amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

こちらが喪中の時のお歳暮はどうすればいいんでしょう?贈ってもいいの?マナーは?

こちらが喪中の時年賀状を出すのを失礼したり
お正月の行事を差し控えたりする中で
お歳暮はどうすればいいのか、贈るべきかやめるべきか悩まれる方も
いらっしゃるかと思います。

こちらが喪中の時のお歳暮の対応の仕方のご紹介です。

スポンサーリンク

お歳暮を贈ってもいいの?

お歳暮はお世話になってる方へ1年間の感謝の気持ちを込めて贈るもので
お祝いで贈るものではありません。

なのでこちらが喪中期間であってもお歳暮を贈くることはNGな事ではありません。

只、こちらが喪中の場合のお歳暮に関してのマナーがあるので
それに気を付けて贈ると、先方も行き届いてるなっと思っていただけ
受け取って頂けると思います。

自分が喪中の時にお歳暮を贈るときに気を付けるマナー

1.四十九日を迎えてから贈る

最近は気にしない人の方が多いとは思いますが、受け取った相手によっては、
喪中の相手から贈られたお中元やお歳暮を好く思わない場合があります。

ですから、お歳暮を贈るのは大丈夫ですが、
四十九日が過ぎていない場合は過ぎてから贈るのが無難です。

四十九日を過ぎてから贈ることでお歳暮の時期が過ぎてしまうという場合は、
時期をずらし、松の内が明けてから「寒中お見舞い」目上の相手には「寒中お伺い」
として贈りましょう。

「お年賀」として贈るのはNGです。

スポンサーリンク

2.自分が喪中の時のお歳暮ののし書き

熨斗や水引がない「白短冊」や「白い無地の奉書紙」

何も言わずにお店にお歳暮を注文すれば、紅白の蝶結びの水引が入った熨斗紙
がかけられてしまいます。

きちんとお店やデパートに喪中であることを伝えると
「白短冊」や「白い無地の奉書紙」で対応してもらえます。

表書きはお歳暮と書いてもらいましょう。

期間をずらす場合は「寒中お見舞い」「寒中お伺い」と書きます。

ネットショップで注文する時も同じで、
喪中であることを備考欄などに記載すれば対応してもらいましょう。

また、自分からは贈っていないけれど、
自分の喪中期間中にお歳暮が贈られて来た、
という時もあると思いますが、そんな場合すぐお返しをしたいとは思いますが、

まだ四十九日を迎えていないなら急いでお返しをする必要はありません。

贈り物を頂いたお礼状を先に出して、49日の忌中が明けてから時期をずらして
「寒中お見舞い」、目上の方であれば「寒中お伺い」として贈れば
マナーとして恥ずかしくありません。

まとめ

こちらが喪中の時のお歳暮のマナー参考になりましたか?

喪中になってもマナーさえ知っていれば自信をもって対応が出来ますね。

贈る相手が不快な思いをする方もいるかもしれません。

ですから忌中の期間は避けるようにしましょう。

喪中の期間でもきちんとマナーを知っていれば、贈る時に迷うことはありませんね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

孫の小学校入学祝い喜ばれるには何をすれば?相場やお祝いの言葉は?

この春からお孫さんが小学校に… いよいよだなって嬉しいと同時にお祝いはどうすればって頭を過ぎります。 あちらの祖父母様との兼ね合いもあって頭が痛いですね。 あちらの祖父母様とごく親しい関係なら、 ざっ …

お盆の8月16日 京都の五山の送り火の 豆知識 起源やご利益は?

送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知らているので 「大文字焼き」って呼ばれることが多く、 雑誌やテレビでも「大文字焼き」という慣習的な表現を使いますが、 地元の方は「五山の送り火」と …

傘のマナーOKは?NGは?マナーを身に付けて雨でも心地よく過ごしましょ

うっとうしい菜種梅雨や本格的な梅雨、傘の出番がが多くなるころ 傘のマナーも又気になり始めます。 目の前でいきなり傘を開かれたことはありませんか? 前を傘をさして友達同士道いっぱいに広がってゆっくり歩い …

のし(熨斗)とのし紙(熨斗紙)の違い、大いにあるんです!

お中元など贈り物をする時、お店で「のしはどうなさいますか? お付けしますか?」 って聞かれたことありませんか? 「のし紙」と「のし」を混同してるようですね。 あなたものし(熨斗)と熨斗紙は同じだと思っ …

暑さ対策は 風通しの良い部屋作りから!

スポンサーリンク 暑さ対策の一つとして、風通しの良い部屋作りが大切ですね。 風が通るだけで体感温度が下がる気がします。 夏を乗り切るために風通しの良い部屋作りを目指しましょう。 スポンサーリンク 関連