amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)経過私の場合

胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)に気を付けましょうと書いた端から
胃腸風邪にかかってしまいました。

やっと食欲も出てきて回復しましたがえらい目に遭ったという感が
強いです。

予防接種してるのにインフルエンザにもかかったこともありますが、
胃腸風邪(感染性胃腸炎)は想像を絶するきつさでした。

こんな経験は二度としたくないですね。

治るまでの経過を記そうと思います。
参考になればいいですが…

胃腸風邪についてはこちらにも記しています

スポンサーリンク

胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)にかかってしまいましたその経過

土曜の夕食に久しぶりにお酒を頂いていい気分になったのもつかの間
何だか気分が悪くなってきたので
「まだそんなに飲んでないのに悪酔いしたのかな…
暮れからお正月にかけて忙しかった疲れが今頃出て悪酔いしちゃたのかしら」

なんて思ってるとどんどん気持ち悪くなってきて
トイレに駆け込みせっかくの御夕飯を戻してしまいました。

これが事の始まりでした。

これですっきりしたって思い、又食卓に戻るとホンの5分くらいで又気分が悪くなり
今度はお腹も一緒に痛くトイレに駆け込みそこから
大変な事態が始まりました。

もう強烈上からと下からと同時です。

その間苦しみを忘れたいためもあってウトウト…又気分悪さで
目が開き、ここで吐き下したら絶対ダメとの思いだけで起き、
口を押えトイレに行くのも必至…這いながらたどり着き又上下から…
トイレに座り手には洗面器をもって…

「これはノロウイルス」
って頭を過ぎりましたが、ノロに感染した覚えは全くなく
貝類も食べてないし生ものも食べてない、ノロではなさそう
これはノロ以外の胃腸風邪(感染性胃腸炎)に違いないと感じました。

トイレに行くたびにもうろうとしながらも
「夫にうつしてはいけない」一心で
トイレと洗面器を消毒、自分の手も消毒、手はタオルではなく
ペーパータオルで拭きました。

でもノロならこの消毒液は効かないかもと思う気持ちもありましたが
この消毒液はノロにも効くって書いてあったし、選んで購入した消毒液だし…って
気分最悪の中でも考えました。

脱水症状が怖いと思いましたが、兎に角それどころではないのです。

もう苦しくて苦しくてもう戻すものも下すものもなくても
お構いなし…

脱水症状が怖いのでポカリスウェットを飲みましたが、受け付けません。
あの少しの甘さが受け付けないのです。

胃腸炎の経過は、「お腹に入り込んだウイルスを体の外に出してしまうまで」
と言うことなので吐き下しを止めるわけにはいきません。

冷たいお水を口を濡らす程度飲んで、ウトウト寝てしまい
治まったかなと思いましたが、夜中も何度か起き
翌日になりました。

翌日は日曜なのでお医者さんはお休み。

救急も途中で気分悪くなったりトイレ行きたくなる可能性も大で
行く気持ちになりません。

兎に角水分を摂ることが先決だと考えました。

それで水分が収まるようになったら明日の月曜にはお医者に行こうと考えました。

月曜になり、丁度その日近くの姉の家を3週間ぶりに訪問予定だったので、
行けないことを知らせないと
と思っているとタイミングよく姉から電話があったのです。

何と私と1日違いで姉も胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)
にかかって断りの電話だったのです。

ホントに同時にかかっていてびっくりでした。
姉はお医者さんで点滴してもらったとのこと。

でもお医者さんは「出すものは出し、治療は水分補給しかないので
水分さえ摂れば点滴もしなくていいのだけど」と言われたとか。

姉は点滴をしてもらったようでしたが…

それを聞いて、やはり水分摂らなきゃ、後はプリンやゼリー、アイスクリームも良い
とブログにも書いたように喉越しのよいものからTRYすることにしました。

月曜は吐き下しもなくくなりましたがまだ吐き気が止まりません。

食欲は全くないのでポカリスエットを少しずつ飲みアイスクリームも
少しずつ食べました。

スポンサーリンク

お医者に行きました

やっとお医者さんに行く気力が出はじめたので、お医者さんに行き
脱水症状気味だということで点滴を受けました。

検便もしないで
「胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)ですね。脱水症状にならないように
水分を補給して下さい。後ゆっくり静養して下さい」
とのこと。

水分がちゃんと治まり温かいおうどんが入りました。
でも中々食欲が出なくてその間はゆっくりして過ごしました。

少し食欲が出て普通に食べられるようになるまで1週間かかりました。

夫にはうつりませんでした。
ノロウイルスではないことだけは確かだと思います。
ノロだと確実にうつっていたと思いますから。
それだけは良かったと胸を撫で下ろしています。

この一週間地獄のような苦しみを味わいました。
インフルエンザの方がまだましだとさえ思いました。

胃腸風邪にかかった時は苦しくても吐き下しを止めないこと
脱水症状にならないように水分を兎に角摂取すること
5~7日には段々と回復してくるので消化の良いものから食べるようにすること
子供やお年寄りはお医者さんに見て頂きましょう。

まとめ

まさか胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)になるとは思っていませんでした。

神経質なほど手を洗い消毒にも気を付けていると自負していたので…

お医者さんに行ったのは結局一度きりでした。

皆さんも十分に気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

-健康
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋肉は健康に役に立つってホント?健康寿命を延ばすには筋肉が必要なの?

長生きをしても寝たきりでは仕方なくやはり健康で長生きが 皆の願いであるはずですね。 健康で寿命を全う出来るためには筋肉が大切だと分かってきました。 今日は筋肉のお話です。 スポンサーリンク 関連

五月病の症状とならないための予防と対策

「五月病」よく耳にしますね。 「五月病」って何なのって言うところから症状、ならないための予防や かかってしまった時の対策などお話させて頂きますね。 スポンサーリンク 関連

夜中、寝ている時の「こむら返り」の原因は?普段足がつるのとは違うの?対処法は?

寝ている時に「こむら返り」で足がつるのは 普段足がつるのとは違った原因があるようです。 原因は何か、又なってしまったとき少しでもあの激痛を 和らげ、治す対処法をお伝えします。 スポンサーリンク 関連

糖化って どんな影響があるの?糖化しないためには? 抗糖化トップ10

糖化とは、体の中にある糖がたんぱく質と結合し、 AGEs(終末糖化産物)という有害物質に変ってしまうこと。 老化の原因といわれる「酸化」と同じくらい、否それ以上に 今問題視されている作用です。 スポン …

二日酔いになりにくい飲み方 飲む前と飲んでる時と飲んだ後の注意すること

二日酔いになりにくい飲み方って、ないのかしら……? お酒は楽しくそして翌日の目覚めはスッキリこうありたいものですね。 そのための飲み方のレクチャーです。 スポンサーリンク 関連