amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

健康

毛細血管 減っていませんか? 若返りの切り札は毛細血管! 毛細血管を増やすには!

毛細血管が歳と共に減るって知ってました?

毛細血管は私たちの臓器に張り巡らされていて
身体の隅々まで酸素と栄養を送り届けてくれます。

そう毛細血管は全身に巡っているんです。

それが歳とともに減っていくとどうなるのでしょう。

スポンサーリンク

若返りの切り札は毛細血管!

私たちの身体を巡ってる血管の99%が毛細血管なんですって!
最近になって、「毛細血管」が若さと健康のカギを握ってることが
分かって来たんです。

毛細血管を若い状態でキープすること=老いや病を防ぐことになるのです。

毛細血管はケアをしなければ年とともに減っていきます。

身体中の臓器に張り巡らされてる毛細血管が減れば臓器へ届く
酸素や栄養が不足して、お肌のシミやシワから全ての臓器に至るまで
様々な症状を起こし、挙句脳にも影響を与え認知症の引き金にもなると
考えられています。

毛細血管は動脈の太さの1000分の1ほどしかありませんが
酸素の足りない臓器へ自ら伸びていく働きも持っています。

でも60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少するということは
約半分にまでなるということです。

何故こんなに減ってしまうのでしょうか?

加齢よって細胞の寿命やコレステロールなどによるということですが
最近お酒が弱くなったと感じる方は毛細血管が減って来たのかもしれません。

毛細血管をケアすることこそが 若返りの切り札、アンチエイジングなんです。

スポンサーリンク

毛細血管を増やすには!どうすればいいのでしょう

今迄一度老化した血管は元には戻らないと言われていましたが

嬉しいことに毛細血管は復活が可能だということが分かったんです。

ではどうやって?

その方法は血流アップです。

毛細血管は歳と共にその結合がゆるくなって血液が漏れ出てしまい
毛細血管が劣化してしまい毛細血管が無くなっていきます。

それを毛細血管のゴースト化と言います。

それを防ぐには血流をアップさせ、毛細血管の結合を強化なものに
する必要があります。

その血流アップは簡単に出来てしまうのです。

それは

①その場スキップ

大きく両手を振り、足も高く上げてその場でスキップを20回。
あさ・昼・夜の3回行います。

②かかとの上げ下げ

■スキップが難しい人は…

スキップ出来ない方もいるかな?
マンションなので下の人に迷惑になってしまう…
そんな場合は『かかとの上げ下げ』でもOK!
これも20~30回、朝・昼・晩に行いましょう。

電車の待ち時間、歯磨きの間…キッチンに立ってるときなど、
いつでもできるので気が付いたらやってみましょう。

実年齢より若い血管を目指して!

まとめ

私も早速始めました。

まずはお肌の若返りを期待して!

又血流を上げる食材もあります。
こちをご覧下さいね

スポンサーリンク

-健康
-,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手足口病 保育士や調理師の場合休むべき?

子供の場合、手足口病は学校保健安全法の中で第3種となっていて 学校伝染病ではないけれどやはり感染する可能性はあるので 「病状により医師が感染の恐れがないと認めるまで」は お休みさせるようになっています …

蕁麻疹その仕組みと原因 予防や対処法は?

蕁麻疹は、全体が平べったく膨らんだり、赤い輪のような形になることがあり 必ず跡かたなく消えてしまうのが特徴です。 蕁麻疹、痒くて痒くて掻き始めたら全身まで広がったなんてことも。 スポンサーリンク 関連

ちょっと待って!その食べ合わせ大丈夫?

それ自体はとても栄養があって身体によい食べ物でも 他の食べ物と組み合わせることでそれらが持つ栄養素を阻害してしまう 場合があるのをご存知ですか? 良いと思って食べていても知らないでいると毒になってる場 …

柿の栄養は?美容効果があるってホント?便秘になって美容には良くないんじゃないの?

今日は柿のお話をしますね。 柿は硬いのが好きですか?柔らかいのが好きですか? 私は結構ガリガリとするような硬いのが好きなんですが・・・ 柿にはとても栄養があって昔から、「柿が赤くなると医者が青くなる」 …

ノロウイルス 感染経路?症状は?予防法と対処法は?

非常に強力なウイルスであるノロウイルスは、例年11月頃から発生件数が増加しはじめ、 12月から3月までの冬期が発生のピークです。 スポンサーリンク 関連