amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

節分と柊鰯は何故関係あるの?いつからいつまで飾るの?その後の対処方は?

今や節分と言えば豆まきと恵方巻ですが、柊鰯も
浮かんでくるのではないでしょうか。

節分って?こちらもどうぞ

スポンサーリンク

なぜ柊や鰯が節分と関係あるんでしょうか

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、
また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言う
「魔除け・厄よけ」として、柊の小枝に焼いた鰯の頭を戸口や門に
さしておく風習ですが、この
柊に鰯をさして飾る文化は関西が発祥と知られています。

時代は違いますが恵方巻も関西が発祥の地なので
面白いなって思います。

今でも伊勢神宮でお正月に売っている注連縄には、柊の小枝が挿してあるように
柊鰯は古くから行われていたようです。

由来は平安時代にまで遡り、江戸時代には浮世絵や
今の絵本に当たる黄表紙にも柊鰯が描かれていたようです。

昔から臭いの強いものや尖ったものは
鬼が嫌うと言われていました。

節分は立春の前日、昔は大晦日の意味がありました。

柊は、葉のとげが鬼の目を刺す、そして鰯の焼いた臭いで、鬼(災い)を追い払う
という意味が込められています。

新しい年を迎えるにあたって、厄除けとして魔物や災難をよける
おまじないとして鬼の嫌いな強い臭いのイワシをトガが痛い柊に
刺しておまじないとしたのです。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うためにその地方でさまざまな悪霊ばらい行事が行われます。

鬼・・つまりは邪気、災難を防ぐことだったんですね。

最近は柊鰯を玄関先につける家もあまり見かけなくなったようですが、
家の中に飾る方はまだまだ多いようです。

こうした意味合いから今も節分に
鰯料理を食べる方は多いようですね。

又寒い季節に鰯を食べることは、
DHAやカルシウムなど栄養が豊富なので、節分に食べることで
健康づくりにも役立ち真の意味での厄除けになりますよね。

鰯はいつごろからいつまで玄関に飾るんでしょうか?

柊鰯の節分行事は、
正月行事が一段落する小正月(1月15日)の翌日から
節分の翌日である立春になったら、取り下げるのが一般的なようです。

節分の日に飾り、2月一杯は飾り外すや雨水(2月19日)までにははずす
というところもあるようです。

スポンサーリンク

そのあと柊と鰯はどうするのですか?

ゴミ収集車と共に・・・ていうのも何だかなって
思いますね。

昔は、川に流したそうでが、
いわし飾りは白紙で包んで塩で清めた後ゴミ収集車で対処すれば
良いのではないでしょうか。

同じごみ収集車でもそうすることで気持ちもスッキリしますね。

節分に食べるイワシはどんな料理法でもいいのでしょうか?

節分に食べるイワシって、どんな料理法でもOKのようですよ。

豆まきの豆にピーナツ(落花生)をまくくらいですから、
鰯もフライや丸干し、メザシ、イリコ、ちりめんじゃこでも
鰯ならなんでも大丈夫!

まとめ

日本には様々な行事がありますが、その土地の食環境で生まれた
ものも多いようです。

どれもが個性豊かな行事ですが、自分たちの身近な食べ物を用いて邪気を追い払い、
人々の健康や幸せを願っているということだと思います。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな祭りのおもてなしメニュー何にしましょ?お土産は?

初節句のひな祭りにご両親やご主人の両親を招く方も お多いのではないでしょうか。 そんな時ひな祭りらしくて皆が喜んでくれそうなメニューは 何がいいか悩みますね。 スポンサーリンク 関連

ちまき 柏餅の由来は?何故端午の節句に食べるの?

端午の節句(こどもの日)に欠かせない食べ物というと 「ちまき」「柏餅」ですね。 毎年このシーズンになるとスーパーや和菓子のお店に 並びます。 いつも美味しくいただいていますが、 なぜ端午の節句(こども …

十五夜(中秋の名月)にお団子やススキをお供えするのは何故?

お月見は、ほぼ毎月見ることが出来ますが、十五夜(中秋の名月)は いつものお月見とは異なります。 十五夜(中秋の名月)は、月を愛で、収穫を祝う行事だからです。 スポンサーリンク 関連

厄年とは?女性は何歳で数え年は?厄払いの仕方?

人には厄年と言われる厄が一生の間に何度かやってきます。 厄年って何なんでしょう。 全くの迷信と言う方もいますがやはり気になりますね。 スポンサーリンク 関連

おせち料理の意味は?一の重から与の重までの料理や食材の縁起物としての意味

蓋を取ると美しく詰めらたおせち料理に感嘆の声が上がります。 「めでたさが重なるように」重箱に入れることに意味があり 実は、その1つ1つのお節料理にも意味があります。 スポンサーリンク 関連