amuamu ファイル

amuamu目線で気になることを書いています。

セレモニー

ドレスコードって?アフタヌーンドレス イブニングドレスって?着分はどうするの?

結婚式や入学式各種パーティー

頻繁にはないけれどいざという時、知っていれば威力を発揮します。

知っていて損はありません。

頭の隅にでも入れておきましょう。

スポンサーリンク

ドレスコードって

ドレスコードは服装規定のことです。

基本的なドレスコードを知っていれば結婚式や正式な催しには
大変便利です。

一応知っていればそこから素敵にアレンジも出来ます。

女性の正装は、昼はアフタヌーンドレス。夜の時間帯はイブニングドレス。
男性の昼はシルバーとグレーの縞ネクタイにモーニングコート。
夜は蝶ネクタイに燕尾服です。
これ等が、結婚式や披露宴にも適用されているのです。

アフタヌーンドレス

女性の昼間の正装とされ、男性のモーニングコートやフロックコートと
に当たるものです。
アフタヌーン(午後)のドレスといっても、
現代では午前中の行事から着られます。

長袖+くるぶし丈のアフタヌーンドレスは、正装であり、
和装では留袖のようなものです。

上品さが求められるため、光沢のないシンプルなワンピースがおすすめです。
フォーマルな式向けの装いです。

ワンピースが正式ですが、スーツ・アンサンブルでも大丈夫です。
基本は衿元がつまっていて長袖です。(七分丈まではOKとされます)

スカート丈はひざが隠れる程度の長さから
ロング丈までですが、よりフォーマル度が高いのは長い丈です。
全体的に肌の露出が少ないのが特徴です。

服の色は?

出席する会にもよりますが、慶びの席では綺麗な色めで華やかに装います。

素材は?

お昼のは目立つラメ使いやスパンコール等
光りすぎる素材でなければ大丈夫です。

また、柄は紋織りなど無地ライクなものを。
正礼装としては、プリントは控えてください。
ケミカルなど上品でレースは正礼装にふさわしく映えます。
ただし、光沢がきつすぎるものは昼の装いにふさわしくありません。

バッグは?

基本は光りを抑えたサテンやレース等の布製、
または革製の小さめのもの。

シンプルなデザインが好ましいですが、
ポイントにパール使いや小さめのラインストーン程度なら差し支えないでしょう。

バッグをドレスと共布、あるいは靴とお揃いにすると、
正礼装にふさわしい装いになります。

靴は?

バッグと同様に正式には光りを抑えた布製か皮製のもので、
プレーンなパンプスタイプが基本です。

また、洋服に合えば、ローヒールやオープンタイプのシンプルな
パンプスでも差し支えないでしょう。

アクセサリーは?

昼間は光りを抑えたものが基本になりますので、
上品なパール使いのアクセサリーやゴールド使いのアクセサリーがおすすめです。

お昼の装いとしては、コサージュは花を添えると言う意味合いで
結婚式等、華やかな席に最適です。

時計は?

フォーマルな装いにはあまりふさわしくありませんが、
アクセサリー感覚のものであれば差し支えないでしょう。
ただし、あまり光り輝くものは控えましょう。

帽子&手袋は?

帽子、手袋は特になくても差し支えありませんが、
帽子を身につける場合には手袋を必ずお持ちください。

手袋の色は白、またはドレスより少し淡めの色で揃える事が基本です。

帽子は、室内ならつばのないデザイン、屋外にはつばのあるものを合わせて下さい。

スポンサーリンク

イブニングドレス

イブニングドレスは、女性の夜の正礼装です。

胸元や背中・肩などが大きく開いたデザインが特徴であり、
袖なしデザインのロング丈のワンピーススタイルが基本です。

色合いも鮮やかなものが好まれます。
照明を受けてキラキラ輝くラメやサテン素材もおすすめ。

ドレスの裾を後ろに引いたトレーンスタイル等もありますが、
床までのフロアー丈、または靴先が見えるヒール丈が一般的です。

服の色は?

白や赤など派手な色が正式とされていましたが、
今では黒や好みの色でも大丈夫です。

素材は?

ラメ使いやサテンやタフタ等の光沢の強いものやレース、
シフォン等透ける素材、ジャガード織シルク等がふさわしいでしょう。

プリント柄は正礼装としては、ふさわしくありません。

バッグは?

サテン等の布製や金や銀など光沢のあるメタルや
ラインストーンのものが最適です。

また、ビーズ使いは昼・夜共に使える素材となります。

バッグは物を入れるというよりはアクセサリーの一つとして
身につける感覚で小さめのものを合わせるのが基本です。

ショルダーバッグは正礼装には不向きです。

靴は?

ロング丈のドレスを傷つけない様に、プレーンなパンプスや
ドレッシーなサンダルタイプ等でサテンまたはドレスとの共布が正式です。

色もバッグと同じ色にするか、金や銀などでバッグとお揃いにする等します。

アクセサリーは?

夜の装いには光るアクセサリーを身につけることが基本になります。
シャンデリアなど夜の照明の元では光り輝くアクセサリーが重要です。

帽子は?

夜の装い、つまり日が落ちてからの装いに帽子は必要ありません。
ヘアーアクセサリーとしてティアラを身につけることは正礼装ならではの装いです。

手袋は?

特につけなくてはいけないというものではありませんが、
ドレスに袖がないというのが基本なのでひじ上までロング丈が正式で
バランスも良いでしょう。

サテンかキッドの白またはドレスと共布、共色で。

メイクは?

昼の自然光とは違うのでいつも通りのメイクでは、
夜の照明の元ではさえない事もありますね。

肌色をいつもより少し明るめにしてメリハリあるメイクに仕上げる等、
工夫が必要です。

香水も装いのひとつとして身につけたいものですが、
きつすぎる香りはマナー違反です。

フォーマルウェアの着分けは?

まず昼と夜の着分けが必要になります。

それからその方の立場や出席するセレモニーの規模等によって正・準・略礼装という
3つの区分があります。

昼と夜の区切りの時間は?

決まった区切りはありませんが、おおよそ4時を目安に、
それ以降に出席する場合は夜の装いで。

または、始まりの時や終わる頃が暗くなっていれば夜の装いと考えてもいいでしょう。

招待状に記載されている場合は従います。

「ホワイトタイ」と書かれている場合は最も格調の高い式典となり、
男性は燕尾服、女性はイブニングドレス(ローブデコルテ)で。

※ネックラインが深く大きくカットされ、首元や胸元を露わにした
スタイル(デコルテ)のドレスのこと。
イブニングドレスの代表的なスタイルの1つです。

「ブラックタイ」と書かれている場合は、男性はタキシード、
女性はイブニングドレスになります。

また「平服」の指定の場合は、略礼装になります。

昼の準・略礼装について

着用シーンについて

どのような場合に昼の準略礼装を着用しなければいけませんか?

昼間の一般的な結婚式や披露宴、祝賀会や卒業、入学等のセレモニーの席での
装いになります。

女性の服装は?

ワンピース、アンサンブル、スーツ、上下単品の組み合わせ等。

お昼のセレモニーにタウンにも充分着こなせるスーツを
選ぶ時は、席に合わせてアクセサリーで装いに変化をつけましょう。

服の色は?

制約はありませんが、ハレの日ですので色・素材とも
地味にならないよう注意しましょう。

素材は?

正礼装ほど形式にこだわる必要はありません。
シルキータイプのほか、ファンシーツィードなどでもよろしいでしょう。

柄についても、無地の他、プリントであっても差し支えないでしょう。
ただし、大柄なプリント等、リゾートを思わせるようなものは
TPOをよく考えて着こなして下さい。

また、ラメ入りの素材は、光りの強くないものや部分使いなどであれば
差し支えないでしょう。

バッグは?

バッグは手提げタイプやショルダー等で中型位までの大きさで。

流行の個性的なバッグを装いのアクセントとして持つ事もおしゃれです。

靴は?

靴は洋服とのバランスを見て、素材や色のコンビネーションのものも良いでしょう。

アクセサリーは?

パールの他、ビーズ、メタルチェーン等、洋服と合わせて
流行のものをコーディネートするのも良いでしょう。

大ぶりで派手なものでなければ、カットガラスやラインストーンも差し支えありません。

帽子&手袋は?

特につける必要はありませんが、手袋は添えるだけでフォーマル度が上がります。

夜の準・略礼装について

着用シーンについて

どのような場合に夜の準略礼装を着用しなければいけませんか?

親しい方の集まりで行う結婚式、披露宴、祝賀会など。

また、ビュッフェスタイルのパーティー等での装い。

男性の服装は?

ファンシータキシードやカクテルスーツを含む、色目を感じさせるコーディネート。

女性の服装は?

イブニングドレスの丈を短くしたものやアクセサリーで、
ドレスアップしたワンピースやスーツスタイル。

「平服でお越しください」と指定があれば、略礼装で。

普段着という意味ではないので間違えないように。

夜の準略礼装としてタウン感覚の洋服を選ばれる時は、
光る素材のアクセサリー(ネックレス、バッグ、ショール等)を身につけるなどして、
フォーマル度をプラスすることが必要です。

タウン感覚のスーツの場合は、少しラメが入った素材が夜の装いには好ましいでしょう。

インナーには、大胆なレースや光沢のあるもの等がよく映えるでしょう。

服の色&素材は?

光沢感や透け感のある素材が夜の装いにはふさわしく、より映えるでしょう。
もちろん流行を取り入れて着こなしを楽しむこともパーティーならではのこと。

バッグ&靴は?

洋服に合わせて比較的自由に色やデザインを決める事ができます。
ラインストーンやリボン等、アクセントのあるものも OK。

素材についても特に制約はありませんが、夜のパーティーでは
エナメルやサテン等光沢のある華やかなものが素敵です。

ビュッフェスタイル等では両手が自由になるように
バッグは手にかけられるタイプかショルダータイプの物がおすすめです

アクセサリーは?

準・略礼装といってもフォーマルな装いに、アクセサリーは欠かせません。

照明に映える輝きのあるものであれば特に制約はありませんが、
ここではゴージャスにというよりも流行をうまく取り入れて
アクセサリーの装いを楽しみましょう。

二の腕や肌の露出が気になる方には、ショールやストールが最適。

ドレッシーに装うのであればラメニットやシフォン等柔らかい素材のもので
肩に羽織り、胸元で結んでしまうよりも、
肩から軽く腕に掛けて動きを出すのも良いでしょう。

シンプルなワンピースに光沢のあるラメのニットショールを合わせて
少し光るネックレスを添えるだけで充分、夜の装いになります。

こんな装いならアンサンブル等で会場に向かい、
着いてから簡単にドレスアップが可能です。

ビーズのアクセサリーは昼・夜の装いに通用します。

まとめ

色々決まりがありますね。

このことを知ったうえで上で、その催し物の雰囲気に合わせた装いが
出来るようになれば上級者ではないでしょうか。

スポンサーリンク

-セレモニー
-, ,

                       

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式お呼ばれ時の装いマナー バッグやアクセ、ネイルも

結婚式にお呼ばれした時まず気になるのは服装のことですね。 「何着ていこう・・・バッグは・・・」 自分だけ浮いてしまうんじゃないかと不安になってしまいます。 洋装が主流となった今、どんな装いがふさわしい …