amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

インフルエンザかな? 子供の症状見分け方

子供は免疫力が低いので大人よりも感染症にかかりやすい傾向にあります。

インフルエンザは周りへの感染が怖いので早めに
見つけることが大切です。

保育園や幼稚園に通い始めた子供は集団生活が始まって
インフルエンザにかかりやすいので要注意です。

スポンサーリンク

インフルエンザかな?

こんな場合インフルエンザを疑ってみましょう。

●インフルエンザは38℃~40℃の高熱が伴います。

●身辺で(家庭・学校・職場・近所)で
インフルエンザは流行していないでしょうか。

●関節痛・筋肉痛・倦怠感・疲労感・頭痛などの全身の症状が強くないでしょうか
風邪の場合は喉の痛み、鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状が出ます。

●進行が急激

●咳や鼻水からではなく、いきなり悪寒をともなう高熱が出る


スポンサーリンク

子供の症状見分け方

●風邪と違い合併症が怒る場合があります。
小児では引き付け、脱水症、急性脳症

※高熱が出た場合は市販の解熱剤などで熱を下げるのは止めましょう!
 「急性脳症」を起こす可能性があります。

●そのほか、子供の場合表面的に元気であることが多いので
うっかり大丈夫だわって思ってしまうことがあるので気を付けたいです。

子供は感覚など未熟なので身体自身は悲鳴を上げているのに
それに気が付かない場合が多いです。

それが治りを遅くしたり重症になったりしやすくさせます。

大人がしっかり様子を把握し医療機関に行くなど適切な処置を
してあげてください。

インフルエンザが流行しているときは、
簡単に風邪と決めないで小児科に行って診て頂くことだと思います。

早過ぎたら検査結果が正確に出ないことがあるので6~12時間たってからに
した方がいいようです。

子供のインフルエンザも大人と同じように鼻咽頭からウイルスを
確認します。

抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内に服用すると、
発熱などの発症期間が短くなる効果があります。

それ以降になると服用してもあまり効果がないとされています。

また、基本的にインフルエンザは、発症してから自宅で5日ほど
安静に過ごすことで自然に治まるとされていますが、
子供の年齢や症状にあわせて小児科医とよく相談をしてくださいね。

まとめ

子供は大人のようにうまく言葉で症状を言い表せません。

大人がしっかり異変を察知して上げることが大事ですね。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

筋肉は健康に役に立つってホント?健康寿命を延ばすには筋肉が必要なの?

長生きをしても寝たきりでは仕方なくやはり健康で長生きが 皆の願いであるはずですね。 健康で寿命を全う出来るためには筋肉が大切だと分かってきました。 今日は筋肉のお話です。 スポンサーリンク 関連

花粉症の鼻水を止めるには?鼻詰まり状態を治すには?

日本人のおよそ4人に1人が花粉症だと言われています。 花粉症の症状の一つに鼻につらい症状が現れます。 これは花粉が鼻の粘膜につくことで、花粉を除こうとすることで起きる アレルギー反応です。 この鼻水を …

シアバター イボや傷や傷跡そしてニキビ跡にまで効果があるって?

シアバターって保湿クリームとして赤ちゃんからお年寄りまでそして 全身に使えることで知られていますが、イボや傷・傷跡そしてニキビ跡にまで 効果があるってご存知でしたか? 「シアバター」には、皮膚の治癒能 …

インフルエンザ予防接種 赤ちゃんは受けられるの?副作用などは?

お外に出られるようになった赤ちゃんは、様々なウィルスや菌を 貰ってしまうこともあり心配が絶えません。 これからの時期インフルエンザが流行り赤ちゃんがいるママは 不安ですね。 大人はインフルエンザの予防 …

インフルエンザ 免疫力アップ基本3つ

インフエンザにかからないためには手を洗うなどの予防対策がありますよね。 インフルエンザ予防 でも一番大切なのは自分の免疫力だと思います。 スポンサーリンク 関連