amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

入学祝いお返しはいらないってホント?贈ってくれた方を不愉快にさせないマナー?

今年入学されるお子様をお持ちのご両親は子供の成長に
ひとしお感慨深い思いをされていることと思います。

友人やご親せき、ご両親等から愛情いっぱいのお祝いを
戴いたことでしょう。

そのお返しはどうすればいいか迷ってるあなた
これできっとスッキリすることと思います。

スポンサーリンク

入学祝いお返しはいらないってホント?

何か頂いたらお返しをするというのが日本人としての習わしになっています。

ですから子供にお祝いを頂いたのなら何かお返しをと思うのが
極一般的な気持ちだと思います。

だのに入学祝いお返しはいらないって耳にしますが
それってホントなのでしょうか?

日本人としてそれは非常識なんじゃないかしらって
不安に思う方もいらっしゃることでしょう。

でもホントです。

なぜお返しはいらないのでしょう。

入学祝いと言うのは収入のない子供に贈るのでお返しはしなくていいと
考えられているからです。

う~ん成る程と思われたあなた、でも世間はそう単純なものではありません。

根底にあるのはやはり頂いたものには
お返しをと言う精神だと思います。

贈ってくれた方を不愉快にさせないマナーは?

まず一番大切なことは
戴いたことへの感謝を伝えることです。

資金力のない子供への
お祝いだから返さなくてもいいと言うのは子供が何かを購入して
お返しするのは無用という意味で
感謝の言葉は子供でもきちんと言えるはず。

子供から頂いた方へ有難うの電話やお手紙を書きましょう。
これは頂いたらすぐに実行しましょうね。

きっと何よりも喜ばれることでしょう。

スポンサーリンク

次に入学のお返しと言うのは「内祝い」と言うことですね。

「内祝い」と言うのはお祝い事の喜びを皆さんと分かち合う為の
贈り物と言うことでもあるので
お祝いを下さった方へこの喜びを分かち合ってくださいと
お返しを贈るというのもあるのかなって思います。

入学祝いお返しはいらないと言うのは原則みたいなもので
お返しをしてもそれがマナー違反になる訳ではありません。

贈って下さった方にお子様がいればお互いさまと言うことで
贈って下さった方のお子様が入学されたとき入学祝いを
差し上げれば十分だと思います。

それに戴いたものが現金であれば親が管理するわけで
親が頂いたようなものですね。

 それなのに、全くなにも返さないというのは
何か借りが出来たようでスッキリしないように思ってしまいます。

私的には先にも言いましたように「内祝い」をしたいと思います。

お子様からのお礼のお手紙や戴いたものを持ってる写真等を
添えれば最高ですね。

まとめ

子供の節目でもある入学祝い。

皆から祝福されて幸せですね。

入学祝いのお返しは原則いりませんが、
最善と思われる方法を選び後々後悔しないようにしたいものですね。

感謝の気持ちだけは必ず伝えましょうね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お中元の由来って?一般的な相場、贈る時期や内容はどうなんでしょう?

スポンサーリンク お中元は夏のご挨拶ですね。日頃お世話になっている方々に 品物を贈って感謝の気持ちを表します。 毎年お中元の時期なると、お中元を贈らなきゃあと思って機械的に 贈ってませんか? 一度原点 …

ラッシュガードって?効果や選び方は?

ラッシュガードっていう名前を聞いた時ラッシュアワーをガードできる 何かのアイテムかなって思いました・・・ 全然違いましたが、UV対策と知って納得したと同時に時代の流れを 感じました(笑) スポンサーリ …

スズメバチに注意!スズメバチっていきなり刺すの?被害に合わない為に気を付けることは?

行楽シーズンの秋は、スズメバチが攻撃的になる時期と重なって 刺される被害が相次ぎます。 今年も公園にいた人たちが襲われる被害が出ています。 被害に合わないためにはどうすればいいのでしょうね。 スポンサ …

大掃除 外せない網戸は?サッシのレール掃除も一緒に!

網戸を外せたら思いっきり洗えて楽だしスッキリ、キレイになるのに って思ってませんか? マンションなどの場合外せても洗う場所がないって場合もあるかと思います。 外せない網戸はどうやったらスッキリ、キレイ …

クリスマスローズ 由来 花言葉に隠された意味

スポンサーリンク クリスマスローズ、なんてロマンチックな名前なんでしょう。 この時期お花屋さんや園芸店でよく見かけます。 今回はクリスマスローズに因んだお話です。 スポンサーリンク 関連