amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

美容

花粉症肌荒れの症状と予防と対策 

花粉症と言えば鼻や目などの粘膜に花粉がついてアレルギー反応を起こし、
かゆくなったり鼻水が出たりクシャミが出たりするのが一般的な症状ですね。

最近ではそれだけではなく、顔全体がかゆい、赤くなったり肌がガサガサしたりする、
顔が浮腫んだように腫れぼったくなる……といった肌荒れに悩む人が増えています。

そんな状態を少しでも改善するにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

花粉症肌荒れの症状は?

花粉症の時季に起こる肌の炎症を「花粉皮膚炎」と言って
花粉が肌に付着することにで皮膚炎を起こしてしまいます。

例えば顔中痒く、目の周りが特に酷くカサカサしたり
他にもニキビ跡のような赤いポツポツが出来たり、毛穴が目立ったり、
いつも使っている基礎化粧品を使用しても顔中ピリピリしたり…
痒いので無意識に目の淵を擦ったりもしてしまうので、シミにならないかと
心配になりますね。

又かゆみや赤みは出ないけれど、皮がむけてしまうという人もいるようです。

いずれも、花粉の季節だけこのような症状が出る場合は、
花粉症皮膚炎の可能性が考えられますね

その上鼻水や目のかゆみもなく、花粉症の自覚がない人でも、
花粉が原因で肌が荒れることがあるそうなので注意が必要です。

症状としては、主に、顔や首など、肌が露出している部分がかゆくなります。

特に、目のまわりや首のかゆみには注意が必要です。

花粉症の肌荒れの場合

鼻唇溝周辺が荒れるというのと

・「鼻をかみすぎて、鼻の頭がひび割れて出血する」
・「かゆくてかいてしまい、目のまわりがごわごわになる」

顔全体から全身の肌が荒れるという場合は

・「乾燥がひどくなり、粉を吹いたようになる」
・「乾燥で皮膚がはがれたり、かゆくなった」等

鼻唇溝周辺が荒れる場合なら荒れた部位の保湿
こすることを避けるために軟らかいティッシュに変えたり
あるいはタオル地のものを使うなどの工夫で対策できますが

顔全体から全身の肌が荒れるという場合は問題は少し深刻ですね。

花粉症肌荒れ予防としては

花粉の時期は気候や温度変化が大きいので乾燥しがちな上
3月頃からは紫外線量も増加してくるため、お肌への負担が大きくなり
皮膚のバリア機能が低下してしまうのです。

と言うことは、皮膚のバリア機能が低下しているところへ
花粉が肌に付いて、水分を保つことができなくなり、
乾燥肌の状態になってしまうリスクが上がり
「花粉皮膚炎」を引き起こしてしまうのです。

ですから、乾燥肌の予防や改善を花粉が飛ぶ前からしっかり意識し
花粉が何より、皮膚につかないよう努力をしなければならないことが大切です。

マスクやサングラス、帽子などを着用し
その上にできるだけ肌の露出を控えることが予防につながります。

全く花粉を付着させないことが難しいのなら、付いたものを素早く落とすようにするしか、
方法はないようです。

外から帰ったらできるだけ早くメイクを落とし、洗顔するように習慣づけましょう。
敏感肌の人は、手洗いうがいに加えて、洗顔まで終わらせて一段落する、ということを
毎日の目標に決めましょう。

慣れるとしなければ気持ち悪くなってきます。
こうなればシメタものです。

洗顔の方法にも細心の注意が必要です。

花粉をしっかり落とそうとするあまり、力を入れてゴシゴシするのは危険です。
手の力を強くするのではなく、洗顔料をしっかり泡立てる、隅々まできれいに洗い流す
といったことに神経を集中させましょう。

また、マスクをすることは、鼻の症状を抑えたり、
肌が外気にさらされるエリアを狭めるためにも、有効なことだと思われます。

ただ、マスクを毎日使い続けると、敏感肌の人の場合、それ自体の摩擦が肌への刺激となり、
かぶれやかゆみ、湿疹の原因にもなりかねません。

できるだけ肌触りの良いマスクを選び、帰宅後は、普段より一層入念に
保湿ケアをしたいところです。

メガネも、万全を期すなら90%程度花粉を遮断するゴーグルを使いましょう。
え~ゴーグルって思う方もいるかと思いますが
最近では、機能性もさることながらおしゃれなゴーグルもあり
又花粉対策用メガネも沢山出ているので気に入ったものを選ベます。

花粉 ゴーグル 花粉対策メガネ 513

コンタクトの方も花粉を防ぎたいならメガネの方が安心です。

コンタクトレンズと結膜の間に花粉が入ると、摩擦で目の炎症を起こすリスクがあるからです。
花粉の飛散の時期だけでも、メガネに変えることをおススメします。

皮脂が少なく乾燥している部分に症状が出やすくなるので、
保湿を心がけることも効果的です。

その時期には新しい化粧品を使うことを避け、使い慣れたものを使うことが基本です。

又身体を洗う際の石鹸の選び方や入浴直後の保湿も大切になってきます。

スポンサーリンク

花粉症肌荒れになった場合の対策

只予防していても症状が出てしまったなら
セルフスキンケアだけで治すのは困難です。

自分で治そうとしてこじらせてしまう危険性も大いにありそうです。

もし肌に異変を感じたら、早めに皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

また、かゆくてもかきむしらないように注意してください。
かいてしまうと、治るのにも時間がかかってしまうし、傷や色素沈着など、
肌の二次トラブルになりかねません。

キレイに治すためにも、かゆくても触らないようにして、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では綺麗に治すための処方を必ずしてもらえるので
安心して受診してくださいね。

まとめ

花粉が原因の肌トラブルは花粉症の自覚がない人でも
起こる可能性があることに驚いてしまいました。

しかも症状は決まってなくて、赤くなる、かゆくなる、乾燥するなど、さまざまみたいですね。

「わたしは花粉症じゃないから」と安心している人も、
花粉の時期は特に、肌の変化に気を付けていたほうがよさそうですね。

そして、症状が見られたら迷わず皮膚科へ。
正しい処方をして、美しい肌を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

-美容
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シアバターとは 効果効能は?未精製と精製済みのものとの違いは?

近年になって高い注目を集めるようになってきたシアバターは 皆さんもご存知かと思います。 優れた効果を持つシアバターのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

重曹で歯のホワイトニングってホントに出来るのかな?

スポンサーリンク 重曹は掃除やお鍋の焦げ付き取りに重宝しますね。 その重曹が歯磨きや歯のホワイトニングに良いということなんですが 実際はどうなんでしょうか? 実際どの程度効果があるのか気になりますね。 …

秋になると肌が乾燥してかゆーい!痒み、悪のサイクルって? 痒み対策は?

夏の間は高温多湿な日本の夏のお陰で(!?)肌は常に 汗か脂か・・・で潤っていてましなんですが、もう秋の気配を 感じ始めるといけません。 痒い! 秋になると肌が乾燥して痒い! 秋は空気が乾燥して湿度が低 …

ニキビのメカニズムを知って治療と予防をしましょ!

ニキビは青春のシンボルって言われますが、痕が残ることもありますし 出来ないに越したことはありませんよね。 まずはニキビを知って、ニキビのない肌を目指しましょう! スポンサーリンク 関連

日焼けに効く食べ物と思っていたら日焼けしやすい食べ物だった!注意が必要です!

日焼けや美白が気になって、日焼け止めクリームを塗ったり、 帽子や、日傘、サングラス等でケアされてる方は多いと思います。 日焼けや美白にはそれは大事ですね。 でも、内側からのケアはもっと大事です。 食べ …