amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

おみくじ 凶 大凶の意味? おみくじは神社でもお寺でも売ってるの?おみくじの引き直しは?

初詣に行ったら皆さん必ずと言っていいくらいおみくじを引きますね。

運試しって言うか今年の運勢は?って思いながら、別に信じてるわけではなく
あくまで占いの範疇を超えない気持ちで引きますが、
いざ引くと凶だったり究極の大凶が出た時はお正月なだけに
ちょっと引いてしまいますね。

3年ほど前神社に初詣に行ったとき大凶を引いてしまいました。

一緒にいた夫は大笑いしていました。

大凶なんて僅かしかないのにわざわざそれを引くなんてって。

ある意味大吉よりすごいんじゃないって。

まあそう言われればそうかもしれませんね。

スポンサーリンク

おみくじって神社でもお寺でも売ってるんでしょうか?

ちょっと疑問に感じてしまいました。

●おみくじは、神道独特の神占が進化したものです。
ですから海外に「おみくじ」は存在しないのです。

●神占は大変に重い儀式で各地の古社や皇室で今も行なわれています。

●この重い特殊の儀式を簡略化して一般の人も行なえるようにしたのが「おみくじ」です。

●おみくじは江戸後期になるとお寺でも行なわれるようになりました。

●おみくじのおたきあげは神社も寺も行ないます。
その他の例としては、どんどんやき、左義長、三九郎、奉焼祭 、などです。
また、おみくじを川や海に流したり、土に埋める風習もあります。

と言うことだそうで元々は神社にしかなかった「おみくじ」が
お寺にも浸透して行ったんですね。

おみくじの意味

おみくじは本来、運試しではなく神さまの意見を伺うためのもののようです。

運試しと思っていた私は大きな間違いをしてたってことになります。

吉や凶という言葉だけを捉えて一喜一憂しがちですが
凶はこれから悪いことが起きるという前触れの意味ではなく

今は悪いけれどこうすれば良くなりますよ、と言うアドバイスだそうです。

「今が底でこれからは良くなっていくしかないんだよ」
と言う意味でもあるようです。

神様はあなたに凶を引かせることで浮かれていては足元を掬われますよ
身を引き締めるようにと、注意を促してるのかもしれませんね。

とても心優しい励ましですね。

でもやっぱり引くときはワクワクしますね。

おみくじは引き直してもいいの?

本来は神様からのアドバイスなので一度引いたおみくじを
素直に受け入れるべきなのでしょうね。

自分が満足できるのが出るまでおみくじを引き直すということは、
神さまからのせっかくのアドバイスを無視しているのと同じですから、
良い訳ありませんね。

明智光秀が本能寺の変に出陣する際、おみくじを引いたエピソードは
有名ですが、1度目も2度目も凶で、3度目に吉が出て出陣しましたが
結局失敗に終わりましたね。

謙虚で素直な気持ちはいつの時代でも大切だってことですね。

おみくじの引き直しは基本的に止めておくべきですが、
もし、どうしてもおみくじを引き直したい場合は、
神さまに、丁寧にお願いしてから引くといいですね。

スポンサーリンク

おみくじの吉凶のバランス

おみくじの原型を作ったと言われる良源、

元三大師(がんざんだいし)慈恵大師(じえだいし)とも呼ばれていますが
「元三大師御籤帳」に記した内容によると、
大吉、吉、凶の割合は、

「大吉16%、吉35%、凶29%、それ以外が20%」
となっています。

今では凶を引いてショックを受けないようにか、凶を入れない神社も
あるようです。

菅原道真公を祀る東京の湯島天満宮のおみくじには、凶がありません。

湯島天満宮のおみくじには、道真公の誕生日と命日である25日にかけて、
大吉・吉・中吉・小吉・末吉が5本ずつの割合で入れられています。

又反対に凶が多い神社もあります。

東京の浅草寺。

浅草寺のおみくじは、江戸時代の元三大師御籤をほぼそのままの形で受け継いでいて、

大吉 … 17%
吉 … 35%
小吉 … 4%
末吉 … 6&
末小吉 … 3%
凶 … 30%

の割合だそうです。

おみくじの吉凶のバランスは神社やお寺が
それぞれ独自に吉と凶の割合を決めているんですね。

凶のおみくじは結んだ方がいいの?

必ずこうしなければという決まりはないそうです。

おみくじは神さまからのお便りのようなものなので、
吉であっても凶であっても、基本的には持ち帰り、
自身の戒めや行動指針とするものです。

でも、境内に結ぶのも間違いではありません。

おみくじを結ぶ習慣は江戸時代に生まれたもので、
悪い結果の場合、身代わりになってもらうという意味が込められていますが、

おみくじの内容やその時の気分に応じて、好きな方法を取れば大丈夫です。

まとめ

凶が出た場合、これから確実に運気が上がるので、
喜ぶべき結果だと解釈するすってことですね。

おみくじで凶が出たとしても、ぜひ前向きに受け取って、
これから良くなることを信じましょ!

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男性の厄年は何歳?厄払いの時期はいつ?喪中の時の厄払いは?

古くから厄年と言う考えが日本にはあります。 ただ単に迷信とやり過ごす方もいますが、厄年を人生の節目ととらえて 身を引き締め過ごす方も沢山いらっしゃる事と思います。 今回は男性の厄年のことについてのご紹 …

初詣に行きたい!東京・金運、開運パワースポット巡り 10

どの神社・寺院も個性的で、わくわくするパワースポットだらけです! 一年の最初の御参りは、寺社のパワーを頂きに参りましょう。 スポンサーリンク 関連

お彼岸には 結婚式や、引越し、車の納車、契約など大きな行事 をしてはいけないって本当?

お彼岸にはお祝い事は勿論大きな買い物もダメ、契約や引っ越しもいけない と考えてる方が多いようですが、ホントのところどうなんでしょうか? 自分が考えてはいなくても身内からお彼岸の時期のお祝い事を 控える …

七夕の行事食って?その由来って?皆が喜ぶアレンジは?

7月7日は七夕ですね。 織姫と彦星が一年に一度会える日として私たちの心に刻まれています。 又短冊に願いを書いて笹に付け願いが叶うことを 星に願う日でもありますね。 そんな七夕の行事食って何でしょう? …

ちまき 柏餅の由来は?何故端午の節句に食べるの?

端午の節句(こどもの日)に欠かせない食べ物というと 「ちまき」「柏餅」ですね。 毎年このシーズンになるとスーパーや和菓子のお店に 並びます。 いつも美味しくいただいていますが、 なぜ端午の節句(こども …