amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

節分と柊鰯は何故関係あるの?いつからいつまで飾るの?その後の対処方は?

今や節分と言えば豆まきと恵方巻ですが、柊鰯も
浮かんでくるのではないでしょうか。

節分って?こちらもどうぞ

スポンサーリンク

なぜ柊や鰯が節分と関係あるんでしょうか

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、
また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言う
「魔除け・厄よけ」として、柊の小枝に焼いた鰯の頭を戸口や門に
さしておく風習ですが、この
柊に鰯をさして飾る文化は関西が発祥と知られています。

時代は違いますが恵方巻も関西が発祥の地なので
面白いなって思います。

今でも伊勢神宮でお正月に売っている注連縄には、柊の小枝が挿してあるように
柊鰯は古くから行われていたようです。

由来は平安時代にまで遡り、江戸時代には浮世絵や
今の絵本に当たる黄表紙にも柊鰯が描かれていたようです。

昔から臭いの強いものや尖ったものは
鬼が嫌うと言われていました。

節分は立春の前日、昔は大晦日の意味がありました。

柊は、葉のとげが鬼の目を刺す、そして鰯の焼いた臭いで、鬼(災い)を追い払う
という意味が込められています。

新しい年を迎えるにあたって、厄除けとして魔物や災難をよける
おまじないとして鬼の嫌いな強い臭いのイワシをトガが痛い柊に
刺しておまじないとしたのです。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うためにその地方でさまざまな悪霊ばらい行事が行われます。

鬼・・つまりは邪気、災難を防ぐことだったんですね。

最近は柊鰯を玄関先につける家もあまり見かけなくなったようですが、
家の中に飾る方はまだまだ多いようです。

こうした意味合いから今も節分に
鰯料理を食べる方は多いようですね。

又寒い季節に鰯を食べることは、
DHAやカルシウムなど栄養が豊富なので、節分に食べることで
健康づくりにも役立ち真の意味での厄除けになりますよね。

鰯はいつごろからいつまで玄関に飾るんでしょうか?

柊鰯の節分行事は、
正月行事が一段落する小正月(1月15日)の翌日から
節分の翌日である立春になったら、取り下げるのが一般的なようです。

節分の日に飾り、2月一杯は飾り外すや雨水(2月19日)までにははずす
というところもあるようです。

スポンサーリンク

そのあと柊と鰯はどうするのですか?

ゴミ収集車と共に・・・ていうのも何だかなって
思いますね。

昔は、川に流したそうでが、
いわし飾りは白紙で包んで塩で清めた後ゴミ収集車で対処すれば
良いのではないでしょうか。

同じごみ収集車でもそうすることで気持ちもスッキリしますね。

節分に食べるイワシはどんな料理法でもいいのでしょうか?

節分に食べるイワシって、どんな料理法でもOKのようですよ。

豆まきの豆にピーナツ(落花生)をまくくらいですから、
鰯もフライや丸干し、メザシ、イリコ、ちりめんじゃこでも
鰯ならなんでも大丈夫!

まとめ

日本には様々な行事がありますが、その土地の食環境で生まれた
ものも多いようです。

どれもが個性豊かな行事ですが、自分たちの身近な食べ物を用いて邪気を追い払い、
人々の健康や幸せを願っているということだと思います。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

酉の市 浅草とは?かっこめ はっこめって?熊手粋な買い方?アクセスは?

お盆の8月16日 京都の五山の送り火観賞スポットは?穴場は?

スポンサーリンク 京都四大行事の1つ、1年に一度の「五山の送り火」が夏の夜空に浮かびます。 送り火を見ながら先祖に思いを馳せ、静かに手を合わせたいものです。 五山の送り火の見物客は10万人越えと言われ …

初詣 いつまでに行けばいいの?どこに行く?

新年に初めてお寺や神社にお参りする初詣。 毎年出掛けられますか? 私は最近では毎年参拝しています。 でも行く日は様々、大みそかから出かけたり、元日は凄い人だからと 2日や3日に出掛けることも。 初詣っ …

熱田神宮 初詣 アクセスと混雑状況

三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」をご神体として祀り、 伊勢神宮に次ぐ由緒ある神社で 19万㎡東京ドーム約4個分の広さっていうんですから驚きです。 境内には本宮や別宮に、8つの摂社と1 …

豊川稲荷 初詣 混雑状況は?お参りの仕方?屋台や参道のお店は?

スポンサーリンク 商売繁盛や金運アップの神様として全国的に知られる豊川稲荷。 正月三が日の初詣客は約134万人だそうです。 この数字を見ただけで初詣の混雑状況が分かる気がしますね。 スポンサーリンク …