amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

イベント

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード2017 開催日や参加方法

もうすぐハロウィンです。

ハロウィンは元々、秋の収穫を祝うと共に、悪霊などを追い払うという 行事
から始まりましたが
現在では楽しいお祭りとしてすっかり定着してきました。

スポンサーリンク

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレードは
東京開催の子供向けハロウィン!です。

子供たちが楽しむためのハロウィンです。

毎年約1000名の仮装した子供が参加し、原宿表参道を約1kmに渡りパレードします。

35回目を迎える原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレードは
日本で初めてハロウィーンパレードを行った場所です。

初めてのハロウィーンパレードは原宿キデイランドが
実施しましたが、その時参加したのはほとんどが外国人の子供でした。

それを見た日本の子供はビックリして、お父さんお母さんにあれは何?
と聞いても、ちゃんと答えられたお父さんお母さんは
殆どいなかったんですって。
時代の流れを感じますね。

パレードがおこなわれる周辺のお店では、
ハロウィーンの為の特別なメニューを提供しパレードを
盛り上げます。

子供へお菓子のプレゼントもあります。
表参道ヒルズ本館B3Fスペースオーにて、
ハロウィーン広場が設けられ
親子で楽しめるイベントも開催されています。

このイベントが毎年、ニュースなどで取り上げられるようになって、
日本各地でそれぞれ工夫を凝らしたハロウィーンイベントが
開催されるようになりました。

開催日は

開催日:2017年10月29日(日)予定

場所: 表参道周辺
仮装: 自由
    スポンジ・ボブやシルバニアファミリー、全国からゆるキャラなどが参戦

時間:11:00~17:00
イベント:パンプキンパレード・お菓子抽選・お菓子広場・お菓子ラリー・写真館
キッズ情報: 子供たちにはお菓子のプレゼント、写真撮影
         子供たちのじゃんけんコーナー

パレードルート:神宮前小学校を出発し、表参道をパレードします。

スポンサーリンク

パンプキンパレードに参加するには?

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレードは、
誰もが勝手に参加できるわけではありません。

参加資格:参加するのは有料となります。
     事前に参加証を購入する必要があります。

費用:  チケット¥1,000(子供1人に1枚必要です。保護者はチケットは必要ありません。)

参加対象:参加できるのは、参加証を持った12歳以下の仮装した
     子供約1,000名とリストバンドを持った保護者。
     10月13日(月・祝)の11:00より販売が開始されます。

子供1名参加で保護者2名まで一緒に付き添うことができます。
ただし、2枚以上購入した場合は、付き添いが最大4名までとなります。
支払いは現金のみです。

チケットを購入したらリストバンドが渡され、当日持参します。

参加証は当日パレード終了時にお土産やお菓子と交換することが出来ます。
雨天でパレードが中止の場合でも、お菓子ラリーなどのイベントは通常通り行うので
お土産も交換出来ますよ。

1.公式ホームページに行き、参加証購入同意書を印刷して記入する

公式ホームページ

2.表参道ヒルズ本館B2F「キッズの森」に行く

3.「キッズの森」の特別販売ブースに同意書を持って行き購入する

原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレードに参加するには、
六本木ヒルズ本館B2Fの「キッズの森」の特設販売ブースで、
参加証を購入してください。1枚1000円です。

子どもには必ず保護者が同伴してください(同伴者は仮装の必要はなし)。
※雨天荒天の場合、パレードは中止ですがイベントはありますよ。
※更衣室及び荷物置き場はありません。

まとめ

ハロウィン本来の姿の子供たちが楽しむためのハロウィンです。

仮装をしてパレードに出れば、とってもいい思い出になることでしょう。

スポンサーリンク

-イベント
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふくろ祭り 2017年日程と見どころは?喧嘩は?よさこいは?物産展は?子供は楽しめる?

戦後の復興から、東京の副都心としての道を 歩みはじめていた昭和43年(1968年)、池袋西口の ロマンス通り、エビス通り、西一番街、文化通りの4商店会は 一層池袋を盛り上げようと「ふくろ祭り」を始めま …

檜枝岐歌舞伎って?見どころは?開催場所 やアクセスは?

尾瀬の玄関口である福島県南会津郡檜枝岐(ひのえまた)村は、人口630人の 小さな村です。 そこには江戸時代から270年以上長く継承されてきた「檜枝岐歌舞伎」があります。 スポンサーリンク 関連

東大寺修二会2018年日程やアクセスや宿泊やお土産

お祭りプラザより引用 東大寺の修二会(お水取り)が終わると関西に春がやってくると言われています。 関西人にとって修二会(お水取り)は春を呼ぶ行事でもあります。 修二会についてはこちらもどうぞ スポンサ …

大阪城公園の桜 おすすめスポット6つライトアップやアクセスは?

スポンサーリンク 大阪のお花見スポットの中でも有名なのが大阪城。 大阪城の桜は一度は行って見たい桜の一つです。 でも大阪城と言っても広すぎてどこでお花見をすればいいのか わからないという人も多いのでは …

五山の送り火の前日、京都の洛北で「花背の松上げ」が行われます

松上げ(まつあげ)は京都~丹波~若狭(若狭街道)の洛北山間部に 伝わり、花背の松上げ以外は大体は8月24日の地蔵盆に行われる火祭りで、 「松上げ祭り」「松上げ神事」とも呼ばれ、地域によっては 上げ松と …