amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

七草がゆの由来? 何故春の七草を入れるの?ダイエットにも良いって?


1月7日、松の内の最後の日には七草粥を食べる習慣がありますね。

由来は何なんでしょうか? 何故春の七草を入れるんでしょうね?

スポンサーリンク

七草がゆの由来

1月7日は、3月3日の「桃の節句」などと同じ「五節句」のひとつで、
「人日の節句」です。

七草がゆはその行事食になります。

「人日の節句」というのは、“人の日”という意味で、
古来中国では1月1日から鶏、犬、いのしし、羊、牛、馬
の6種類の家畜の運勢を順番に占っていき、1月7日に人の運勢の吉凶を占って
「七種菜羹(ななしゅのさいかん)」という特別な椀に野草を入れた
吸い物を飲み無病息災を願う風習がありました。

奈良時代にこの風習が中国から伝わると、
年の初めに芽吹いた若菜を摘んで食べる「若草摘み」という風習や、
1月15日に米、あわ、ひえ、きび、ごま、小豆、みの米という
7種類の穀物でおかゆを作る「七種がゆ」の風習など、
日本古来の文化が結びついていきました。

何故春の七草を入れるの?

この頃は「七草がゆ」ではなく「七種粥」で7種類の意味でした。

穀物が野草へと姿を変えたのは、鎌倉時代のことです。

新暦ではお正月は冬ですが、旧暦ではお正月は春にあたるので、
長い冬をじっと耐え、雪の下から芽吹いた春の若草を食べることで、
生命力や栄養が取り入れられ、
無病息災に通じると考えられていました。

それがのちに春の七草を入れて、七種類の草と書く「七草がゆ」に変化した
といわれています。

春の七草は、
セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロのことですが
これらが、春の七草になったのは、1360年代に四辻善成が書いた
『河海抄(かかいしょう)』という書物に、
春の七草として紹介されていたからだといわれています。

・セリ⇒水辺の山菜で香りが良く、ビタミンAやビタミンBカルシウムが含まれ
    食欲増進につながります。

・ナズナ⇒ぺんぺん草のことで、昔は一般的な食材として取り入れられていました。
     二日酔い解消になると言われています。

・ゴギョウ⇒別名・母子草と言って、かぜの予防や解熱に効くとされていました。

・ハコベラ⇒目に良いとされるビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなったそうです。

・ホトケノザ⇒別名タビラコといい、食物繊維を豊富に含んでいます。

・スズナ⇒蕪のことで、ビタミンAやカルシウムが含まれ
     健胃効果がありと言われています。

・スズシロ⇒大根のことで、ビタミン、ミネラルが含まれ
      消化を助け、気管支炎や扁桃腺予防にもなるといわれています。

この時期になるとスーパーでは春の七草を揃えた七草セットが並ぶので
簡単に手に入り手軽に七草がゆを作る事が出来ます。

地域によってとれるものが違うとことや、
その地域や家の文化が反映されていて
野菜以外の具やお餅を入れて7種類とするところなど様々なようですが、

自然界から新しい生命力を頂くという本来の意味に添えば
十分理に適ってると思います。

春の七草にこだわることなく、ネギ、ホウレンソウ、ミツバなど、
新鮮な野菜で楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

ダイエットにも良いって?

七草がゆは一膳で約140kcalと言われています。

カロリーは低くおかゆなので胃腸にやさしくお正月のご馳走やお酒で
弱った胃腸を労わるにはピッタリです。

でもダイエットとなると一回くらいお粥を食べたくらいでは
ちょっと・・・と言う感じです。

でもそれをきっかけに青菜を食べ、食べ物に気を付け
体重にも関心を持つことが出来れば
ダイエットにも繋がっていくと思います。

まとめ

一月は「睦月」と言いますが、字が表す通り親睦を図る月の意味があります。

お正月の行事や七草がゆの行事食が睦まじい月に相応しい行事だ
と言えると思います。

七草がゆが一年を健康で美しく過ごすきっかけになればいいですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おみくじ 凶 大凶の意味? おみくじは神社でもお寺でも売ってるの?おみくじの引き直しは?

初詣に行ったら皆さん必ずと言っていいくらいおみくじを引きますね。 運試しって言うか今年の運勢は?って思いながら、別に信じてるわけではなく あくまで占いの範疇を超えない気持ちで引きますが、 いざ引くと凶 …

「父の日」の由来と「母の日」との関係、本来のプレゼントは?

スポンサーリンク 「母の日」は5月の第2日曜日、「父の日」は6月の第3日曜日 というのはもうすっかり定着していますね。 「母の日」と「父の日」は何か関係があるのでしょうか? 「父の日」の設定にはやはり …

ひな祭りのおもてなしメニュー何にしましょ?お土産は?

初節句のひな祭りにご両親やご主人の両親を招く方も お多いのではないでしょうか。 そんな時ひな祭りらしくて皆が喜んでくれそうなメニューは 何がいいか悩みますね。 スポンサーリンク 関連

今更訊きにくい七五三の疑問7っ

子供の成長はパパママにとって一番の関心ごと。 健やかな成長をお祝いする七五三は一大イベントです。 何となく分かっていても男の子と女の子とのお祝いする年齢や違い、 お参りの時期などきちっとは分からなこと …

初詣 いつまでに行けばいいの?どこに行く?

新年に初めてお寺や神社にお参りする初詣。 毎年出掛けられますか? 私は最近では毎年参拝しています。 でも行く日は様々、大みそかから出かけたり、元日は凄い人だからと 2日や3日に出掛けることも。 初詣っ …