amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

二日酔いになりにくい飲み方 飲む前と飲んでる時と飲んだ後の注意すること

二日酔いになりにくい飲み方って、ないのかしら……?

お酒は楽しくそして翌日の目覚めはスッキリこうありたいものですね。

そのための飲み方のレクチャーです。

スポンサーリンク

二日酔いになりにくい飲み方

二日酔いになりやすい飲み方チェック

・空腹でいきなり飲む
・水を飲まずにお酒だけ飲む
・つまみを食べずに飲む
・タバコを吸いながら飲む
・揚げ物や脂っこいものを食べながら飲む
・2日以上続けて飲む
・ビール中びん1本以上飲む
・運動した後に飲む

こんな飲み方してませんか?

これって私二日酔いしたいですって言ってるようなもんです。

「飲む前」「飲んでる時」「飲んだ後」のそれぞれのタイミングで
気を付けるポイントがあります。

お酒は飲む前飲んでる時飲んだ後に少しケアするだけで
大きな差が出るんです。

二日酔いになりにくい飲み方 飲む前

・お腹に食べ物を入れておく

空腹でいきなりお酒を飲むと、アルコールの吸収スピードが速くなります。

アルコールは胃からも十二指腸からも非常に効率よく吸収され
一気に血中アルコール濃度が高くなるので分解が追い付かず、
二日酔いの原因となります。

胃の中に食べ物を入れておくと、胃の出口がいったん閉まり、
飲んだお酒がしばらくは胃に留まり食べ物を消化してから、
少しずつお酒を腸に送っていくようになるので
そのスピードをかなり緩めることが出来るそうです。

「飲む前に牛乳を飲んでおくと、胃に膜ができてアルコールの吸収が抑えられる」
とよく聞きますが、これは間違いなんだそうです。

アルコールの分子はごく小さくって、牛乳で膜ができたとしても
アルコールはそのすき間を通過して吸収されてしまというんです。

牛乳の膜がアルコールの吸収を抑えるというより、アルコールの刺激で
胃壁が荒れるのを和らげる効果は期待できるそうです。

牛乳はタンパク質が多いのでアルコールの代謝を促す効果は期待できるので
牛乳を飲むのは悪い事ではなさそうです。

スポンサーリンク

二日酔いになりにくい飲み方 飲んでる時

・たっぷりのお水を飲む

お酒を飲んでる間こまめにお水を飲みましょう。

胃腸内のアルコール濃度を薄める効果があることが知られています。

アルコールを飲むとトイレに近くなりますが、アルコールには利尿作用が
あるため脱水症状になりやすいので、こまめに水分を摂れば
それを防ぐ効果がある上頭痛も起きにくいと言われています。

最近では、アルコールと一緒にトマトジュースを飲むと
アルコールの代謝が促されお水より効果的という研究結果も発表されています。

・飲む時は一緒に食べるおつまみで、二日酔いを防ぎましょう。

飲みながら食べたいもの

●肝臓が必要とするタンパク質が豊富なもの

枝豆、納豆、焼き鳥、刺し身、出し巻き卵、など

●アルコール代謝で失われがちなビタミンやミネラルが豊富なもの

グリーンサラダ、ポテトサラダ、大根おろし、フルーツ、など
アルコールの代謝を促進する トマトジュース

●胆汁の分泌を促し、肝臓でのアルコール代謝に必要な
 酵素を助けるタウリンが豊富なもの

ホタテ、イカ、タコ、アサリ、シジミ、など

●アルコールで胃壁が荒れるのを和らげる

チーズ、ナッツなど、脂肪分を含むもの

・アルコールを飲みながらのタバコは止めましょう

お酒を飲むとタバコが吸いたくなるようですが、
アルコールを分解するのに肝臓に負担がかかっているうえ
タバコのニコチンやタールなどの分解のために一層肝臓に負担をかけてしまいます。

又アセトアルデヒドの分解に必要なビタミンCも消費します。

そのため、タバコを吸いながらお酒を飲むと二日酔いになりやすくなります。

二日酔いになりにくい飲み方 飲んだ後

・アルコールで脱水状態になってるところへ飲酒後サウナに入ったり入浴は、
発汗によりさらに体の脱水を促し、血中のアルコール濃度を更に高めてしまいます。

血流が乱れて気分が悪くなったり、脱水が脳卒中や心筋梗塞などの
深刻な疾患を起こす原因にもなりかねないので厳禁です。

熱めのシャワーですばやく全身を温め、腎臓の働きを活発にして、
アセトアルデヒドを少しでも早く排出させましましょう。

・就寝前と起きた時はお水を飲みましょう。

スポーツドリンクなら一層効果的です。

・十分な睡眠を取る

睡眠はアセトアルデヒドの分解を助け、
アルコールの分解で疲れた肝臓を回復させます。

飲んだ後は十分な睡眠をとることは大切で、二日酔い予防につながります。

まとめ

如何ですか?

ほんの少しの心がけで二日酔いを避けられそうですね。

お酒と一緒にたんぱく質、脂質、食物繊維、ビタミンなどを
バランスよく含んだおつまみを食べる。

お酒は飲むものではなく、料理と一緒に味わうものって
いうところでしょうか。

スポンサーリンク

-健康
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザ 予防 マスクやうがいは効果ないって?

スポンサーリンク インフルエンザの季節が又やってきました。 普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、 日本では毎年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。 …

みょうがお好きですか?みょうがの由来 栄養価や保存は?レシピも

夏の薬味として欠かせないみょうが。 野菜としては脇役ですが、栄養価は優れものです。 今回はみょうがについてのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

手足の冷えの症状って?原因は?改善方法は? 

冷えは辛いですね。 夏でもくるぶしから下の方が冷たくて素足でいると 痛くなってきたり感覚がなくなってきたりします。 冬になると暖房設備が整ってる現代でも「しもやけ」になることも あります。 薬が一番体 …

毛細血管 減っていませんか? 若返りの切り札は毛細血管! 毛細血管を増やすには!

毛細血管が歳と共に減るって知ってました? 毛細血管は私たちの臓器に張り巡らされていて 身体の隅々まで酸素と栄養を送り届けてくれます。 そう毛細血管は全身に巡っているんです。 それが歳とともに減っていく …

サクランボの種類と栄養素とレシピ

サクランボほんとに可愛いですね。 食べるのがもったいないというか アクセサリーとして胸に付けたいような 気さえするほどです。 「赤い宝石」とも言われるサクランボは 可愛いいだけでなく美味しい上、豊富な …