amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

冬至って?何故柚子湯に入るの?

冬至、今年は12月21日です。

冬至って?

冬至と言えばナンキン、柚子湯ですね。

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。

こんな語呂合せから柚子湯に入るって思ってる方もいるかもしれません。

何故「ん」の付くものを食べるといいの?

冬至と言えば冬至には「ん」のつくものを食べると「運」を呼べる
と言われています。

なんきん、にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかんなど
運盛りと言われています。

又「ん」は「イロハニホヘト」や「あいうえお」が「ん」で終わるので、
「ん」は又初めに戻って生まれ変わる一陽来復の願いが
こもっっているとされています。


スポンサーリンク

一陽来復って?

冬至は一年の中で最も日が短かく、次の日からは日が長くなっていきますね。
ですから、冬至は生まれ変わる意味があって、冬至は世界各地でおめでたい
お祝いが盛んに行われていました。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、
この日を境に再び力が甦ってくることから、
陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、
冬至を境に皆が上昇運に転じるとしています。

明日から運が向く生まれ変わる区切りの日なんですね。

旧暦では冬至が暦を計算する上での起点になっています。

なぜ柚子湯に入るの?

柚子は耐寒性の為東北地方でも栽されています。

冬至は今で言えば大みそかに当たる訳で、
元は、新年が来る前日に厄払いの為のみそぎとしてのお風呂だったんです。

今でも大切な日に際して入浴する習慣は残っていますね。

端午の節句の菖蒲湯と同じように冬が旬の柚子は香りも強く、
強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。

ゆずは実がなるまでに10数年と、
とても時間がかかるので「ゆずの大馬鹿18年!」といわれる言葉もあるくらい
柚子は実るまでに長い年月がかかるります。

そういった意味から長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

柚子は耐寒性の為東北地方でも栽することが出来ます。

柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、
体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸や
ビタミンCによる美肌効果があります。

さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、
元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

只実るまで長い期間かかるから苦労が実るとかつよいかおりが邪気を払うとか
と言った理由ばかりではなく
実際柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、
風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸や
ビタミンCによる美肌効果があって古来の知恵は
凄いなって思いますね。

こちらも参考に

柚子湯のやり方は

よく写真などで見るのは湯船いっぱいの柚子を丸ごと入れています。

ぷかぷか浮いていて見た目にも効能がありそうに思えますね。

柚子湯に入りながら「一陽来復」と唱えると、さらに幸福になれるそうです。

柚子を輪切りや半分にカットしてお風呂へ入れると香りもよく、成分も出やすく
実質的ですが果肉や種がお湯に浮いてくるので
袋に入れてからお風呂に投入すれば香りや成分も出やすくって
一番無駄がなさそうです。

但し風情がありませんね。

一番おススメは輪切りや半分にカットにした柚子を袋に入れ
いくつかを丸ごとお風呂に浮かべる方法です。

風情も出て、香りや成分も出やすくっていいと思います。

まとめ

如何ですか?

昔から今に伝わるものって成る程って必ず思いますね。

昔の人々の知恵は永久不滅だなって思ってしまいます。

これからもこういった風習は残していきたいものですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「父の日」の由来と「母の日」との関係、本来のプレゼントは?

スポンサーリンク 「母の日」は5月の第2日曜日、「父の日」は6月の第3日曜日 というのはもうすっかり定着していますね。 「母の日」と「父の日」は何か関係があるのでしょうか? 「父の日」の設定にはやはり …

七五三の段取りどうする? 三つのパターンで完璧

七五三、近年はもう大忙しってところのようです。 着物もドレスも着せたい、写真撮影、そして神社への参拝、家族の食事会と 盛りだくさんのスケジュール。 あれもこれもと思うのは親心ですが、主役は子供なので …

十五夜(中秋の名月)にお団子やススキをお供えするのは何故?

お月見は、ほぼ毎月見ることが出来ますが、十五夜(中秋の名月)は いつものお月見とは異なります。 十五夜(中秋の名月)は、月を愛で、収穫を祝う行事だからです。 スポンサーリンク 関連

今更聞けない お彼岸って?何をするの?

スポンサーリンク 何気なくお彼岸って言葉を使い、過ごしてる中で、子供に「お彼岸ってなぁに?」 「何するの?」って質問されたとききちんと説明できない・・・ でも今更聞けないし・・・てことで調べました! …

ひな祭りのおもてなしメニュー何にしましょ?お土産は?

初節句のひな祭りにご両親やご主人の両親を招く方も お多いのではないでしょうか。 そんな時ひな祭りらしくて皆が喜んでくれそうなメニューは 何がいいか悩みますね。 スポンサーリンク 関連