amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

ちょっと待って!その食べ合わせ大丈夫?

それ自体はとても栄養があって身体によい食べ物でも
他の食べ物と組み合わせることでそれらが持つ栄養素を阻害してしまう
場合があるのをご存知ですか?

良いと思って食べていても知らないでいると毒になってる場合があるんです。

そんな食べ合わせをお知らせします。

スポンサーリンク
  

1.レバニラ炒め&ウーロン茶やお茶

レバニラ炒めと言えば

タンパク質豊富
鉄分、
ビタミンA、
ビタミンB2、
葉酸は、含有量が全食品中トップ。
ビタミンB1、
ビタミンB12、
亜鉛など
しかも低カロリー

と理想に近い食べ物です。

鉄分豊富なので貧血対策には持って来いです。

ところがウーロン茶や緑茶と一緒に飲むと鉄分が吸収されなくなってしまうので
注意が必要です。

それはウーロン茶や緑茶に含まれるタンニンの為です。

カテキンとはタンニンの一種です。

ポリフェノールの中にタンニンがありタンニンの中にカテキンが
あるという図式です。

このタンニンとレバニラ炒めに含まれる鉄分がくっつくと
鉄分の吸収を阻害します。

貧血の方はタンニンが多い飲み物は避けた方がいいですね。
ポリフェノールやカテキンは抗菌作用や抗酸化作用があり
身体によいとされていますが、
組み合わせを考えなくてはいけませんね。

タンニンが多く含まれる飲み物

1.コーヒ
2.ジャスミン茶
3.紅茶
4.煎茶
5.ウーロン茶
6.抹茶
7.ほうじ茶

貧血の方はノンカフェインでもタンニンが含まれていれば
要注意ですね。

2.生の大根&生のにんじん

生の大根と人参は色どりがきれいでよく見る組み合わせですね。

サラダやもみじおろしや紅白なますなど思い浮かべるだけでも
沢山あります。

この組み合わせも残念な組み合わせです。

それはにんじんに含まれる“アスコルビナーゼ”という酵素にあります。

大根は免疫機能を整えるなどの働きがあるビタミンCを含んでいますが、
“アスコルビナーゼ”はこのビタミンCを破壊してしまうんです。

これを避けるためには、にんじんを茹でるなど加熱して
酵素の働きをなくしてしまうか、もう一つは酢などの酸味を加えることでも
酵素の働きを失わせることができます。

そう考えると、紅白なますはただ縁起がよいだけでなく、
理にかなった食べ方と言えますね。

3.ベーコン&ほうれん草

ベーコンとほうれん草の炒め物美味しいですよね。

居酒屋さんでも定番料理として登場します。

スポンサーリンク

でもベーコンに含まれる“リン酸塩”という添加物が
問題でです。

“リン酸塩”は保水性や結着性良くする目的で添加されているのですが、
これがほうれん草に含まれるカルシウムや鉄分などの
ミネラルの吸収を妨げてしまいます。

ベーコン&ほうれん草の料理が食べたい時は、
こういった添加物を使っていないベーコンを使うか、
炒める前にベーコンをさっと茹でておくと
リン酸塩を含めた他の添加物も一緒に除去できて、
鉄分やカルシウムの吸収を阻害することはありません。

私はなるべく無塩せきベーコンか無添加のベーコンを使うようにしています。

4.大根おろし&しらす

大根おろしにシラスをかけて食べると美味しいですよね。
シラス干しは、カルシウムが豊富でおつまみとしても
さっぱりしていて誰からも愛される組み合わせですが、
実は良くないんです。

しらすにはリジンというアミノ酸が含まれていてこのリジン体内では
作る事が出来ないので、食べ物から摂るしかありません。

リジンは免疫力アップや抗ストレス効果がある大事な栄養素です。
大根には「リジンインヒビター」というリジンの働きを妨げる抗体があり
リジンの体内への吸収を妨げてしまうのです。

大根おろし&しらすを食べるならお酢やポン酢をかけて食べると
阻害されることなく食べられるそうです。

5.焼き魚&漬け物

焼き魚と漬け物と言えば和食の定番ですね。
でもこの定番避けたい食べ合わせなんです。

焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと漬け物の亜硝酸塩は一緒になると
化学変化を起こし、ニトロソアミンという発ガン性物質ができてしまいます。

タラコにもジメチルアミンは含まれているし、ハムなどには発色剤として
亜硝酸塩が使われていることが多いです。

市販の漬物には、ハムと同じように綺麗な色を出すために食品添加物の
亜硝酸塩がたくさん加えられています。

これが発ガン物質に変わるそうです。

私は市販の漬物は買わないようにしています。

今の時代で亜硝酸塩の含まれない野菜は手に入に入れるのは中々難しいことです。

野菜に含まれる亜硝酸塩を気にすると、漬物に限らず、
全ての野菜と焼き魚は食べ合わせできない事になります。

自家製の漬物は、亜硝酸塩を気にするより、発ガン抑制物質や酵素や善玉菌が
多く含まれているので気にすることはなさそうです。

”亜硝酸塩添加”の漬物との組み合わせが良くないと言ってるんだと思います。

まとめ

知らず知らずに食べている中にも良くない組み合わせがあるんですね。

でもレモンをかけたりお酢をかけたり知恵を働かせば
この美味しい組み合わせを放棄しなくても大丈夫なようです。

賢く美味しく食べたいですね。

スポンサーリンク

-健康
-, , , , , , , , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザ 免疫力アップ基本3つ

インフエンザにかからないためには手を洗うなどの予防対策がありますよね。 インフルエンザ予防 でも一番大切なのは自分の免疫力だと思います。 スポンサーリンク 関連

みょうがお好きですか?みょうがの由来 栄養価や保存は?レシピも

夏の薬味として欠かせないみょうが。 野菜としては脇役ですが、栄養価は優れものです。 今回はみょうがについてのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

柿って赤ちゃんに いつから上げていいの?どうやって?注意点は?

赤ちゃんは果物が大好き! リンゴやバナナ、桃など・・・きっと自然の甘さが赤ちゃんにとって とっても美味しいんだと思うのです。 これからのシーズン柿が出回りますが、柿は思いのほか栄養が豊富。 そんな柿を …

喉のつかえ症状と原因と治し方

風邪でもないのに喉が変。 喉に何かがつかえたような感じだったり、飲み込んでも飲み込んでも ひかかってるような感じがしたり喉がつまって苦しい…など 「違和感」を感じたことはありませんか? そんな喉のつか …

新型インフルエンザって? 発生するとどうなるの?対策や予防接種・特定接種について

こちらで 少し紹介しましたように新型インフルエンザは とても怖い感染症です。 これから流行する恐れがある新型インフルエンザについて 知っておいた方がいいかと思います。 スポンサーリンク 関連