amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

毛細血管の若返り 食べ物は何を摂ったらいいの?何故若返るの?

毛細血管は歳と共にゴースト化して消えていってしまいます。

そのままほっとけば、いつの間にか20代のころと比べて
6割位になってしまうのです。

でもこちらでご紹介したように、
運動をすれば嬉しいことに復活することが分かっています。

食べ物ではどんな物を摂れば毛細血管を蘇らせてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

毛細血管の若返り 食べ物では何を摂ったらいいの

私たちの身体を巡る血管の9割以上を占めているのが毛細血管ですが
その毛細血管を蘇らせてくれる食べ物があるって嬉しいですね。

★シナモン

最古のスパイスと言われるシナモンはあの印象的な香りで
知らない方はいないくらいだと思います。

★ルイボスティー

ルイボスは「赤い茂み(Red Bush)」と言う意味で、南アフリカのセタルバーグ
山脈一帯だけに自生しています。
ルイボスティは活性酸素を除去すると言われています。

★ヒハツ

「ロングペッパー」、「インド長コショウ」とも呼ばれる、コショウ科の植物です。
沖縄では胡椒として用いてるそうですが、ヒバーチと呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

毛細血管の若返り何故若返るの

血管内にはTie2(タイツー)という酵素と壁細胞から分泌されるアンジオポエチン-1
がありますが、Tie2(タイツー)が活発に働くと細胞同士の結合が緩くなって
血液が漏れ出していた毛細血管が保護され、
修復されることが最近分かってきました。

Tie2(タイツー)は老化に深くかかわってることが、
明らかになってきました。

Tie2(タイツー)を活発にすれば老化を防ぎ
さまざまな生活習慣病や関節痛、目の不調、頭皮トラブル、男性機能不全、
関節リウマチ、冷え、むくみ、肌荒れ、シワ、乾燥などなど、
体のあらゆる老化やさまざまな病気から解放されるのです。。

Tie2(タイツー)を活発にするのがアンジオポエチン-1です。

そのアンジオポエチン-1の
代わりをしてくれるのがシナモン、ヒハツ、ルイボスティなんです。

血管やリンパの老化を予防するTie2(タイツー)を
活性化することが分かっています。

シナモンには

「桂皮(チャイナシナモン)」と
「セイロンシナモン」があります。

どちらも同じように効果があるようですが、

ただ「桂皮(チャイナシナモン)」には
過剰摂取すると肝障害になるクマリンという
成分がセイロンシナモンよりも多く含まれているので

おすすめは「セイロンシナモン」です。

それでも良いからと言って過剰摂取するのではなく1日の摂取量は0.6gに
とどめておくのがいいそうです。

ルイボスティー

活性酸素を除去すると言われるルイボスティ。

血管やリンパ管を作る「TIE2」を元気にして、新しい血管を作り
体全体の老化現象を減らしていく効果・効能があります。

ルイボスティーはTie2(タイツー)効果というのが最近発表されました。

ヒハツ

ヒハツエキスではTie2活性化率がアンジオポエチン-1とほぼ同じで
あることが実験により分かっています。

まとめ

最近になって色々なことが分かってきました。

毛細血管が少しのことや歳でゴースト化してしまうことや
又修復可能なことなど。

一旦ゴースト化したものが修復できると知ったら、頑張って
運動をしたり、食材を選んで摂ってみようと思いますね。

(ゴースト化してるかどうかは調べてませんが・・・)

早速<有機JAS オーガニック>セイロンシナモンパウダー ヒハツ パウダー 頼みました。

スポンサーリンク

-健康
-, , ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お餅のカロリーはご飯と比べてどうなの?アレンジしたお餅のカロリーは?

お正月にはなくてはならないお餅、でもカロリーが高いからと 最近は敬遠する方も結構いますね。 よくお餅1個はご飯一杯に当たると言われますが、実際そうなんでしょうか? お餅は色々アレンジ出来て、ついつい美 …

しゃっくりの原因と止め方としゃっくり外来

しゃっくりって突然やってきますね。 「ひっく」って大したことないようでも案外苦しいものですよね。 一刻も早く止めたいですね。 しゃっくりの原因や止め方等のご紹介です。 スポンサーリンク 関連

肩こりと睡眠不足を解消するには枕が大切!おススメの枕と作り方

スポンサーリンク 寝てる間に首がガキッと音がしたような寝違いを起こしそれ以来ずっと 肩こりとそのための睡眠不足に悩まされていました。 スポンサーリンク 関連

梅雨の健康のリスクと対策

スポンサーリンク 日本には四季があると言われますが、梅雨を入れて五季だという 考えもあります。 それくらい梅雨は日本の季節の中でもあまり芳しくない意味で インパクトがありますね。 スポンサーリンク 関 …

インフルエンザかな? 子供の症状見分け方

スポンサーリンク 子供は免疫力が低いので大人よりも感染症にかかりやすい傾向にあります。 インフルエンザは周りへの感染が怖いので早めに 見つけることが大切です。 保育園や幼稚園に通い始めた子供は集団生活 …