amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

美容

ほうれい線の原因は?消すために効果の高いエクササイズ3つ

鏡を見るたびに深くなってるような気がするほうれい線。

これがないと若く見えるのにって頬を引っ張り上げて
昔はこんなだったのにってため息が出てきます。

ほうれい線って肌の内部にあるコラーゲンやエラスチン線維が加齢や紫外線の影響で
減少・劣化し、さらに、皮膚を支える表情筋が衰えて、
ハリや弾力を失った肌が重力によって垂れ下がってしまった状態なんですって。

スポンサーリンク

ほうれい線 原因

1.肌の乾燥

乾燥によるほうれい線は、年齢や肌質のタイプに関係なく
引き起こされてしまいます。

2.表情グセ

3.表情筋の衰え

4.加齢

5.喫煙による肌の老化

6.ストレス

ストレスで顔の血管が収縮して血行が悪くなり、老廃物が滞って、
ほうれい線ができやすい体質になってしまいます。

7.紫外線によるダメージ

8.睡眠不足

9.骨格の歪み

猫背の人は、首、肩、背中の僧帽筋が弱く顔の筋肉を上に引き上げる力が弱いため、
ほうれい線が目立ちやすくなる傾向があります。

10.無理なダイエットや偏った食生活

日々の生活の殆どがほうれい線が出来てしまうようなことばかり
やってる気がします。

ほうれい線は医薬用語では「鼻深溝」と言うそうです。
見た目そのままの言葉ですね。

何もケアしなければ、重力と衰えで
ほうれい線はますます深くなっていきます。

想像するだけで恐ろしくなってきます。

出来てしまったほうれい線を完全に消す方法といえば、
美容整形しかない気がしますが、今からでもしっかりケアすれば、
そのほうれい線を薄くすることは可能なんですって!

顔の筋肉は普段の生活ではその3割程度しか使ってないそうなんです。

その使われてない筋肉を使う為にもエクササイズが大切ってことですね。

エクササイズにより筋肉を鍛え頬のリフトアップで
ほうれい線を消せるんですって。

毎日継続すれば必ず効果があるそうです。嬉しいですね。

ほうれい線を消すエクササイズ3つ

ほうれい線を消すのに効果の高いエクササイズです。

1.舌回し体操

目標は1日10分です。細切れでもいいのです。計10分です。

1. 口を閉じ、舌の先を歯茎と上の歯のあいだに入れます

2. そのまま口の中を大きく時計周りに舌をゆっくり動かします

3. おでこに手を当て、眉毛が上がらないようにしながら
舌と一緒に目も回します。

ホントに目を回さないでね。

4. 3回を1セットとして、逆回転も行ないます

早速やってみたら結構きついですね。でも段々うまくできるようになるそうなので
頑張りましょう。

舌を回すことで口の周りの筋肉が左右均等に鍛えられ、
顔の歪みや噛み合わせを整える効果が期待できるそうです。

同時に二重あごの予防に効果のある顎舌骨筋(がくぜつこつきん)も
鍛えることができるので、すっきりとしたフェイスラインが
期待出来るそうですよ。

その上、舌を動かすことで唾液の分泌量も増えて、
口臭や歯周病の予防にもなるそうです。

舌を回すだけでこんなにたくさんの効果が期待出来るって凄いですね。

2.歯ブラシを使ったエクササイズ

1. 毛を下にした歯ブラシをくわえ、口をすぼめます

2. その歯ブラシを吸い込み、そのままキープしながら8回数えます

3. 次に歯ブラシの背の部分を使って、

口の内側からほうれい線を伸ばすように上から下へ動かします。

早く効果を出したくってあまりたくさんやりすぎてしまうと
他の部分にシワができやすくなるので、
一日3回程度がいいそうです。

他のところにシワが出来ると余計ショックですものね。

毎朝歯磨きのときに行なう習慣をつけると忘れずに続けられそうです。

スポンサーリンク

3.あいう体操

顔の筋肉を鍛え直す運動です。

あごの下の顎舌骨筋は舌を支えている筋肉ですが、
普段あまり使われていないために弱くなっています。

この顎舌骨筋が弱くなると頬を支える筋肉も小さくなり、
たるみやほうれい線の原因となるらしいです。

口の周りやあごの下の筋肉を鍛えるための運動だそうです。

1.なるべく大きな口を開け、10秒間「あ」を言う時の口をする

2.10秒間、口をできるだけ横に引いて「い」の口をする

3.最後に10秒間、「う」の口をする
これをワンセットとして、5セット行います。

身体と同じように顔もあまり使わない筋肉は、
使わなければ使わない分衰えていってしまいます。

使わないからこそエクササイズを行って、口周り、顔の筋肉を
使うようにしてみてください。

でもやり過ぎは禁物だそうですよ!反対にシワが出来てしまいます。

適度が大切ですね。
いいと思ったらすぐ頑張りすぎるところがありますから・・・

まとめ

顔も身体と同じように筋肉で出来ています。

身体の筋肉を鍛えるように顔も鍛えると引き締まって
たるみも改善されると言うのは理屈では納得できますよね。

何も意識しないでいた人の10年後と、
しっかり意識して毎日ちょっとした努力を続けた人とは
随分違ってくるに違いありません。

後は実行あるのみ!
頑張りましょう。

スポンサーリンク

-美容
-, , , , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あぶない!化粧品の使用期限切れ! 化粧品を上手に保管するコツは

開封前の使用期限は、約3年は保存できるよう基準が決められています。 では開封後の使用期限は保存状態や商品にもよりけりですが、 化粧品全般では3ヶ月~6ヶ月を奨めています。 口に入れるものではないのです …

80歳になっても美肌でいるための習慣は?

スポンサーリンク 肌が美しいのは全女性の願いです。 歳を重ねても肌が美しい女性はきっと今迄何かこだわりを持ち 又努力してきた結果なんだと思います。 どんなこだわりがあったか気になる処です。 私たちもお …

花粉症肌荒れの症状と予防と対策 

花粉症と言えば鼻や目などの粘膜に花粉がついてアレルギー反応を起こし、 かゆくなったり鼻水が出たりクシャミが出たりするのが一般的な症状ですね。 最近ではそれだけではなく、顔全体がかゆい、赤くなったり肌が …

秋になると肌が乾燥してかゆーい!痒み、悪のサイクルって? 痒み対策は?

夏の間は高温多湿な日本の夏のお陰で(!?)肌は常に 汗か脂か・・・で潤っていてましなんですが、もう秋の気配を 感じ始めるといけません。 痒い! 秋になると肌が乾燥して痒い! 秋は空気が乾燥して湿度が低 …

紫外線どれが怖いの?防ぐための日焼け止めSPFとPAって?

真夏の昼間に1時間紫外線を浴びると、 表皮細胞1個あたり約100万個もの傷ができてしまうのをご存知ですか? 紫外線は3つに分けられますが一体どれが良くないのでしょう。 また紫外線を防ぐ日焼け止めSPF …