花見を体験できそうですね。

是非桜咲き乱れる万博記念公園の桜まつりにお出かけください。

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神田古本まつりって? 誰でも楽しめるの?アクセスやトイレマップも!

読書の秋がやってきます。 読書離れと言われる昨今ですが、神田古本まつりは 毎年50万人もの人が訪れる世界一の規模を誇る古本市です。 神田古本まつりは、毎年10月27日~11月9日の読書週間に合わせた日 …

土浦全国花火競技大会 2017年 穴場や抑えておくべきポイント

土浦全国花火競技大会は 日本三大花火大会 ・全国花火競技大会大曲の花火(秋田県大仙市) ・土浦全国花火競技大会 (茨城県土浦市) ・長岡まつり大花火大会 (新潟県長岡市) の1つです。 全国の花火師た …

昭和記念公園 イルミネーション アクセスや入り口は?見どころは

スポンサーリンク 東京立川市と昭島市にまたがり東京ドーム約40倍の広さがあるという 国営昭和記念公園は四季折々の花や木々に溢れ私たちの目を 楽しませてくれています。 昭和記念公園では毎年恒例の『Win …

卒園式や入学式のママの服装一着で着回しのテクニック

卒園式や入学式を控えたママ、ご自身の服はもう決まりましたか? 最近の服装は一段とカジュアルになり普段スーツなど着るチャンスは 殆どないと言ってもいいかもしれません。 入学などの時は色々と出費もかさむ為 …

五山の送り火の前日、京都の洛北で「花背の松上げ」が行われます

松上げ(まつあげ)は京都~丹波~若狭(若狭街道)の洛北山間部に 伝わり、花背の松上げ以外は大体は8月24日の地蔵盆に行われる火祭りで、 「松上げ祭り」「松上げ神事」とも呼ばれ、地域によっては 上げ松と …