amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

大掃除 外せない網戸は?サッシのレール掃除も一緒に!

網戸を外せたら思いっきり洗えて楽だしスッキリ、キレイになるのに
って思ってませんか?

マンションなどの場合外せても洗う場所がないって場合もあるかと思います。

外せない網戸はどうやったらスッキリ、キレイになるのでしょう?

そんなお悩みを解決しちゃいましょう。

スポンサーリンク

夏の間毎日窓を開けて風を入れていた分、網戸は殊の外汚れています。

網戸の外側は・花粉 ・砂・泥 ・黄砂 ・排気ガスなどの汚れが付着!
内側は家の・綿埃・カビ・キッチンの油・手垢 ・タバコのヤニ などで
汚れています。

汚れた網戸だとどうも空気が通らない感じがしますよね。

外せない網戸しっかり汚れが落ちる方法は

手軽でしっかり汚れが落ちる方法は・・

1.メラニンスポンジ

用意するもの:

・メラニンスポンジ

100円ショップで売ってる激落ちくんなどのメラニンスポンジです。
四角くキューブ状に切ったのがありますが、其れではなく
自分でカットできるタイプのものがおススメです。

・水を入れたバケツ

やり方:

メラミンスポンジを濡らし絞ってから網戸を上から下に優しく撫でるように
擦っていき汚れたら水を入れたバケツで濯ぎ、又繰り返します。

外側が出来る場合は同じようにこすってください。

強く擦ると網戸が弛んでしまうので気を付けて。

スポンサーリンク

2.メラニンスポンジと重曹を使って

用意するもの:

・メラニンスポンジ

・重曹

重曹は弱アルカリ性で油汚れに強く
セスキ炭酸ソーダより粒子が荒いので研磨力があり網戸の汚れには
最適です。

バケツにぬるま湯水500ml、重曹小さじ2と1/2を入れ重曹水を作ります。
重曹は溶けにくいのでお湯の方が適しているようです。

やり方:

メラミンスポンジを重曹水で濡らし1.と同じように
網戸を優しく擦ってください。
上から下。左から右へ。
左利きの方は右から左へかしら・・・

スポンジが汚れてきたらバケツの水で洗い
汚れがひどくなったら交換して下さい。

メラミンスポンジはメラミン樹脂をスポンジにしていて
使うと削れていくので、掃除し終わったら網戸の隅に
メラミンスポンジの汚れたカスが少し落ちているかもなので
そこは掃除機を使い吸い取ったりティッシュなどで取ってください。

これだけで汚れが落とせ見違えるようにスッキリします。

メラニンスポンジは色々な汚れを簡単に落とせ、
安価なのでとてもいいですね。

サッシレールの掃除

・割り箸に濡らしたボロ布など巻きつけます。

それで拭き取ればサッシもピカピカ!

細かいところは綿棒も使いましょう。

仕上げに酢水を含ませた布で拭いておくとカビの発生を防ぎます。

まとめ

外せない網戸の掃除如何ですか?

簡単でしょ!

これでいつもやらなきゃあと思いながら外せないので後回しになってた
網戸もスッキリですね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こちらが喪中の時のお歳暮はどうすればいいんでしょう?贈ってもいいの?マナーは?

こちらが喪中の時年賀状を出すのを失礼したり お正月の行事を差し控えたりする中で お歳暮はどうすればいいのか、贈るべきかやめるべきか悩まれる方も いらっしゃるかと思います。 こちらが喪中の時のお歳暮の対 …

脇汗のニオイは汗脇パッドで防げるの?

汗腺が集中しているわきの下は、汗をかきやすいのは言うまでもありませんが、 汗をかいたままにしておくと、雑菌が繁殖して嫌なニオイが発生します。 周りの人にも不快感を与えてしまう嫌なニオイを防ぐためにも …

ラッシュガードって?効果や選び方は?

ラッシュガードっていう名前を聞いた時ラッシュアワーをガードできる 何かのアイテムかなって思いました・・・ 全然違いましたが、UV対策と知って納得したと同時に時代の流れを 感じました(笑) スポンサーリ …

干し芋の作り方や干し芋を使ったレシピは?白いのはカビ?保存はどうするの?

栄養価が高く便秘やダイエットにももって来いの干し芋 自宅で簡単に作れるので作ってみませんか! 添加物も一切ありません。 お子さんにも安心ですね。 干し芋を使ったレシピもお伝えしますね。 ホントに簡単で …

お盆の8月16日 京都の五山の送り火の 豆知識 起源やご利益は?

送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知らているので 「大文字焼き」って呼ばれることが多く、 雑誌やテレビでも「大文字焼き」という慣習的な表現を使いますが、 地元の方は「五山の送り火」と …