amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

歳時記

七五三にタブーってあるの!七五三のタブー5つ 

七五三のタブーは厳密に言うとありません。
でも守った方がいいというマナーはあります。

子供にとっても記念すべき行事なので
親としてもきちんとマナーを守って楽しい七五三をお祝いしたいですね。

スポンサーリンク

タブー五つご紹介します

子供は見て無いようで見てますからね。

喪中の時の七五三はタブー

喪中の時は神社への御参りはタブーとされていますね。

それと同じで七五三は神社に参拝に行くので残念ながら
喪中の時の七五三はタブーなんです。

でも正確に言うと喪中と言うのは死後一年間のことを言いますが、
亡くなって50日を「忌中(きちゅう)」と言うのですが
この忌中が明ければ大丈夫です。

つまり亡くなってから50日が過ぎていれば問題ないとされています。

神社によっては違うケースもありますので、
事前に問い合わせれば安心です。

写真撮影の時の親の服装のタブー

親の服装が派手になるのはタブー。

子どもだけ写す場合は良いのですが、家族撮影でまず気をつけることは、
子どもの服装より目立たないこと。
あくまで「子どもが主役」です。

またママがフォーマルスーツや着物姿にパパがカジュアルな服装もアンバランスです。
パパママは服装を合わせましょう。この場合は少なくてもパパはスーツですよね。

おススメはブラック、グレーやブラウン系です。
夫婦ともにバランスよく合わせたいものです。

また家族が同じ色の服装を着るのはNG。

親と同じ色のドレスを子供に着せない配慮をしてあげてくださいね。

撮影後の写真を見ると、主役である子どもが目立たなくって
ガッカリしてしまうかもしれません。

写真だけでなくきっとお参りの時も親が主役になってる気がします。

写真を前撮りで済ませ、お参りだけする場合の親の服装のタブー

夏の間に写真撮影の前撮りを済ませ、近所の神社で簡単にお参りして
自宅や近所のファミレスでお食事するようなパターン。

子どもは小綺麗な服装を着ても親は普段着、
サンダル、スリッパ履きと言うのは論外です。

本来は御参りが主役の筈、写真は残るので大切とは言え本末転倒ですよね。

服装ってやはりその人の心持を反映するものだと思います。

子供の成長をお祝いしてお参りする神聖な気持ちがあれば
自然と親の服装もカジュアル過ぎることにはならないと思うのですが・・・

せめて親はワンピースなどきちんとした服装、
またスーツにネクタイ姿であってもらいたいものです。


スポンサーリンク

写真を前撮りで済ませ、お参りだけする場合の親の服装のタブー

夏の間に写真撮影の前撮りを済ませ、近所の神社で簡単にお参りして
自宅や近所のファミレスでお食事するようなパターン。

子どもは小綺麗な服装を着ても親は普段着、
サンダル、スリッパ履きと言うのは論外です。

本来は御参りが主役の筈、写真は残るので大切とは言え本末転倒ですよね。

服装ってやはりその人の心持を反映するものだと思います。

子供の成長をお祝いしてお参りする神聖な気持ちがあれば
自然と親の服装もカジュアル過ぎることにはならないと思うのですが・・・

せめて親はワンピースなどきちんとした服装、
またスーツにネクタイ姿であってもらいたいものです。

神社でのお参り時のタブー

ご祈祷中に写真やビデオ撮影はタブー。

これって七五三だけでなくお宮参りでも同じですね。
お宮参りで写真撮影していた何処かの御祖父ちゃま
注意されてましたよ。

神様にお祈りを捧げ祈祷して頂いてるのにそんなことはそっちのけで
写真やビデオ撮影してる方いますね。
何のために参拝してるのかって思っちゃいますね。

もし祈祷中に写真やビデオ撮影をしたい場合は事前に許可を
得るといいですね。

七五三のお祝い返しのタブー

本来は子どものお祝い事なのでお返しは必要ありません。

ですが親や親戚から高額なお祝いを頂いたのにお返ししないのは
ちょっと気が引けると思う方も中にはいるでしょう。

そういう場合は「お返しは不要」なので
違った形の「内祝い」と言う形で
贈ってみてはいかがでしょうか。

「内祝い」は、祖父母の場合、気持ちを贈るという意味で
七五三の写真を額にしたものやデジタルフォトフレームにして
メッセ―ジ(できれば子どもに書かせる)と一緒に
プレゼントすると喜ばれるでしょう。

その時の写真を入れる額ですが、
額についてもタブーがありました。

写真たては割れやすい陶器のものはNG。木製のものにしましょう。
結婚のお祝いと同様にガラスや陶器のものは割れやすく、
壊れやすいのでNG。気をつけてくださいね。

まとめ

七五三のタブー如何でしたか?

タブーと言うよりマナーと言った方がいいのかもしれませんが、
知ってるのと知らないのとでは、相手に与える印象も
違います。

子供の行事です。やはり親は心配りをして行事に臨みたいものですね。

スポンサーリンク

-歳時記
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな人形どれがいい?選ぶポイントは?

女の子が授かり、お雛様を購入したいと思ったとき たくさんの雛人形の中から一つを選ばなくてはならないのは 中々難しい選択ですね。 サイズや、製造の技法などの裏付け、値段の差等を知りたいと思いますよね。 …

お守りの処分はどうすればいい?遠い場所のお守りの返納は?

お守り購入して、一年経ってさあ返納いかなくっちゃ と思っても中々行くことが出来ません。 捨てようにも捨てられないのがお守りです。 お守りとして購入していながら、用が済んだから捨てるっていう行為は 日本 …

七夕の行事食って?その由来って?皆が喜ぶアレンジは?

7月7日は七夕ですね。 織姫と彦星が一年に一度会える日として私たちの心に刻まれています。 又短冊に願いを書いて笹に付け願いが叶うことを 星に願う日でもありますね。 そんな七夕の行事食って何でしょう? …

地蔵盆 とは?

皆さん地蔵盆ってご存知ですか? 関西特に近畿地方で古くから行われてきた行事で、 北陸地方や新潟、信州では長野市周辺では行われてるそうですが 関東地方や東北地方では地蔵信仰が浸透していないため 地蔵盆も …

向かい干支って?とっても相性がいいって知ってる?

2018年は戌年ですね。 年末やお正月には干支がクローズアップされ関心が高まりますが、 普段はそれほど気にしませんね? 只その人の干支を尋ねて○○だからこういう性格のところがあるよね なんて話したりは …