amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

お外で歩かない赤ちゃん どうすればいいの?

この前知人のAさんの娘さんのお子さんが「雄叫びを発する」記事を
書きましたが、そのお子さん(龍くん)が
お家では歩けるんですが外で歩かないそうです。

歩き始めたのは1歳4カ月になる少し前位で、決して早い方では
無かったそうです。

でもそれからはグングン進歩して今ではお家では小走りもするほどだそうです。

スポンサーリンク

1歳半の男の子が外で歩かない

もうすぐ1歳半になり、この前ニューバランスの
可愛いファーストシューズを購入して履かせてお外に行ったそうなんです。

親はもう嬉しくてすぐにホイホイ歩いてくれる
と思っていたら、下におろした途端龍くんは固まってしまって、
ママの足にしがみついて離さない。

その日はそれでもママが2,3歩後ろに下がって手を出すとよろけながらも
手を掴もうと前に進んだらしいです。

でも最後は泣き出して動かなくなってしまったんですって。

次の日はパパも一緒に公園に行って、抱っこしてたのをおろした途端
パパの足にしがみついて、離しません。

でママが手を離すと突っ立ったまま、この世の果てと思うほどに
泣き出して、いくらパパもママも声掛けしても、一歩も前に足が出ず、
泣きわめいたそうです。

堪りかねてパパが抱っこしたそうですが、パパが芝生に腰を落としても
パパの首に手をまわして離れないんです。

その写真Aさんから見せてもらいましたが、可哀想って思うはずが
ホントに可愛くて笑ってしまいました。

次はママが一人で公園に連れて行きましたが、今度は龍くんしゃがんだまま
泣き出し動かないまんまで、持って行ったピンクの大きなボールが前に
おかれたままだったそうです。

目に涙をため、泣きはらした顔でお家に着いた途端、大張り切り。

今迄のは何だったのと思うほど元気で楽しそうなんですって。

ママは呆れるやら、どうやったら靴を履いて歩いてくれるか
もう混乱状態だそうです。

スポンサーリンク

どうしたら歩いてくれるの

色々老婆心を出して調べてみました。
お友達のことで余計な事かもと思いながら・・・

靴が怖いと感じる子もいるようです。

今迄靴を履かずに裸足か靴下を履くだけで部屋の中を
歩いていてお外に出て歩くために靴なるものを
履くことに関して違和感を感じるのは当たり前かと思いますね。

BBSでこんな言葉を見つけました。

●外に慣れさせる前に靴ですね。
私も少しずつ靴に慣れさせてるところです。

●歩き始めは、まず靴に慣れる事が
必要かもしれませんね。

●お子さんにとって、裸足で歩く感覚と、
靴を履いて歩く感覚は、全然違うと思います。

●一人歩きが出来るようになり、靴を購入して、
外で歩かせてみたところ、全く歩こうとしませんでした。
靴を履くだけで、大泣きでしたよ。
話によると、赤ちゃんは最初は靴が嫌なようです。

●お家のなかでは、裸足で自由に動き回れるのに、
お外では、靴を履かなければならない。

靴は硬いし、動き辛く自由に足が動かせないみたいです。

●よくある赤ちゃんの行動なので、心配することはないと思います。
試しに裸足で、外を歩かせてみてください。多分歩くと思います。

●外での靴歩きですが泣いて嫌がるのを繰り返すと靴で歩く事を
嫌いになってしまう事があります。

なので外出の時靴を履かせる→嫌がらない→靴を履けた事を誉める
靴を履かせて歩かせる→泣く→靴を履いて歩くのは怖いかな?
ママがいるから大丈夫だよ。でも立てて凄かったね!など
子どもが泣いてしまう気持ちを代弁し気持ちを受け止める→
ママはわかってくれたと言う安心感に繋がる

●「訓練の時に部屋の中でも靴を履かせて歩かせよう」と
理学療法士さんからアドバイスをいただきました。

家の中で歩けるようになってから、外を歩かせてもいいと思います。
ただ、靴や外に慣れさせるために、家の中でも靴を履いたり、
靴を履いて外に出たり…したほうがいいのかな、と思います。

と皆さん同じような状況を経験してらっしゃるようで
このことを知るだけでママも大らかな気持ちになると思います。

大人になってハイハイをしてる人なんていないんですから
心配することなんかないと思います。

少しの速い遅いなんて後から考えると全然大したことなんかじゃなく
兎に角大きな気持ちで接して上げることですね。

少しでも出来たら誉めてあげ、靴を履いて違うことに興味を
持たせたり、靴を履いてることを忘れさせる方向に持って行ったり。

兎に角靴になれることが一番な気がします。

なんて当事者じゃないから何でも言えるわけで、
ママは必死になるのも分かりますね。

でもこんな経験はそう何度も出来る事ではないし
「羨ましいな~」って思う方もいるんですから
ママもこの時を楽しんでくださいねって思います。

ママ、頑張れ!

スポンサーリンク

-暮らし
-

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スズメバチに注意!スズメバチっていきなり刺すの?被害に合わない為に気を付けることは?

行楽シーズンの秋は、スズメバチが攻撃的になる時期と重なって 刺される被害が相次ぎます。 今年も公園にいた人たちが襲われる被害が出ています。 被害に合わないためにはどうすればいいのでしょうね。 スポンサ …

浴衣ドレスをより可愛く見せるための着方や履物やヘアスタイルは?

浴衣ダレスは・・・と思ってるお母さんも着せてみると「わー可愛い」って 思われるんじゃないでしょうか。 小さなお子さんだけが着られる特権のようなもんですね。 大人も着てる方がいるようですが、大人の浴衣ド …

秋の衣替え いつ?手順やコツは?

スポンサーリンク 四季のある日本では「衣替え」の習慣がありますが、 最近では、衣替えをしない家庭も増えているようです。 でも衣替えのシーズンは手持ちの衣類の状態をチェックして、 汚れや傷みをケアするに …

暑さ対策 日本の知恵 よしず、簾(すだれ)で!

近年猛暑が続いています。 100年前と比べると2度も上昇してるそうです。 部屋に差し込む強い日差しが、室温をより上昇させ 部屋にいても熱中症にかかってしまう例も多く聞きます。 エアコンの普及でエアコン …

知っていて損はないお中元のマナー

スポンサーリンク 知っていそうでいざとなると「う~んどうすればいいの・・・?どうしよう」 って考えることもしばしばありそうなお中元のこと。 今回はお中元のマナーについてこれってどうなの?って思うことを …