amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

スズメバチに注意!スズメバチっていきなり刺すの?被害に合わない為に気を付けることは?

行楽シーズンの秋は、スズメバチが攻撃的になる時期と重なって
刺される被害が相次ぎます。

今年も公園にいた人たちが襲われる被害が出ています。

被害に合わないためにはどうすればいいのでしょうね。

スポンサーリンク

スズメバチに注意

スズメバチの被害

スズメバチに刺される被害は例年、8~10月に集中しています。

この時期は翌年に女王バチになる蜂の養育が始まり、
働きバチは神経質になっていると言います。

巣の防衛範囲は半径5~10m。
この範囲に人が立ち入ると、攻撃を受ける危険があります。

スズメバチに刺されると、、激しい痛みに襲われます。

スズメバチの毒は特定の血清がないため、刺されると死に至る危険性もあるそうです。

気を付けたいのは、かつて刺されたことのある人です。

再び刺されると、強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)が
起きることがあります。

急な血圧低下や呼吸困難に見舞われ、30分程度で死に至るケースもあって、
疑わしければ速やかに受診しないと危険です。

厚生労働省の人口動態調査によるとハチによる死亡者数は2016年に19人
に上るそうです。

大半がアナフィラキシーショックによるとみられています。

スズメバチっていきなり刺すの?

玉川大農学部長の小野正人さんによると、

「いきなり刺されることは稀です」と言うことです。

「まず、『監視役』のハチ2~3匹がまとわりつくように飛び回り、『カチカチ』
と歯ぎしりのような音や羽音を出してくる。これ以上、巣に近づくなとの警告です」

警告を無視して留まったり、慌ててハチを手で払ったりするのは避けましょう。

監視役のハチは巣を攻撃してきたと判断し、「警報フェロモン」をばらまきます。

すると、巣にいるハチがフェロモンを感知し、一斉に襲い掛かってきます。

警告に気付いたら、慌てず静かにその場を離れることが肝心です。

小野正人さんは
「スズメバチの被害が目立ち始めたのは1980年代で、
里山の宅地化が進み、スズメバチが住宅の軒先や屋根裏、橋の下などに
巣を作るようになった。
人との距離が近くなり、被害が相次ぎようになった」と説明します。

又「信州日本みつばちの会」の会長でハチ研究家の富永朝和さんは

「20~30年前はスズメバチやミツバチは田舎しかいなかったものですが、
近年は都会でも非常に増えている。
田舎で殺虫剤などによるハチの駆除がどんどん進み、都心部へ移動してきている。
ハチにとっては、もはや都会の方が生きやすい環境なのです」と。

スポンサーリンク

スズメバチに刺されないためにはどうすれば?

被害に遭わない心得

1.黒いものを襲う習性があるので、黒っぽい服は避ける。

2.頭も刺されやすいので、帽子を被ったり、タオルで覆ったりする。

3.ハチの針が肌まで届きにくい厚手の長袖、長ズボン、を着用する。

4.香水や制汗剤の香りや成分は、ハチを刺激する恐れがあるため使わない。

遠足の経路やマラソン大会のコース付近にスズメバチの巣がないか
下見をするの大切ですが、巣の大きさや働きバチの数は月が違うだけで
大きく異なります。

巣が小さいと見逃してしまうことがあるので、下見は直前にしたいものです。

又橋の下や目につきにくい場所に作られていることもあるので、
十分注意しながら、入念にしたいですね。

まとめ

スズメバチ怖いですね。

知らない間に巣に近づいてる可能性もあるので注意が必要ですね。

もしハチあったら!慌てず静かにそっと退散しましょう。

ハチを刺激しては絶対にダメですよ!

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アサリを使った簡単で美味しいレシピ

潮干狩りで採ってきたアサリ、折角の新鮮なアサリのうまみを一層引き出す 激うまレシピのご紹介です。 スポンサーリンク 関連

お外で歩かない赤ちゃん どうすればいいの?

この前知人のAさんの娘さんのお子さんが「雄叫びを発する」記事を 書きましたが、そのお子さん(龍くん)が お家では歩けるんですが外で歩かないそうです。 歩き始めたのは1歳4カ月になる少し前位で、決して早 …

台風の時の自転車通勤は大丈夫?台風に備えて自転車は倒しておく方がいいのでしょうか?

天気予報やニュースでは、台風の時は外出しないで家にいるようにと 身の安全を考えるようにと再三放送されますが、 残念ですが、そうしたくても出来ないのが、サラリーマンの人たちです。 会社までの道のりは皆さ …

暑さ対策 日本の知恵 よしず、簾(すだれ)で!

近年猛暑が続いています。 100年前と比べると2度も上昇してるそうです。 部屋に差し込む強い日差しが、室温をより上昇させ 部屋にいても熱中症にかかってしまう例も多く聞きます。 エアコンの普及でエアコン …

暑さ対策は緑のカーテンで、実益も兼ねて!

緑のカーテンは、グリーンカーテンとも呼ばれ、ゴーヤーやアサガオなどの つる性植物をネットに絡ませて、カーテンやシェード風に仕立て、 見た目が涼しげなだけではなく、植物が間近にあることで、 自宅にいなが …