amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

ほうじ茶の作り方 効能とカスタマイズ

近年緑茶ばかりが注目を浴びていましたが、最近では優しい味わいのほうじ茶が
注目を浴びています。

カフェインがコーヒーや紅茶に比べて少ないので「胃にやさしく飲みやすい」
と妊娠中や子育て中の女性にも人気があるようです。

スポンサーリンク

ほうじ茶 作り方

緑茶もほうじ茶も茶葉は同じなんですよ。

1.太陽を浴びた茶葉。日光を遮って作られる玉露や抹茶とは異なります。

2.4月上旬の萌芽から約30日。
 葉の中に香りの成分やうまみがたくわえられたころを見計らって摘む

3.蒸す⇒生葉の鮮度がおちないうちにすぐ(半日~20時間以内)
   「蒸し」の工程に移ります。
若葉の持つ新鮮な色や香りがそこなわれないよう、
約15~20秒間蒸すことで、葉の酸化酵素の働きを止めます。

4.揉む⇒蒸した葉を揉んで、繊維をほぐし、お茶のうまみの成分を
葉全体にいきわたらせます。
    水分を十分にとばし、変質を防ぎます。

5.高温で焙じる⇒高温に設定したほうじ機で焙じます。
        この工程でお茶のカフェインが飛ばされ
        ほうじ茶独特の香ばしさが生まれます。

ほうじ茶は緑茶をさらに炒るところが緑茶との違いです。

茶葉ではなく茎を焙煎したものを「棒茶」と呼びます。

この「棒茶」は金沢が発祥とされ香ばしさや味わいがより豊かに
感じられるそうです。

ポッカサッポロから 加賀棒ほうじ茶ラテが発売中です。

ほうじ茶 効能は?

ほうじ茶は高温で焙煎するので他のお茶に比べて成分が失われているものも
ありますが、他のお茶にないほうじ茶だけが持つ優れた効能もあるのです。

・カフェインが少ない

・テアニン⇒脳をリラックスさせる作用
      セロトニンが増え、記憶力、集中力がアップする
      月経前症候群(PMS)、更年期障害の緩和
      緊張緩和、筋肉の弛緩による血行促進→冷え性、むくみの改善
      血圧を下げる働き→高血圧の予防、改善
      

・ピラジン⇒リラックス効果
      血液をサラサラにする
      脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ

・クロロフィル⇒消臭効果があり、口臭や体臭予防

・カテキン⇒焙煎してもカテキンの成分は完全には壊れません。
      がんの予防や高血圧、動脈硬化、血中コレステロールの調整や
      血糖値の調整が期待できます。

・ビタミンCとE⇒ほうじ茶のビタミンCは熱で失われにくいので
        美肌・ガンや老化予防の効果が得られます。

・フッ素⇒虫歯予防

・ポリフェノール⇒口臭の改善

スポンサーリンク

ほうじ茶 カスタマイズ

スタバなど街中のカフェでもほうじ茶が飲めるところが広がっています。

スタバのほうじ茶 クリーム フラペチーノをチョコやキャラメルソースで
カスタマイズするのがかなり流行っているようです。

又ほうじ茶に、ミルクや和パフェやムースなど和洋折衷に
カスタマイズしたスイーツや飲みものが販売され、いずれも好評で
ハーゲンダッツの「ミニカップ ほうじ茶ラテ」を期間限定で発売しましたが、
予想以上に売れ行きで予定より2ヵ月ほど早く販売を終了しました。
再度の販売を望む声が広がっているそうです。

セブンイレブンは11月下旬に「栗とほうじ茶の和ぱふぇ」を発売予定。
ファミリーーマートは7日から「~ほうじ茶薫る~クレームショコラ」を発売
しています。

ほうじ茶は優しい味なので何にでもよく合い自分流にカスタマイズする
楽しさがありますね。

私が今ハマっているのはルイボスティ&ほうじ茶ミルクティです。
身体によさそうで美味しく、香りもグッドで癒されます。

まとめ

緑茶も紅茶もほうじ茶も茶葉が同じってご存知でした?

緑茶は焙煎がなく、紅茶は発酵させ、ほうじ茶は焙煎の過程があるっていう
違いがあるだけです。

それで随分味や香りが違ってくるんですね。

お茶って奥が深いですね。

優しい味で癒される香りのほうじ茶をそのままあるいは自分流に
カスタマイズして愛飲したいと思います。

スポンサーリンク

-健康
-, , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

べジブロスとは?その効果は?向き不向きの野菜ってあるの?作り方やレシピは?

花粉症 何故のどが痛むの?どうすれば楽になるのでしょう?

花粉症の症状というと、目のかゆみや鼻水だって思いますが、実際に 花粉症の方の80%もの方がのどの痛みやかゆみといった症状で 辛い思いをしてるそうなんです。 風邪をひいた場合の喉の痛みとは違うようですが …

カマンベールチーズが認知症の予防になるってホント?

スポンサーリンク 高齢化に伴い認知症は本人は基よりその家族また取り巻く人々等 社会にもたらす影響は大変大きいな社会問題になっています。 認知症な患者さんは今後ますます増加すると言われています。 元気な …

低体温は何故良くないのでしょうか?体温を上げるメリット? 低体温の原因と低体温を上げるには!

今、36度以下という「低体温」の人が増えているとか。 あなたの平熱は何度? 実は私も低体温です。 お医者さんでも何度測り直しても36℃に達しません。 ですから37℃あればもうふらふらです。 昔は「私低 …

毛細血管 減っていませんか? 若返りの切り札は毛細血管! 毛細血管を増やすには!

毛細血管が歳と共に減るって知ってました? 毛細血管は私たちの臓器に張り巡らされていて 身体の隅々まで酸素と栄養を送り届けてくれます。 そう毛細血管は全身に巡っているんです。 それが歳とともに減っていく …