amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

インフルエンザ 免疫力アップ基本3つ

インフエンザにかからないためには手を洗うなどの予防対策がありますよね。

インフルエンザ予防

でも一番大切なのは自分の免疫力だと思います。

スポンサーリンク

免疫力アップ基本3つ

免疫力を上げるには

1.体温を上げる

2.ストレスの軽減

3.食生活

が大切だと言われています。

免疫力を付けてインフルエンザにかからないようにすることは
他の病気にもかかりにくいということです。

免疫力は元々わたしたちの身体に備わっていますが、色々な原因で落ちます。

具体的に

1.体温を上げる

免疫細胞である血液中の白血球は体温が下がると血管が収縮するため
白血球を集めることが出来なくなるため
ウイルスや細菌をやっつけることが出来ません。

反対に免疫力は私たちの体温が1℃上がると5~6倍アップする
と言われています。

体温を上げることはインフルエンザだけでなく
全ての病気に対して免疫を発揮してくれるのです。

・体温を上げるには、、適度な運動で筋肉量を増やしましょう。

・入浴時は湯船に浸かるようにしましょう。

・体を温める食材(ショウガ、根野菜、納豆、チーズなど)を摂るようにいましょう。

スポンサーリンク

2.免疫力を高める食べ物

◆整腸作用のある食べ物⇒免疫細胞の70%は腸に存在すると言われています。
            善玉菌を増やして腸内環境を整えれば免疫力も
            UPします。
            
・ヨーグルト・・・善玉菌が豊富で是非摂りたい食べ物ですが、
         時間が経つと排出されてしまうので毎日摂りたいですね。
 
     
  

・納豆・・・納豆菌は善玉菌を増やします。
      納豆に含まれるナットウキナーゼは強い抗菌作用と免疫力を高めます。
      感染予防の強い味方です。

・玉ねぎ、にんにく、バナナ・・・乳酸菌の餌になるオリゴ糖が含まれています。
           
◆抗酸化力のある食べ物⇒抗酸化力が高いビタミンA・C・E、ミネラル「セレン」
            「亜鉛」「銅」「マンガン」

・ほうれん草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、水菜、カボチャ、モロヘイヤ、
 キウイなどはビタミンA・C・E のすべてを含んでいます。

・牡蠣、うなぎ、牛肉、豚肉・・・「亜鉛」

・ウニ、しらす干し、ゴマ・・・「セレン」

・干しエビ、ココア、レバー・・・「銅」

・生姜、海藻、豆類・・・「マンガン」

3.ストレスの軽減

◆適度な運動⇒ストレスに効果的なホルモンの分泌を促します。
       
       ストレスに耐性が出来ます。

       熟睡できるようになります。

・ウォーキングやランニング等

激し過ぎる運動は逆効果になります。適度こそがストレス解消につながるのです。

まとめ

インフルエンザだけでなくあらゆる病気の予防には
免疫力が関わってるんですね。

バランスの良い食事と睡眠、適度な運動
やはりこれに尽きるようですね。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフルエンザ予防接種 赤ちゃんは受けられるの?副作用などは?

お外に出られるようになった赤ちゃんは、様々なウィルスや菌を 貰ってしまうこともあり心配が絶えません。 これからの時期インフルエンザが流行り赤ちゃんがいるママは 不安ですね。 大人はインフルエンザの予防 …

あがり症あるある原因と克服法

プレゼンや朝礼、挨拶など人前で話さなければならない時 緊張してドキドキし、声や手が震えたり汗が出てくる経験は ありませんか。 そんなあがり症を克服出来る方法をお伝えします。 スポンサーリンク 関連

みょうがお好きですか?みょうがの由来 栄養価や保存は?レシピも

夏の薬味として欠かせないみょうが。 野菜としては脇役ですが、栄養価は優れものです。 今回はみょうがについてのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

喉のつかえ症状と原因と治し方

風邪でもないのに喉が変。 喉に何かがつかえたような感じだったり、飲み込んでも飲み込んでも ひかかってるような感じがしたり喉がつまって苦しい…など 「違和感」を感じたことはありませんか? そんな喉のつか …

花粉症 何故のどが痛むの?どうすれば楽になるのでしょう?

花粉症の症状というと、目のかゆみや鼻水だって思いますが、実際に 花粉症の方の80%もの方がのどの痛みやかゆみといった症状で 辛い思いをしてるそうなんです。 風邪をひいた場合の喉の痛みとは違うようですが …