amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

子供のスキンケア 食物アレルギーとの関連性も!

冬が近づき空気が乾燥してきましたね。

子供の皮膚は大丈夫なのでしょうか?

真っ赤なほっぺは可愛いものの痛々しく
ひび割れてる子も見かけることがありますね。

子供の必要なスキンケアについてのご紹介です。

スポンサーリンク

子供の子供のスキンケア必要?大人と比べてどうなの?

子供の皮膚は大人に比べて薄くて、外部からの刺激を防ぐバリアー機能が
弱いことが知られています。

冬は空気が乾燥しているので皮膚も水分が蒸発しがちになり、
外からの刺激に弱く、保水能力も十分でないために、
大人以上に乾燥しています。

日々のスキンケアはとても大事で
肌の状態が良ければ外からの刺激も防ぐことが出来ます。

子供のスキンケアの仕方は?

1.まず清潔を保ちましょう。ただし洗い過ぎやごしごし洗いは禁物です。

ナイロンタオル、スポンジ、タオルでこすらないようにしましょう。
すすぎ落ちが良い低刺激、弱酸性の洗浄剤をネットでしっかり泡立てて
手で優しく撫でるように洗います。

顔だけでなくお風呂で全身を洗う場合も同じです。
洗浄剤は顔も体も髪も洗えるのが便利です。

十分洗い流しましょう。その時もごしごしはダメですよ。
お風呂では、洗浄剤が残りやすい耳の裏、首、脇の下などは
シャワーで充分洗い流します。

2.洗ったら速やかに乾いたタオルでこすらないように水分を
取ってください。

3.洗ったらすぐに保湿、5分以内に行ってくださいね

4.保湿は2段階で行うと効果的です。

スポンサーリンク

1番目は化粧水で肌に水分を与え、2番目には油分の含む乳液や
クリームで保護します。

肌の潤いには水分が欠かせませんが、上から油分を補わないと
すぐに蒸発してしまうのです。

大人向けの低刺激性のものを使ってもいいですが、子供向けの化粧水や
クリームもあります。

但し尿素含有の軟膏やクリームの水分保持作用は高めですが、
皮膚のバリアー機能を低下させてしまうため子供にはおススメ
しません。

其の他気を付けること

・最近の住宅は気密性が高いので、冬の暖房によって部屋の空気も
乾燥が進みます。

加湿器や観葉植物を置いたり濡れたタオルを干したり洗面器やコップに
お水をはって置いたり工夫をしてください。

・身体の中からの対策として食べ物にも気を付けたいですね。

動物性のビタミンAは皮膚の乾燥を防ぐ効果があるのでレバーや
ウナギなどメニューに取り入れるのもおススメです。

食物アレルギーとの関連性も!

少し前までは食物アレルギーは口からの消化管からと言われていましたが、
最近の研究では、外部刺激を防ぐバリアー機能が低下した皮膚に
食べ物が付着すると、食物アレルギーが発症するきっかけになることが
分かってきました。

「食物アレルゲンの抗原に対し敏感な状態になることは皮膚から始まる」とまで言われています。

アレルギー体質の家族がいる場合は、是非注意してくださいね。

子供は風邪の子、冷たい空気も平気なんて思っていたのは大間違い。

子供のスキンケアは、将来大きくなってからの身体つくりにも
繋がると言っても過言ではないそうです。

そんな意識をもって子供の肌にも関心を寄せ注意して上げてくださいね。

まとめ

如何ですか?

子供にもスキンケアが必要なんですね。

子供のスキンケアの注意不足が将来の食物アレルギーと関連しているとは
思っても見なかったことですね。

子供は自分からは注意出来ないのでやはり家族が気を付けてあげたいですね。

スポンサーリンク

-健康
-, , , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉症 何故のどが痛むの?どうすれば楽になるのでしょう?

花粉症の症状というと、目のかゆみや鼻水だって思いますが、実際に 花粉症の方の80%もの方がのどの痛みやかゆみといった症状で 辛い思いをしてるそうなんです。 風邪をひいた場合の喉の痛みとは違うようですが …

筋肉は健康に役に立つってホント?健康寿命を延ばすには筋肉が必要なの?

長生きをしても寝たきりでは仕方なくやはり健康で長生きが 皆の願いであるはずですね。 健康で寿命を全う出来るためには筋肉が大切だと分かってきました。 今日は筋肉のお話です。 スポンサーリンク

ノロウイルスとロタウイルス違い

ノロウイルスとロタウイルスどちらも同じ感染性胃腸炎で 症状も嘔吐と下痢でよく似てるようですがどこが違うのでしょうか? 同じようで実は違いがあります。 スポンサーリンク

ちょっと待って!その食べ合わせ大丈夫?

それ自体はとても栄養があって身体によい食べ物でも 他の食べ物と組み合わせることでそれらが持つ栄養素を阻害してしまう 場合があるのをご存知ですか? 良いと思って食べていても知らないでいると毒になってる場 …

胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)経過私の場合

胃腸風邪(感染性胃腸炎・ウイルス性胃腸炎)に気を付けましょうと書いた端から 胃腸風邪にかかってしまいました。 やっと食欲も出てきて回復しましたがえらい目に遭ったという感が 強いです。 予防接種してるの …