amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

八十八夜とは?茶摘みがイメージなのは何故?縁起が良い事って?

八十八夜と言えばもうすぐ夏だなっていう思いになります。

野や山も若葉で生き生きとしますね。

でも八十八夜って何だろうとハタと思ってしまいました。

スポンサーリンク
  

八十八夜とは?

八十八夜は立春から88日目です、という意味。

旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていたので、
立春を基準に様々な決まりや節目の日があります。

その年の立春の日付によって5月1~3日ごろで、
2017年は5月2日が八十八夜になります。

八十八夜というのは「節分」「彼岸」「入梅」「土用」などと同じく
季節の変わり目を認識するための暦日・雑節のひとつです。

八十八夜は季節が春から夏に変る境目とされ、
実際気候も安定し、夏も近づく八十八夜(茶摘み)の歌にあるように
若葉が茂りとても過ごしやすい日々になる頃です。

八十八夜の八十八を合わせると「米」という字になり、又
霜なくて曇る八十八夜かな  と正岡子規の俳句にもあるように
八十八夜になると遅霜も降りなくなって
八十八夜は農作業の目安にもなってきました。

八十八夜のイメージが茶摘みなのは?

八十八夜のイメージと言えばすぐに浮かぶのが茶摘みですね。

八十八夜が農作業の目安にされていたように、茶摘みを行う目安でもあったため
季節感あふれる茶摘みがイメージになった気がします。

スポンサーリンク

今は品種改良が進み茶摘みの時期も早くなってるようですが、
やはり風物詩として茶摘みのイメージは大切にしたいですね。

八十八夜の新茶が美味しい訳

一番茶は手で丁寧に摘み取るためやはり美味しいんです。
収穫真っ盛りになるとハサミや機械摘みになるんです。

又新茶には旨味成分のテアニンがたっぷり含まれています。

テアニンは脳のアルファ波に作用してリラックスさせたり、
集中力を高める効能もあります。

以上のような訳で旨みも風味も新茶は抜群なんです。
是非味わってみたいですね。

八十八夜の縁起が良い事って?

昔から、八十八夜に摘んだお茶を飲むと長生きすると言われています。

八十八夜のすぐあと大体5月6日頃に立夏がやってきます。

其の為八十八夜には夏の準備も始める目安となっています。。
八十八の八の字は末広がりの縁起のいい字なので
農作業だけでなく夏の準備を始める日としても縁起のいい日として
親しまれてきました。

八十八夜には夏の準備の何か一つをしてみませんか。
運気が上がるかもしれません。

スリッパを夏物にしたり、クッションカバーを夏物に替えたり・・・

風薫る五月、八十八夜を目途に、夏の準備を進めましょう

梅雨を前にして風薫る五月、八十八夜を目途に、夏の準備を始めるのは
昔ながらの知恵でもあったんですね。

まとめ

八十八夜は今でも季節のアクセントとして
楽しめるアイテムの一つであることに間違いなさそうです。

やがてやってくる夏を感じながら、家中を爽やかな
夏にかえていきませんか。

スポンサーリンク

-歳時記
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年越しソバって大みそかに食べる意味はあるの?お蕎麦の効能と食べるタイミング

今迄毎年大みそかになったら何の疑問もなく年越しそばを食べていましたが、 ふとどうして毎年年越しそばって食べるんだろうって思ったんです。 又年越しそばって皆さんいつ食べますか? 何となく除夜の寝を聞きな …

初詣に行きたい!東京・金運、開運パワースポット巡り 10

どの神社・寺院も個性的で、わくわくするパワースポットだらけです! 一年の最初の御参りは、寺社のパワーを頂きに参りましょう。 スポンサーリンク 関連

節分って?なぜ豆まきをするの?なぜ豆を炒るの?まき方もあるんです

2018年の節分は2月3日です。 節分には豆まきをしたり海苔巻きを食べたり・・・ 最近は各家庭では海苔巻きを食べる行事がメインになって来てる感じもしますが 節分の意味や何故豆まきをするってご存知ですか …

冬至って?何故柚子湯に入るの?

冬至、今年は12月21日です。 冬至って? 冬至と言えばナンキン、柚子湯ですね。 柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。 こんな語呂合せから柚子湯に入るって思ってる方もいるかもしれません。 何 …

お盆の8月16日 京都の五山の送り火観賞スポットは?穴場は?

スポンサーリンク 京都四大行事の1つ、1年に一度の「五山の送り火」が夏の夜空に浮かびます。 送り火を見ながら先祖に思いを馳せ、静かに手を合わせたいものです。 五山の送り火の見物客は10万人越えと言われ …