amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

暮らし

こちらが喪中の時のお歳暮はどうすればいいんでしょう?贈ってもいいの?マナーは?

こちらが喪中の時年賀状を出すのを失礼したり
お正月の行事を差し控えたりする中で
お歳暮はどうすればいいのか、贈るべきかやめるべきか悩まれる方も
いらっしゃるかと思います。

こちらが喪中の時のお歳暮の対応の仕方のご紹介です。

スポンサーリンク

お歳暮を贈ってもいいの?

お歳暮はお世話になってる方へ1年間の感謝の気持ちを込めて贈るもので
お祝いで贈るものではありません。

なのでこちらが喪中期間であってもお歳暮を贈くることはNGな事ではありません。

只、こちらが喪中の場合のお歳暮に関してのマナーがあるので
それに気を付けて贈ると、先方も行き届いてるなっと思っていただけ
受け取って頂けると思います。

自分が喪中の時にお歳暮を贈るときに気を付けるマナー

1.四十九日を迎えてから贈る

最近は気にしない人の方が多いとは思いますが、受け取った相手によっては、
喪中の相手から贈られたお中元やお歳暮を好く思わない場合があります。

ですから、お歳暮を贈るのは大丈夫ですが、
四十九日が過ぎていない場合は過ぎてから贈るのが無難です。

四十九日を過ぎてから贈ることでお歳暮の時期が過ぎてしまうという場合は、
時期をずらし、松の内が明けてから「寒中お見舞い」目上の相手には「寒中お伺い」
として贈りましょう。

「お年賀」として贈るのはNGです。

スポンサーリンク

2.自分が喪中の時のお歳暮ののし書き

熨斗や水引がない「白短冊」や「白い無地の奉書紙」

何も言わずにお店にお歳暮を注文すれば、紅白の蝶結びの水引が入った熨斗紙
がかけられてしまいます。

きちんとお店やデパートに喪中であることを伝えると
「白短冊」や「白い無地の奉書紙」で対応してもらえます。

表書きはお歳暮と書いてもらいましょう。

期間をずらす場合は「寒中お見舞い」「寒中お伺い」と書きます。

ネットショップで注文する時も同じで、
喪中であることを備考欄などに記載すれば対応してもらいましょう。

また、自分からは贈っていないけれど、
自分の喪中期間中にお歳暮が贈られて来た、
という時もあると思いますが、そんな場合すぐお返しをしたいとは思いますが、

まだ四十九日を迎えていないなら急いでお返しをする必要はありません。

贈り物を頂いたお礼状を先に出して、49日の忌中が明けてから時期をずらして
「寒中お見舞い」、目上の方であれば「寒中お伺い」として贈れば
マナーとして恥ずかしくありません。

まとめ

こちらが喪中の時のお歳暮のマナー参考になりましたか?

喪中になってもマナーさえ知っていれば自信をもって対応が出来ますね。

贈る相手が不快な思いをする方もいるかもしれません。

ですから忌中の期間は避けるようにしましょう。

喪中の期間でもきちんとマナーを知っていれば、贈る時に迷うことはありませんね。

スポンサーリンク

-暮らし
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脇汗のニオイは汗脇パッドで防げるの?

汗腺が集中しているわきの下は、汗をかきやすいのは言うまでもありませんが、 汗をかいたままにしておくと、雑菌が繁殖して嫌なニオイが発生します。 周りの人にも不快感を与えてしまう嫌なニオイを防ぐためにも …

子供は何故「うんこ」という言葉が好きなんでしょう? お母さんはどう対処・指導すればいいんでしょう?

「うんこ漢字ドリル」や「うんこ演算」など子供が嫌がるドリルも 「うんこ」が付くだけで子供は嬉しそうにやる気満々に。 子供は「うんこ」という言葉をホントに嬉しそうに又ホントに面白そうに お友達と言い合い …

お外で歩かない赤ちゃん どうすればいいの?

この前知人のAさんの娘さんのお子さんが「雄叫びを発する」記事を 書きましたが、そのお子さん(龍くん)が お家では歩けるんですが外で歩かないそうです。 歩き始めたのは1歳4カ月になる少し前位で、決して早 …

浴衣を着て困ったときは?浴衣姿が素敵に見える仕草を身に付けましょう!

スポンサーリンク メイクや髪型、浴衣に合う持ち物は決まりましか? 浴衣を着て困ったことはとはありませんか? どんなに着飾っても一番大切なのは仕草かも知れません。 浴衣美人もこれで決まりです。 スポンサ …

暑さ対策は緑のカーテンで、実益も兼ねて!

緑のカーテンは、グリーンカーテンとも呼ばれ、ゴーヤーやアサガオなどの つる性植物をネットに絡ませて、カーテンやシェード風に仕立て、 見た目が涼しげなだけではなく、植物が間近にあることで、 自宅にいなが …