amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

イベント

修二会って?奈良東大寺お水取りやお松明って言うのは?

奈良だけでなく関西では東大寺のお水取りが済まなければ
春が来ない、お水取りが済んだらいよいよ春だと
言われています。

お水取りは修二会とは違うの?
そんな素朴な疑問があります。

今回はそんな素朴な疑問から修二会って?という疑問を
説明したいと思います。

スポンサーリンク

修二会って?

修二会は東大寺二月堂で行われます。

修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言うそうです。

十一面悔過とは、われわれが日常に犯しているさまざまな過ちを、
二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の宝前で、
懺悔(さんげ)することを意味します。

修二会が創始された古代では、国家や全ての民衆のための宗教行事でした。

天災や疫病や反乱は国家の病気と考えていて、そうした病気を取り除いて、
鎮護国家、天下泰安、風雨順時、五穀豊穣、万民快楽など、
国家や全ての人々の幸福を願う宗教行事でした。

天平勝宝4(752)年に始まってから、二度もその大伽藍が焼けてしまった時も
1回も途絶えることなく続き、今年で1266回目を数えます。

本行は3月1日(水)~14日(火)までの2週間ですが、
もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて
「修二会」と呼ばれるようになったそうです。

また二月堂の名もこのことに由来しています。

現在は2月後半から始まる前行とあわせれば約1ヶ月にも及ぶ大きな法会です。


スポンサーリンク

奈良東大寺お水取りやお松明って言うのは?

12~13日の深夜に行われる「お水取り」や、
二月堂の舞台に毎晩あがる「お松明」を行うことから
修二会をお水取り・お松明と言ったりもします。

お水取りは、観音様にお供えする香水(こうずい)を汲み上げる行事で、
3月13日未明、後夜の咒師(しゅし)作法の中で
咒師(しゅし)は蓮松明という松明に照らされながら5人の練行衆とともに
南側の石段を下りて閼伽井屋(あかいや 別名・若狭井)へ向かいます。

大勢の参拝者の見守る中、雅楽も奏され、おごそかに行列が進み、
途中小さな神社に立ち寄り法要を営んでから、
咒師と堂童子と駆士と数人の童子が閼伽井屋に入り香水をくみます。

他の5人の練行衆は入口を警備し、
香水は閼伽桶とよばれる桶に入れられ
榊を飾った担い台に載せられ内陣に運ばれます。

香水は須弥壇下の香水壺に蓄えられ、本尊に供えられたり、
供花の水として用いられたりします。

修二会のシンボルのような行事に二月堂の舞台で火のついた松明を振り回す
「お松明」があります。

この松明は上堂の松明といわれ、本来は、初夜の行を始めるために
練行衆が登廊を登るときに道明かりとして焚かれるもので、
室町時代の絵では50cmくらいの小さな松明程度のものですが、
江戸時代に徐々に大きくなり童子に寺から禁制が出されたが童子が見せ場を願い、
そのまま今のように40kg長さ7m10本に巨大化し演じるようになりました。

一人の童子が松明をかざして、後に一人の練行衆が続き、
入堂された後に、その松明を舞台(欄干)に回り、火を振り回います。

その後、裏に回り水槽で消され、上がってきた登り廊を降りていきます。

本行の期間中連日行われるが、
12日は一回り大きく重さ70kg、直径70cm、竿の長さ8mの
籠松明が出るので見応えがあり
12日のみ11本の松明になります。

お松明は19:00から行われますが、
12日(月曜日)は19:30、14日は18:30から行われ
二月堂周辺は身動き出来ないくらい多くの人が訪れます。

このお松明の火の粉を浴びると健康になる、
あるいは幸せになると信じられています。

暗闇に火の粉が飛ぶさまは圧巻ですね。

また燃えかすをお守り代わりにする人も多いとか。

まとめ

東大寺修二会は凄く迫力のある行事です。

毎年多くの方が訪れる修二会は見学する価値は十二分にあります。

温かくして見学して下さいね。

春はすごそこです!

スポンサーリンク

-イベント
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「土浦全国花火競技大会」へバスで行くツアー2017一般桟敷席プランは?

★バスで行くツアー クラブツーリズムより 関東発 ・東京23区発 ●全プラン出発決定         『WEB先行販売 第86回土浦全国花火競技大会 フリープラン』        【新宿・上野 出発】 …

ロハスフェスタ 万博 アクセスは? 駐車場は?

ふくろ祭り 2017年日程と見どころは?喧嘩は?よさこいは?物産展は?子供は楽しめる?

戦後の復興から、東京の副都心としての道を 歩みはじめていた昭和43年(1968年)、池袋西口の ロマンス通り、エビス通り、西一番街、文化通りの4商店会は 一層池袋を盛り上げようと「ふくろ祭り」を始めま …

神戸ジャズストリート2017 開催日程は?出演者は?会場は?

今年で36回を迎える神戸ジャズストリート。 今では全国いたるところでジャズフェスティバルやジャズストリートが 開催されていますが、神戸ジャズストリートはそれらの草分け的存在で 1981年に第一回が開催 …

東京クリスマスマーケット2017 見どころは?混雑は?子供も楽しめる?

クリスマスツリー、クルミ割り人形、シュトーレン これらはすべてドイツ生まれ。 日本でも人気急上昇中のクリスマスマーケットもドイツが本場で、 1434年から長年ドイツの人々から愛されてきました。 今では …