amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

年賀状に添える一言 文例や 避けたい言葉

そのまま印刷されただけの年賀状を送るのは愛想がない、何か一言添えたいけど
いざその一言が浮かばないってことありませんか?

年賀状を頂くのはありがたいけれど、味気ない年賀状が届くと
内心ガッカリしてしまいます。

年賀状をもらう立場からすれば、シンプルでも
書いた人の自筆の一言があれば何となくほっこりして嬉しいものですね。

なのでこちらから差し上げる場合は何か一言添えると
きっと受け取った方は喜んでくれるに違いありません。

「本年もよろしくお願いします」と印刷されたものに「今年もよろしく!」と
書き添えたえら変でしょ、そうならにように
気を付けたいですね。

何か一言添えるつもりなら印刷するにしても初めから出来たのを
使うにしろ少し余白があるの年賀状がいいですね。

一言でも心に響く言葉を添えてみませんか…

スポンサーリンク

年賀状に添える一言

送る人によって話題の傾向が違ってきますよね。
例えば

・友人、親戚、恩師へは近況報告などが喜ばれると思います。

就職、転職、異動、結婚、出産、子どもの成長、資格取得などを、

・友人、同僚へはお互い共通の話題など例えば

趣味、仕事、最近会った時のことなどを添えると共感を呼びそうです。

・上司、恩師へは

今年の目標など例えば仕事やプライベートでの抱負などを添えると
やる気を感じてくれそうです。

関係別文例

誰にでも共通で書ける無難な一言

「楽しいお正月をお迎えでしょうか」
「お変わりありませんか」
「旧年中は大変お世話になりました」
「本年も変わらぬおつきあいをよろしくお願いいたします」
「皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします」
「心豊かな一年になりますように」
「本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます」
「幸多き一年となりますように」
「素敵な一年になりますように」

上司・先輩向け

「昨年は格別のご指導を賜り 厚くお礼を申し上げます」
「旧年は温かくご指導くださり 誠にありがとうございました」
「〇〇プロジェクトでは大変お世話になりました」
「さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です」
「本年もご指導のほど よろしくお願いいたします」
「今後も〇〇の件など ご教授ください」

少し硬い表現としては

「本年も御指導御鞭撻のほどよろしくお願いいたします」

少し柔らかい表現としては

「お心遣い頂きありがとうございます」
「優しく指導していただきありがとうございます」
「たくさんのことを学ばせていただきました」

自分の目標や心境を伝える場合としては

「本年もご期待に添えるよう精進いたす所存です」
「○○○(具体例)についてはご指導のおかげで自信がついてきました」

などがあります。

同僚向け

「今年も共にがんばりましょう」
「本年も新たな気持ちでがんばりましょう」
「共に飛躍の年にしましょう」

部下・後輩向け

「着実に成果を上げていて頼もしい限りです」
「仕事への姿勢に感動しました」
「さらなる成長を期待しています」

友人など

「〇〇さんにとって素敵な1年になりますように!」とポジティブな言葉で
締めくくること。

より親しい友人の場合、その年にあったイベントについて

スポンサーリンク

「○○楽しかった。また行こうね。」
「今年はどんなことがあるか楽しみだね」

「今年も飲みに行きましょう」
「いつも ありがとう!」
「今年こそゆっくり会いたいですね」
「毎年 賀状の家族写真を楽しみにしています」
「今年も切磋琢磨してがんばりましょう」
「新年会で会えるのを楽しみにしています」

恩師など

「ご無沙汰しておりますが お元気でご活躍のことと思います」
「おかげさまで忙しいながらも充実した日々を過ごしております」
「同窓会でお目にかかるのを楽しみにしております」
「〇〇先生のご健康をお祈りいたします」

取引先・お得意様・顧客へ

「今年も皆様のお役にたてるよう 一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります」
「本年も社員一同さらなる努力をもって 皆様のお役に立てるよう頑張る所存です」
「本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます」
「本年も変わらぬご交誼のほど何卒よろしくお願い申し上げます」
「貴社益々のご発展をお祈り申し上げます」
「御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」

親戚

「寒い日が続いています。お体お大事にしてください。」など
相手を思いやる気持ちを前面に出すといいですね。

子供のことを書くのは罪がなくていいですね。

「○○が幼稚園に通い始めました」

自分のほうの話題を書く場合は
相手に対する一言を先に書き、
その後で自分のことを書くようにしたいですね。

親族・祖父母向け

「ご無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか」
「どのような新年をお迎えでしょうか」
「おかげさまで家族一同元気に新年を迎えております」
「今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております」
「お体を大切にしてくださいね」
「寒さ厳しき折 ご自愛ください」
「今年はお会いできるのを楽しみにしています」

娘の嫁ぎ先の両親

「いろいろお世話になると存じますが、よろしくお願いいたします」

避けたい言葉

年賀状で避けたい表現に「忌み言葉」があります。

新年ですから暗い後ろ向きな表現は避けたいですね。

例えば、「去(る)」「失(う)」「滅(びる)」「絶(える)」
「暗(い)」「病(む)」「痛(み)」等です。

そう考えると、「去年」「失うものはない」「滅多に会わないけど」
「明暗」「職業病」「絶好調」「痛いほど分かる」などは
使うべきでないということになりますね。

<何気で使いそうですが使ってはいけない例文>

一見良さそうな表現ですが、使ってはいけない表現です。

・去年は明暗を分けたね!滅多に会わないけれど、想いは痛いほどわかる!

・今年は失うものはない!絶好調で頑張れ!

忌み言葉が入ってるなんて意識しないで、
励ましたり共感したりしてるつもりだと思いますが
いつの間にか使ってることも多いようです。

年賀状は特に意識して、気を付けたいですね。

まとめ

忌み言葉など、知らなければそのまま使ってしまいそうです。

知らない間に傷つけたりしてたかもしれないと思うと
ちょっと気がかりです。

これからは、喜んでもらえる一言と使うべきではない言葉
気を付けたいと思います。

スポンサーリンク

-歳時記
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

酉の市 浅草とは?かっこめ はっこめって?熊手粋な買い方?アクセスは?

今更訊きにくい七五三の疑問7っ

子供の成長はパパママにとって一番の関心ごと。 健やかな成長をお祝いする七五三は一大イベントです。 何となく分かっていても男の子と女の子とのお祝いする年齢や違い、 お参りの時期などきちっとは分からなこと …

十五夜(中秋の名月)って?十五夜にお供えするのはどうして?満月じゃないの?

中秋の名月は満月って思っていませんか? そもそも中秋の名月って何なんでしょう? 十五夜にお供えするのは何故なんでしょう? スポンサーリンク 関連

端午の節句はなぜ5月5日で子供の日なの?鯉のぼりや5月人形を飾るのは何故?

スポンサーリンク 「端午の節句」と言うと「5月5日」「こどもの日」ですね。 そもそも「端午の節句」ってどんな日か、 それがなぜ5月5日で子供の日なのか? なぜ鯉のぼりをあげたり、 五月人形や鎧兜を飾る …

鏡餅食べ方は?カビはどうする?アルコール除菌スプレーは効きません!

1月11日の「鏡開き」の日に鏡餅カビてたらどうします? 最近は真空パックになった鏡餅が主流なのでカビの問題からは 解放されますが、生の鏡餅なら絶対と言うほどカビは 生えますね。 カビの生えた鏡餅は、見 …