amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

おせち料理 由来は 中身は? 飾りの意味は?

お正月は正確には「煤払い」から「左義長(どんど焼き」までを
言うそうです。

お正月は元々「年神」をお迎えするという意味合いがあったので
この「煤払い」は重要な行事だったようです。

色々なことには意味が込められていました。

お正月におせちを頂くのも意味や由来があります。

スポンサーリンク

おせち料理 由来

「おせち」と言う名前の由来は「御節供」にあるとされます。

おせちを「御節」と書く理由もそこにあるようです。

では「御節供」とは何でしょうか。

季節の変わり目などに祝い事をする日を
「節日(せちにち/せちじつ)」と言います。

これは中国が唐の時代に、一年を竹のように節で区切って
特別な日を「節」と呼び、日本もこれに倣ったとされます。

この節日の会食のことを「節会」と呼ばれます。

おせちはこの「御節供」が略されたものだそうです。

節供(節句)はいつの間にか「節日の日」と言う意味に変化しました。

江戸時代には、中国から伝わった暦の上の風習のうち五つが、
公的な行事として定められました。

これが「五節句」です。

1月7日(人日/七草の節句)
3月3日(上巳/桃の節句)
5月5日(端午/菖蒲の節句)
7月7日(七夕/七夕まつり)
9月9日(重陽/菊の節句)

それぞれの季節の草木をもって、邪気を払うとされます。

「おせち」の名前の由来とされる「御節供」は、この五節句などの節日に
神に供えるものであったようです。

節日には神に供えたものを家族で食べる「直会」が行われていました。

直会と言うのは神に捧げ備えた供物を頂く「神人共食」を
「直会」と呼びます。

それぞれの季節の節目の節日に直会に出された食べ物が、
元々のおせちと言うことになりますが、
現在では、お正月料理だけを指すようになりました。

やはりお正月は節日の中で最も重要だったのでしょう。

今、おせちと言えば「重詰め料理」が当たり前ですが、
これは明治以降のようです。

おせち料理 中身

正式なおせち料理は四段重ねとされています。

「四」は完全を表す数「三」の上にもう一段加えた数です。

四は春夏秋冬の四季や東西南北に通じますが、
「四」は死に通じると言うことで嫌って「与」としました。

・一の重
祝い肴や口取り

祝い肴
入れる料理は、田作りや黒豆、数の子、
きんぴらごぼうなどお酒のおつまみになるような料理

「祝い肴」は「屠蘇肴」や「三つ肴」ともいい、

数の子、黒豆、ごまめ(田作り)を指します。

関東、関西のそれぞれの「祝い肴三種」として知られています。

「三つ肴」
関東⇒黒豆 数の子 ごまめ

関西⇒黒豆 数の子 叩きゴボウ

口取り
かまぼこ、栗きんとん、だて巻き、昆布巻き
などで、大人から子供まで食べられるように甘いものが中心

・二の重
焼き物
焼き魚やエビなど海の幸

・三の重
酢の物

・与の重
煮しめ
里芋
れんこん
くわい
ごぼう

色々調べてみましたが、

・一の重
祝い肴

・二の重
口取り

・三の重
焼き物

・与の重
煮しめ

等、家庭や地方によって異なるようです。

おせち料理を重箱に詰めるのかというと、「めでたさが重なるように」
との願いをこめて段重ねの重箱に詰めるのです。

スポンサーリンク

飾りの意味は?

・裏白

おせち料理やしめ縄など、正月の飾りに広く使われます。
裏白は「諸向」と言う別名もあり、二つの葉が相対するすることから夫婦円満に
通じるとされ葉の裏が白いことから、白髪が生えるまで夫婦ともに長生きする
と言った意味を持ちます。
更に常緑のまま新しい葉が次ぎ次と重なって出来る様子が
一家の滞りない繁栄も意味します。

・千両・万両

共に赤い実をつける植物の呼び名で、縁起が良い名前として正月に好まれます。
その名の通りお金が集まるようにと願うもので十両・一両と言う名の
植物もあるそうです。

・紙垂(しで)

紙垂は鏡餅の飾りだけでなく注連縄や御幣、玉串などにも使われます。
神を特殊な裁ち方をしておったものです。
その姿が四方に大きく手を広げているように見えることから繁栄を祈ります。

・松竹梅

様々な形で慶事に用いられ、正月用の掛け紙などにもデザインされるのが
「松竹梅」です。

松は常緑樹であることから不老長寿などを表します。

竹は生命力が強く短期で急成長することから縁起がいい。

梅は、花を春一番に咲かせるのでおめでたいとされています。

まとめ

重箱に盛り込まれるおせち料理や飾りにまで
縁起物としての意味ががありそこに先人達の思いを
感じ取ることが出来ますね。

次に縁起物の料理の意味をお伝えしますね。

スポンサーリンク

-歳時記
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「父の日」の由来と「母の日」との関係、本来のプレゼントは?

スポンサーリンク 「母の日」は5月の第2日曜日、「父の日」は6月の第3日曜日 というのはもうすっかり定着していますね。 「母の日」と「父の日」は何か関係があるのでしょうか? 「父の日」の設定にはやはり …

ひな祭りのおもてなしメニュー何にしましょ?お土産は?

初節句のひな祭りにご両親やご主人の両親を招く方も お多いのではないでしょうか。 そんな時ひな祭りらしくて皆が喜んでくれそうなメニューは 何がいいか悩みますね。 スポンサーリンク 関連

地蔵盆 とは?

皆さん地蔵盆ってご存知ですか? 関西特に近畿地方で古くから行われてきた行事で、 北陸地方や新潟、信州では長野市周辺では行われてるそうですが 関東地方や東北地方では地蔵信仰が浸透していないため 地蔵盆も …

年越しソバって大みそかに食べる意味はあるの?お蕎麦の効能と食べるタイミング

今迄毎年大みそかになったら何の疑問もなく年越しそばを食べていましたが、 ふとどうして毎年年越しそばって食べるんだろうって思ったんです。 又年越しそばって皆さんいつ食べますか? 何となく除夜の寝を聞きな …

十五夜(中秋の名月)にお団子やススキをお供えするのは何故?

お月見は、ほぼ毎月見ることが出来ますが、十五夜(中秋の名月)は いつものお月見とは異なります。 十五夜(中秋の名月)は、月を愛で、収穫を祝う行事だからです。 スポンサーリンク 関連